文化・ライフ

イチローの「世界記録」に対するローズのコメント

 「日本では私をヒットのクイーン(2番)にしようとしている。次はハイスクール時代のヒットまで加えるんじゃないか」

 イチロー(マーリンズ)が日米通算4257安打を達成した時のピート・ローズのコメントである。

 ピート・ローズとは1960年代から80年代にかけて通算安打や最多試合出場などメジャーリーグの数々の記録を塗り替えた名プレーヤーだ。

 私たちの世代の人間にとっては“ビッグ・レッド・マシン”の異名をとった頃のレッズ時代の雄姿が懐かしい。

 75、76年のワールドシリーズ連覇はローズの活躍なくしてあり得なかった。闘争心むき出しのヘッドスライディングは、ローズの代名詞だった。

 78年には日米野球で来日し、メジャーリーグと変わらぬハッスルプレーを演じた。そのため、日本にも多くのローズファンがいる。

 通算4256安打のメジャーリーグ記録を保持するローズにすれば、この「世界記録」が面白くなかったようだ。

「日本だけでローズの記録を抜くのは難しい」と語ったイチロー

 ローズの発言を受け、イチローは言った。

  「それはうれしいんですけど、難しいところですねえ。(日米で)合わせた記録というところが。だから米国でローズの記録を抜く選手が出てほしいし、それは(デレク・)ジーターみたいな人格者であることが理想。

 もっと言えば、日本だけでピート・ローズの記録を抜くことが恐らく一番難しいと思うので、これを誰かにやってほしい。とてつもなく難しいことですけど、それを見てみたいですねえ。

 だから、日米合わせた記録とはいえ、生きている間に見られて、ローズはちょっとうらやましいですね。僕も見てみたいです」

 イチローが、日本だけでローズの記録を抜くことが一番難しいというのは一理ある。

 メジャーリーグのレギュラーシーズンが162試合制であるのに対し、NPBは143試合制。イチローがオリックスに所属していた頃は最大で135試合だった。

 イチローがこだわった年間200安打以上にしても、日本では94年の1回だけだが、メジャーリーグでは移籍した2001年から10年連続で達成している。

 もし日本で210安打(当時のNPB記録)をマークした94年からメジャーリーグでプレーしていたら、200本近く上積みされていた可能性がある。

 とはいえ、こうした仮説はメジャーリーグでレギュラーを張ることを前提としている。言うまでもなく走攻守揃ったイチローだから成り立つ話である。

通算安打の世界記録論争はローズも歓迎?

 通算安打記録に隠れてあまり目立たないが、6月2日(現地時間)には日米通算700盗塁をマークしている。

 その時のコメントが振るっている。

 「僕はどれもできなきゃいけない選手だから。どれかできない選手がそれをやった時は特別になると思いますがね。僕は全部やりますから」

 10月には43歳になる。本人は「50歳までプレーする」と語っているが、それもあながちジョークとは思えない。

 ところで4257安打達成の翌日のスポニチ紙に、イチローの興味深いコメントが紹介されていた。

 「(バリー・)ボンズに聞いたら(ローズは)すごいいいやつだとかって言うから。でも、それは書かないであげてほしいんだけど。演じてる可能性があるからね。営業妨害になっちゃうから」

 思い出すのは昨夏のオールスターゲームだ。古巣シンシナティでのセレモニーに出席したローズの背に拍手と、ほぼ同等のブーイングが降り注いだ。

 地元でありながら、多くのファンはいまだに野球賭博への関与を許していなかったのだ。89年にメジャーリーグを永久追放となったローズは復権を求めているが、現・コミッショナーのロブ・マンフレッドはそれに否定的だ。

 そんなローズにとって、今回の通算安打記録論争は、もう1回、自らの偉大な記録に光が当たったという意味において、まさに願ったりかなったりだったろう。

 少々、過剰とも思える反応の裏には、復権への足掛かりにしたい、との思いもにじむ。

 ちなみにメジャーリーグで通算3千安打以上を記録している選手はローズを筆頭に29人いる。29人中25人がホール・オブ・フェイム(野球殿堂)入りを果たしている。ローズは部外者だ。

 「殿堂に入れるなら素晴らしいこと」

 ローズはそう語っているが、その見通しは立っていない。

 ちなみにメジャーリーグでの殿堂入りは、全米野球担当記者協会の投票によって決められる。

 

(にのみや・せいじゅん)1960年愛媛県生まれ。スポーツ紙、流通紙記者を経て、スポーツジャーナリストとして独立。『勝者の思考法』『スポーツ名勝負物語』『天才たちのプロ野球』『プロ野球の職人たち』『プロ野球「衝撃の昭和史」』など著書多数。HP「スポーツコミュニケーションズ」が連日更新中。最新刊は『広島カープ最強のベストナイン』。

筆者の記事一覧はこちら

モハメド・アリにとってリングは社会だった

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年3月号
[特集]
環境が経済を動かす

  • ・総論 災い転じて福となせるか 持続可能な社会の成長戦略
  • ・越智 仁(三菱ケミカルホールディングス社長)
  • ・100年後を考える 世界最大級の年金基金「GPIF」
  • ・金融業界はこう動く
  • ・脱炭素化の遅れがはらむ「座礁資産」の危険性
  • ・脱炭素化で移行する「地域循環共生圏」とはどういう社会なのか!?

[Special Interview]

 中田誠司(大和証券グループ本社社長)

 「SDGsを経営戦略の根幹に据えることで企業は成長する」

[NEWS REPORT]

◆稲盛哲学を学ぶ盛和塾解散を塾生たちはどう聞いたか

◆米中経済戦争の象徴となった「ファーウェイ」強さの秘密

◆EV時代にあえてガソリンエンジンにこだわるマツダのプライドと勝算

◆それは自由か幸福か——「信用スコア」で個人の信用が数値化された世界

[特集2]関西 飛躍への序章

 大阪万博開催で始まる関西経済の成長路線

ページ上部へ戻る