文化・ライフ

W杯アジア最終予選で公正性欠いたジャッジ

 W杯のアジア最終予選が現行のホーム&アウェー方式となったのは1998年フランスW杯予選からだが、初戦を落として本大会出場を果たした国はひとつもない。

 去る9月1日、埼玉スタジアムで行われたUAE戦で日本は1対2と逆転負けした。

 敗因の第一は“中東の笛”だった。カタール人審判のジャッジは、日本人には公正性を欠いているように映った。

 ともあれ、試合を振り返ってみよう。

 日本は前半11分、FW本田圭佑のヘディングシュートで先制した。幸先のいいスタートを切ったかのように映った。

 ところが、だ。前半18分に相手FWが足を滑らせて転倒すると、マークしていたDF吉田麻也が反則をとられた。直接FKを決められ、同点に。

 後半7分のジャッジも首をひねらざるを得ないものだった。日本のペナルティーエリア内に入った相手MFを3人で囲む。行き場を失った相手選手は半ば強引に突破を仕掛け、転倒した。PKを決められ、日本は逆転を許した。

 後半22分には相手ペナルティーエリア内で途中出場のFW宇佐美貴史が倒された。15分前のプレーより、はるかにこちらの方がPKに値すると思われた。

 ところが、こちらはスルー。日本代表ヴァイッド・ハリルホジッチ監督はピッチに足を踏み入れて抗議した。

 しかし、ここまでなら、まだ「微妙なジャッジ」の範囲内ですんでいただろう。

 試合後、日本サッカー協会の田嶋幸三会長がアジアサッカー連盟(AFC)と国際サッカー連盟に抗議書を出すと明言するに至った原因は、次のジャッジだった。

 後半32分、DF酒井宏樹のクロスにゴール中央にいた本田がヘッドで折り返した。このボールをFW浅野拓磨が左足で合わせた。相手GKが空中で必死にかき出したが、ボールはゴールラインを越えたように見えた。

 だが、レフェリーの判定はノーゴール、さすがにこのジャッジには意図的なものを感じざるを得なかった。

 試合後、本田はきっぱりと言い切った。

 「ゴールでしたね、間違いなく。僕の記憶と目が正しければ、ボール2個分入っていた」

 そして、こんな問題提起を行った。

 「すごく疑問に思ったのは、第4の審判がなぜいないのか。ラインズマンしかいない。そのラインズマンも知らんぷりで、ゴールを割った雰囲気を出さなかった」

 本田の言う「第4の審判」とは、正確に言えば「追加副審」のことである。

 追加副審の仕事は限られている。ボールがゴールラインを割ったかどうかの判断や、ペナルティーエリア内での反則の有無をジャッジする。

悪意のあるジャッジを防ぐためには方策が

 サッカーの本場ヨーロッパでは2008年にアンダーカテゴリー別代表の試合などで試験的に導入された。それを経て12年7月の国際サッカー評議会で追加副審制度の採用が正式に決まった。今では欧州サッカー連盟主催のチャンピオンズリーグや欧州選手権などでも採用されている。

 日本ではどうか。10月に行われるJリーグ・ルヴァン杯の準決勝と決勝、チャンピオンシップでも導入される見通しだ。

 こうした流れを見ていくと、本田が不思議がるのも無理はない。なぜW杯出場がかかった大事な一戦に追加副審がいないのか。AFCの財政難や人材難を理由にあげる関係者もいるが、言い訳にしか聞こえない。

 追加副審の導入が難しいのであればゴールラインテクノロジー(GLT)の導入を急ぐべきだろう。

 GLTは大きく2つに分けられる。ひとつは磁気型。これはボールにマイクロチップを埋め込み、ゴール周辺の磁場の変化を計測する。ゴールラインを越えると1秒以内にレフェリーの持つ受信機が振動し、「GOAL」と表記されるというシロモノ。

 もうひとつはカメラ型。こちらは14年ブラジルW杯で導入された。14台の高性能カメラで、いろいろな角度からボールを追う。ボールがゴールラインを越えるとレフェリーの受信機に合図が送られる仕組みは前者と同じである。

 一方で、こうした“科学の眼”の導入に否定的な向きも少なくない。

 「誤審もサッカーのうち」

 よく、こうした声を耳にする。牧歌的な香りがして嫌いではないが、これでは悪意のあるジャッジは防げない。

 02年日韓W杯では韓国がベスト4に進出した。決勝トーナメントの韓国対イタリア戦を裁いたエクアドル人審判に疑惑の目が向けられた。

 あれもこれも“科学の眼”でシロクロつけろと言っているわけではない。AIの時代を前に人と機械の役割分担を探ってもいいのではないか。(文中敬称略)

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年12月号
[特集]
平成 ランキングで振り返る“時代”の経営者

  • ・バブル破裂で顔ぶれ一新 平成人気経営者の系譜
  • ・次の時代を創るリーダーとは?

[Special Interview]

 榊原定征(2025日本万国博覧会誘致委員会会長)

 「誘致決定まで1カ月 大阪万博を日本経済の起爆剤に」

[NEWS REPORT]

◆コンビニ軽減税率適用で激化する「外食VS中食」の戦い

◆「液晶のシャープ」が有機ELスマホを発売 初の国産パネルで攻勢をかける

◆「世界一高い」と認定された日本の携帯料金のこれから

◆チャネル政策を見直すトヨタ自動車の危機感

[特集2]

 北海道・新時代の幕開け

ページ上部へ戻る