マネジメント

少子高齢化、人口減少が本格化し、先の見えない不安感が漂うわが国日本。混沌とした時代を生きる指標はどこにあるのか。本企画では神田昌典氏を橋渡し役に、激動の時代をくぐり抜けてきた企業経営者たちの「知」を、次世代を担うビジネスパーソンに伝えていく。今回は出光興産相談役で、武蔵野美術大学理事長を務める天坊昭彦氏をゲストに迎えた後編をお届けする。構成=本誌/吉田 浩 写真=森モーリー鷹博

取締役になる寸前まで会社を疑っていた

神田 そもそも創業者、出光佐三氏の「上場はならず」を方向転換しても変わらない出光マインドが存在することはすごいことだと感じています。入社後に天坊さんが、出光の良さを感じたのはいつ頃だったのでしょうか。

天坊 入社当初は出光の社風を疑っていました。聞く話がうますぎると思っていたんです。佐三店主は本音で話しているけれど、社員みんながその言葉に乗せられているんじゃないかと。先輩に話を聞いても、「店主はこすい」「がめつい」といった話が出て来るのですが、それは悪口ではないんです。とにかく、店主を悪く言う人がいない。それで、「本当はどうなんだ?」と。当時は上場もせず、自己資本だけでやって家族主義だと言っていましたが、店主にはかまどの灰まで自分のものだという意識がある。それだけに隅々まで目が行き届くのだと思います。

20160802KANDA_P03

(てんぼう・あきひこ)1939年生まれ、東京都出身。64年東京大学経済学部卒業後、出光興産入社。出光ヨーロッパ社長、取締役経理部長、常務取締役、専務取締役などを経て、2002年代表取締役社長に就任。06年株式上場を果たす。09年会長。12年より相談役。同年、武蔵野美術大学理事長に就任。

神田 通常、そういう雰囲気だと、社員は嫌ですよね。

天坊 そこがすごいところなんです。自分のものだという意識があるから、大事にしようとする。会社も同じで、社員も自分の家族だと考えているから、同じように大事にする。しかし、若い頃はそういうことが理解できませんでした。

神田 それが分かったのはいつ頃でしょうか。

天坊 1970年代に出光美術館で「アンドレ・マルローと永遠の日本」という企画を実施したのですが、そのアンドレ・マルローが来日することになりました。しかもその目的は、店主に会うことだという。その対談を読み、「マルローがやすやすとだまされるはずがない」と思って、信じるようになりました。私が役員に昇格する寸前でしたね。

神田 随分長い間、疑っていたのですね。

天坊 自分でも疑り深かったと思います。私が経理を担当していた当時の経理部長は店主の信頼が厚く、店主室長まで務められましたが、この人も長い間疑っていたような気がします。でも、疑っている部下でも信頼し、重用する懐の深さを感じました。

社風は身に染みるまで現場で伝える

神田 社是である「人間尊重」や、社員の首を切らない伝統などが出光の理念を現していると思いますが、理念が風化する会社も多いと思います。ところが、出光では脈々と受けつがれている理由はどこにあるのですか。

天坊 店主の言葉に「人を育てるのに、手間暇を惜しむな」というものがあります。人を育てることが役職者、上司の最大の仕事です。中には出来が悪く、もの覚えが悪い人もいるけれど、社員は家族だから決して見捨てない。むしろ手がかかる子ほどかわいい。そこで手を抜かずに、理念が骨身に染みて理解できるまで、言葉だけでなく、現場で徹底的に教え続ける。そこでようやく理念が納得できるようになります。

神田 御題目ではなく、生きた理念として、体で分かるように教えるということでしょうか。

天坊 例えば、取引先との連絡を、内容が簡単だからと電話で済ませようとする社員がいたとします。でも、そこは「訪問してきなさい」と指導するわけです。なぜ電話では駄目なのかは説明しない。簡単な話ほど、顔を見て話してきなさいと伝えます。それが相手を第一に考えることにつながるんです。そういうことが分かるまで、現場で経験を積まなければなりません。

大義を見出し伝えるのが経営者の仕事

神田 現場での徹底した教育があり、理念を含めた社風、文化が受けつがれていくことは理解できます。一方、そこでチャレンジ精神や革新性は育まれるのかという疑問が生じます。会社を守ることと同時に、変革し成長させ、リーダーの育成もしなければならない。そういう教育はされているのでしょうか。

