テクノロジー

 総合人材サービスのテンプホールディングスのグループ会社、インテリジェンス。正社員領域の転職サービス「DODA(デューダ)」やアルバイト求人情報サービス「an(アン)」を運営する。1989年に創業後、2006年の学生援護会との経営統合などを経て、13年にテンプHDの子会社となった。

人手不足解消にAI活用

 厚生労働省が発表した2016年5月の有効求人倍率(季節調整値)は1.36倍と24年7カ月ぶりの高水準だ。企業も新規事業立ち上げなど事業拡大を急ぎたい中で、即戦力の中途採用を求める動きも強まっている。活況を呈する人材サービス業界にあって、インテリジェンスも、転職サイト「DODA」を刷新した。新サイトは人工知能(AI)が会員のプロフィール情報(職種、業種、経験年数など)や、求人情報に書かれた言語データなど、約400万のさまざまな利用者データを分析してお勧めの求人を提案する機能も搭載した。初めて転職する求職者向けにスマートフォン向けの日程管理アプリなども配信する。

 「1~2年くらい前までは、私たちの業界の売り上げや有効求人倍率と、景気動向指数との連動性は極めて高いものがありました。しかし、ここへ来て一致しなくなってきている。すなわち、景気の先行きに不透明感をはらんでいるものの、一方で有効求人倍率は上昇し続けているのです。急速に労働人口が減少し、人手不足が顕著になっています。総務省の国勢調査によると、10年から15年までの5年で300万人の労働力人口が減少し、6千万人を割るのも目前といわれています。団塊世代が10年以降退職を迎えたことや、若年労働力人口の減少が影響しています」と峯尾太郎社長は説明する。

 総人口の減少に伴い、労働力不足は深刻だ。グループ会社のHITO総合研究所推計によると、情報通信・サービス業の482万人を筆頭に、25年時点で583万人の人手が不足するとみられる。その解消のためには、働く女性を増やす(313万人)、働くシニアを増やす(121万人)、日本で働く外国人を増やす(34万人)、生産性を上げる(114万人)としている。

 インテリジェンスでは、経産省から「人活」支援サービス創出事業を受託し、40代.50代のミドルシニア人材の成長分野へのキャリアチェンジを支援している(16年3月受託終了)。成熟分野での経験を持つミドル世代が、成長分野等の研修を受講し、その分野の企業で就業する。これは日本の労働市場の構造的な問題に対処するが、一朝一夕には進まない難しさがあるだけに、マッチングのさまざまな場面でのAI活用は有効と思われる。

入社前だけでなく入社後にも活用

20160906INTELLIGENCE_P01

 「ITコンサルタントの方が、事業会社でのシステム構築の仕事を探していたとします。ご本人はもちろんITの分野の知識を生かしたいと考えている訳ですが、その方のキャリアからは、不動産デベロッパーへの転身もマッチするかもしれないとAIが提案する可能性もある。ITコンサルタントも、不動産デベロッパーも、いずれも長期間大人数が関わるプロジェクトの進行管理・予算管理・品質管理を行うというところは似ているんですね。自分では気付いていない分野をAIが示してくれることがあります。また、キャリアアドバイザーが個人の職歴や希望を聞き、自らの知見に基づいて企業をご紹介していますが、これをAIで精度を高めたり、あるいはキャリアアドバイザーでさえ気が付かなかったマッチング案を補足してくれたりする仕組みを構築中です。反対に、企業からオーダーを頂いて、アプローチする転職希望者を探すときにAIを活用する。ここでは当初のオーダーから類推し、別のキャリアがあるこんな方もいらっしゃる、といった提案もできます。転職希望者、キャリアアドバイザー、企業のいずれにとってもマッチングの幅を広げる可能性があると思っています」

 1月からサービス提供を開始したダイレクト・ソーシングサービス「DODA Recruiters(デューダ・リクルーターズ)」は、転職希望者のデータベースを企業向けに公開し、人材を採用したい企業が直接個人にアプローチできる。4月には独自開発したAI型マッチングアルゴリズムをシステムに搭載。数十万件の選考・入社データから、企業の採用に見合った人材をレコメンドする。

 「当社のグループ会社が出資している米国の会社では、AIによって社員の情報を有効活用できないかと取り組んでいます。人材の価値を高めて生産性を上げるために配置転換をするとか、将来の離職を予想して、人事が事前にケアをするといったことです。AIは入社前だけでなく、こうした入社後のプロセスにも活用できる可能性があります。AIにどんどんデータを積み上げていくことで精度を高め続けていくことになりますが、その先にはどんな世界が待ち受けているのか。研究の余地は大いにあります」と、成長を一層加速させる取り組みは続く。

関連記事

好評連載

エネルギーフォーカス

一覧へ

緑の経済成長とエネルギー

[連載] エネルギーフォーカス

Energy Focus

[連載] エネルギーフォーカス

電力業界のイノベーション

[連載] エネルギーフォーカス

今後、10年後の電力業界の様相(2)

[連載] エネルギーフォーカス

発電単価から既存原発の経済性を考える

[連載] エネルギーフォーカス

日本は再生エネルギーで世界トップとなる決断を

テクノロジー潮流

一覧へ

科学技術開発とチームプレー

[連載] テクノロジー潮流

テクノロジー潮流

[連載] テクノロジー潮流

エボラ出血熱と情報セキュリティー

[連載] テクノロジー潮流

21世紀の日本のかたち 農電業と漁電業

[連載] テクノロジー潮流

工学システムの安全について

[連載] テクノロジー潮流

エネルギー移行と国民の価値観の変化

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年12月号
[特集]
平成 ランキングで振り返る“時代”の経営者

  • ・バブル破裂で顔ぶれ一新 平成人気経営者の系譜
  • ・次の時代を創るリーダーとは?

[Special Interview]

 榊原定征(2025日本万国博覧会誘致委員会会長)

 「誘致決定まで1カ月 大阪万博を日本経済の起爆剤に」

[NEWS REPORT]

◆コンビニ軽減税率適用で激化する「外食VS中食」の戦い

◆「液晶のシャープ」が有機ELスマホを発売 初の国産パネルで攻勢をかける

◆「世界一高い」と認定された日本の携帯料金のこれから

◆チャネル政策を見直すトヨタ自動車の危機感

[特集2]

 北海道・新時代の幕開け

ページ上部へ戻る