天坊 理念を受けついで実行してもらうことと、会社の経営戦略を考え、実行していくことではプロセスが違います。いずれにせよ重要なのは「なぜやるのか」を考えることです。「今この状況において、これをやれば、お客さまのためになる」「これは地域のため社会のためになる」といった利益を超えた部分で、大義があるかどうかなんです。大義を見つけだし、あるいは作りだしてみんなに伝えることができる人なら、誰しも付いていくでしょう。大義が曖昧なまま、利益の話ばかりしていると、根本的なところで人は動かないのではないでしょうか。

神田 時代認識も重要ですね。今は石油の需要が減少していて、自然エネルギーへの移行が進みんでいます。出光も石油だけではなく、そちらを考えていかなければならない。とはいえ、自然エネルギーは事業として変数が多く、先行きが不透明です。その開発、普及にどう取り組むかの判断は非常に難しいですね。

天坊 それは勉強するしかないですね。真面目にコツコツと積みかさねていく仕事と、先を見て戦略的な判断をする仕事では種類が全く違う。当然、求められる資質も違いますが、コツコツと地道な仕事も経験していないと、戦略的な判断はできません。それを踏まえて、幹部候補生にはそれにふさわしい教育を施さないといけない。会社が大きくなって、事業が増えていくと、やるべきことの優先順位を決めるだけでも大変です。それをやりたいと思い、やれる人を育てるために「出光ビジネススクール」という幹部候補生の教育制度を始めました。

神田 社会を見ていると、この10年、20年で急成長していった企業が市場で非常に高い評価を得ています。鉄鋼やエネルギーといった産業に代わり、今は情報通信産業が影響力を持つようになっています。エネルギー産業の価値が相対的に下がっているとも感じるのですが。

天坊 少なくとも出光にとっては、企業価値が高いか低いかよりも、社会のため、地域のため、国のためになっているかが問題です。もし、貢献できていなかったとしたら、それは経営を間違えたということです。社会に役立つことをやっていれば、時流の潮目でどう評価されるかは変わっても、大きな目で見ると地位は変わらないはずです。短期的な時流でころころとやるべきことを変えない。そういう芯があれば、会社はビジネスを続けることができる。新規事業でも、世の役に立つものであれば、利益が出るようになるはずです。

幼少期の教育によって倫理観をはぐくむ重要性

神田 天坊さんのお話を聞いていると佐三氏のような強烈なカリスマ性ではなく、普通の感覚を持った方が大企業の経営者になり、力を発揮された印象を持ちます。それを踏まえて、これからの若い世代に何を学び、どんな経験を積んで欲しいかというメッセージをお願いします。

天坊 私自身は特別なことをやってきたという認識はありません。ただ、横浜支店にいた時、ある油槽所の社員の社内預金払出伝票にハンコを付いたんですが、それを見た支店長に厳しく叱られたことがあります。「お前はこの伝票を見て、何も感じなかったのか。薄情者め。金額が大きく、しかも1円の桁まで端数がついている。彼は多分会社を辞めるぞ。そうでなければよほど金に困っているはずだ」と。結局彼は会社を辞めることになりましたが、若い社員が自分の社内預金を引き出すのに、先輩があれこれ指導するようなことは、大人げないと考えていた私の甘さを正されたわけです。若い人を指導するなら、余計なお節介をしろと。少なくとも困っている社員を見過ごすなということでした。20160802KANDA_P02

 これはある種、倫理観なのかもしれません。道徳や倫理観は、子どもの頃からの親の躾が第一ですが、そうしたことを身に付けてきているか。今の教育の現場では、そうした人としての基本の道徳の部分が希薄になってきている気がします。性格形成にかかわることは、小さい頃からきちんと教育しないと身に付かないと思います。このことは日本人にとって、とても大事なことでしょう。

神田 教育に関して言えば、私は子どもたちに読書の習慣を身に着けてほしいと思い、日本で最大規模の読書会を開いているのですが、天坊さんはどのような本を読まれていますか。

天坊 乱読でさまざまな分野の本を読んできましたが、比較的歴史ものが多いですね。

神田 推薦する一冊は。

天坊 高校生の時に読んだ子母澤寛の『勝海舟』が非常に面白かったですね。過去を辿れば、必ず今と似た時代があり、激動の現代社会は幕末の変革期などに投影できると思います。歴史を学ぶことで、今後の社会の道筋をある程度予測できるのではないでしょうか。

(かんだ・まさのり)経営コンサルタント、作家。1964年生まれ。上智大学外国語学部卒。ニューヨーク大学経済学修士、ペンシルバニア大学ウォートンスクール経営学修士。大学3年次に外交官試験合格、4年次より外務省経済部に勤務。戦略コンサルティング会社、米国家電メーカー日本代表を経て、98年、経営コンサルタントとして独立、作家デビュー。現在、ALMACREATIONS 代表取締役、日本最大級の読書会「リード・フォー・アクション」の主宰など幅広く活動。

出光興産の「人間尊重」の本質に迫る(前編)

 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件とダスキン事件に学ぶ 不祥事対応の原則

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

ブラック企業と労災認定

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

家族葬のファミーユが目指す「生活者目線で故人に寄り添う」葬儀の形

家族葬のファミーユは家族や親族など故人の近親者だけで施設を貸し切って行う「家族葬」のパイオニアだ。創業者・高見信光氏は異端児と言われながらも旧態依然とした業界を変えてきた。その思いに共感し、異業種のリクルートから転じて社長を引き継いだ中道康彰氏も業界の常識を打ち破るため奮闘している。文=榎本正義(『経済界』2…

不動産のノウハウや技術を生かしサステナブルインフラへ―いちご

次世代車向け先進技術を応用する日本発プラットフォーマー ―イーソル

新社長登場

一覧へ

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

アサヒグループ食品の副社長から、この3月にアサヒビールの社長に就任した塩澤賢一氏。長年、ビール営業畑を歩み、マーケティングを兼ねた繁華街歩きを趣味にしている。街の変化から世の中の流れを読む塩澤新社長が挑むのは低迷するビール市場の活性化。若者需要を伸ばしつつ、スポーツイベントを商機として攻勢をかけていく。聞き手…

塩澤賢一(アサヒビール社長)

「事業部門の連携を活性化させ営業利益100億円を目指す」 内藤宏治(ウシオ電機社長 )

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

イノベーターズ

一覧へ

シリコンバレーへの挑戦が生んだ「起業家と投資家が待ち望んだサービス」― 戸村光・ハックジャパンCEO

起業家のスタンスとして、画期的な技術やビジネスモデルを社会で活かすことを目的としたイノベーション先行型もあれば、社会課題解決を最優先とし、そこに必要な技術やノウハウを当てはめていくやり方もある。ハックジャパンCEOの戸村光氏の場合は後者。対象となる課題は「身の周りの気付いたことすべて」だ。(取材・文=吉田浩)…

戸村光・ハックジャパンCEO

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

IT化で変革する産業廃棄物処理の世界―福田隆(トライシクルCEO)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年10月号
[特集] 進撃のスタートアップ
  • ・スタートアップ・エコシステムの活性化
  • ・[スパイバー]2万5千円のTシャツは完売 実用化が迫った人工クモの糸
  • ・[Rhelixa]エピゲノム関連の研究・開発で人類の役に立つ
  • ・[チャレナジー]台風発電でエジソンになる ビジネス展開は「島」から
  • ・[エイシング]エッジで動く超軽量AIでリアルタイムに予測制御
  • ・[キャディ]製造業に調達革命! 町工場は赤字から脱出へ
  • ・[Clear]目指すは日本酒産業のリーディングカンパニー
  • ・[空]「値付け」の悩みを解決するホテル業界待望のサービス
  • ・宇宙ビジネスに民間の力 地球観測衛星やロボット開発
  • ・71歳で環境スタートアップを立ち上げた「プロ経営者」
[Special Interview]

 荻田敏宏(ホテルオークラ社長)

 「The Okura Tokyo」をショーケースに海外展開を進めていく

[NEWS REPORT]

◆戴正呉会長兼社長を直撃! なぜ、シャープは復活できたのか?

◆アスクル創業社長を退陣させた筆頭株主・ヤフーの焦り

◆サービス開始から3カ月で撤退 セブンペイ事件の背景にあるもの

◆絶滅危惧種ウナギの危機 イオンが挑むトレーサビリティ

[特集2]

 富裕層は知っている

・富裕層の最大の使い道は商品ではなく次代への投資

・シンガポールからケイマン諸島まで 資産フライトはここまで進化した

・年間授業料100万円超は当たり前 教育投資はローリスクハイリターン

・最先端の人間ドックは究極のリスクマネジメント

・家事代行サービスで家族との時間を有効活用

ページ上部へ戻る