マネジメント

寿退社が前提で、さしたる目的もなく就職した女性が、今や日本最大級の通訳・翻訳エージェントの社長になった。シナリオライターになりたかったという平凡なOLは、いかにして経営者として独立、成功するに至ったのか。文=吉田浩 写真=佐藤元樹

 シナリオを書くために起業

テンナイン1 「苦労するとはまったく考えていませんでした」

 6千人以上が登録する日本最大級の通訳・翻訳エージェントを運営するテンナイン・コミュニケーションの工藤浩美社長は、起業した当時をこう振り返る。

 余程の自信家にしか吐けない台詞に聞こえるが、工藤氏の場合はあまり深刻に考えていなかったというのが本当のところだ。何しろ、独立した理由が「シナリオライターとして作品を書く時間を確保するため」なのだから。

 工藤氏は大学卒業後の1985年に大手商社に就職。女性は一般職にしか就けなかった時代、周囲のOLと同じく2年後には寿退社し、主婦業に専念していた。その後、単調な生活に嫌気がさし、派遣社員として社会復帰。そこで生涯を通してできる仕事がしたいと思い立ち、通訳者・翻訳者を派遣するエージェント企業に正社員として入社した。

 もともと文章を書くのが好きだったという工藤氏は、仕事の多忙さからくるストレス発散のため、シナリオセンターに通い始めた。そのうち、いくつかのコンクールで入賞を果たし、小さな仕事を受けるようにもなった。一方、12年間務めたエージェントの経営陣とは、経営方針を巡って意見が食い違う場面も出てきた。

 「自分の理想とするエージェントを創って、自由な時間も持ちたい」

 そんな「ユルい」動機で立ち上げた会社だが、起業初日から願望は木っ端みじんに打ち砕かれる。4畳半の一室にPC1台で立ち上げた会社は、ネット回線を引くのにも一苦労。資料の印刷やファックスのために用意した複合機は60万円のリース料を個人負担しなければならず、それまで借金を一度も経験したことがなかった工藤氏は、プレッシャーのために嘔吐したという。

 シナリオを書く時間を確保するための独立だったが、仕事を始めるとそんな時間はまったくなくなった。早く見積もりを出したほうが仕事を獲れるため、顧客からの問い合わせには30分以内に返答する。携帯電話の電波が届かないため地下にはいかない。オフィスのある港区以外には極力行かないなど、徹底していた。

 「OL時代は仕事が終わって一息ついたときにストーリーが浮かぶことが多かったのですが、独立以後は起きて寝るまで会社のことを考えているので、まったくストーリーが降りてこなくなったんです」

と、工藤氏は言う。

 一方で、仕事の面白さに魅了されている自分もいた。映画のチケット売り場を見ても、以前なら「こんな狭いスペースで働けないな」としか感じなかったのが「このスペースで売り上げはどれぐらいか、利益はどうか」などと考えるようになった。自身の中で、仕事とシナリオへの興味が完全に逆転していた。

 鍵は通訳者とのコミュニケーション

 顧客はゼロ。あるのは10人ほどの通訳者とのネットワークのみ。起業の翌日から工藤氏は通訳、翻訳の需要がありそうな企業に飛び込み営業を掛けた。そして、約1カ月が過ぎた頃、携帯電話会社のJ-PHONEが英ボーダフォングループに買収されるという新聞記事を見つけた。

 「これはチャンスだと。J-PHONEは旧国鉄系の会社だったので、英語が喋れる人は少ないはず。絶対に通訳の需要があると思いました」

 早速、J-PHONEに飛び込み営業をかけ初めての受注。気が付けば、年間2億円もの契約となっていた。

 大型受注を獲得できたのは単なるラッキーではない。

 工藤氏が起業の際に描いていた理想のエージェントとは、「誰よりも通訳者・翻訳者に寄り添う」存在であること。プロの通訳者になるには5年から10年を必要とし、日々勉強を欠かせない厳しい世界だ。失敗すれば2度とお呼びがかからないこともある。

 そんな姿を見てきたからこそ、通訳者の立場に立って、良好な関係を築くことに腐心してきた。良い通訳者とのネットワークを持ち、顧客に派遣できればそれが宣伝となり、仕事が拡大していく。J-PHONEのケースはまさにそうだった。

 仕事の情報を与えてくれるのも通訳者だった。工藤氏は通訳者を頻繁にランチなどに誘い、通訳を募集している企業の情報を得てから営業を仕掛けることで業務を拡大していった。

 顧客を大事にするのは当然だが、活躍してくれるのはあくまでも現場のプロフェッショナルである通訳者だ。そうした視点を持ち、通訳者と深い関係を築いていることが、テンナイン・コミュニケーションの大きな強みとなっている。

 通訳者に選ばれる環境づくりを

 同社は2年前に、企業内英会話スクールの事業も開始。顧客企業の社員は、就業時間中にいつでもネイティブの講師から英語を学べるシステムで、既に8社が導入したという。授業内容は企業の事情に合わせてカスタマイズし、社員の上達状況を人事部に定期的にレポート。上級者には通訳トレーニングを取り入れるなど、通訳エージェントならではの取り組みも行っている。

 今後の展開についてはこう語る。

 「語学を中心として、B to BだけではなくBとCも含めたさまざまなサービスを提供したい。その1つとして、通訳がトレーニングで行うシャドウイングという方法で、一般のユーザーが英語力を高められる教材づくりも行っています」

 現在、通訳者・翻訳者の引き合いは多く、需要が供給を上回る状況だ。東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向けて、さらなる需要の高まりが見込まれる。そうした中でも、「数字に囚われずに、通訳者から選ばれる良い環境を提供していくことに注力したい」という工藤氏だ。

プロ通訳者に学ぶ「仕事効率化のスキル」

 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件とダスキン事件に学ぶ 不祥事対応の原則

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

ブラック企業と労災認定

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

総合事業プロデューサーとして顧客と共に成長する―中尾賢一郎(グランドビジョン社長)

広告やマーケティング、ブランディングを事業プロデュースという大きな枠で捉え、事業が成功するまで顧客と並走する姿勢が支持されているグランドビジョン。経営者の思いを形にしていく力で、単なる広告代理店とは一線を画している。 中尾賢一郎・グランドビジョン社長プロフィール &nb…

中尾賢一郎(グランドビジョン社長)

人材戦略を経営の核に成長する駐車場ビジネスのプロ集団―清家政彦(セイワパーク社長)

「PCのかかりつけ医」として100年企業への基盤構築を進める―黒木英隆(メディエイター社長)

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

20歳で探検家グランドスラム達成した南谷真鈴さんの素顔

自らの手で未来をつかみ取る革新者たちは、自分の可能性をどう開花させてきたのか。今回インタビューしたのは、学生でありながら自力で資金を集め、世界最年少で探検家グランドスラムを制した南谷真鈴さんだ。文=唐島明子 Photo=山田朋和(『経済界』2020年1月号より転載)南谷真鈴さんプロフィール&nbs…

南谷真鈴

シリコンバレーへの挑戦が生んだ「起業家と投資家が待ち望んだサービス」― 戸村光・ハックジャパンCEO

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年1月号
[特集] 新しい街は懐かしい
  • ・「街の記憶」で未来をリノベーション
  • ・日本橋が「空を取り戻す」水辺と路地がつながる街へ
  • ・水辺はエンタメの宝庫だ 大阪が目指す観光客1300万人
  • ・街の誇りを取り戻せ 名古屋・堀川復活プロジェクト
  • ・なぜ水辺に都市が栄えるのか
  • ・2020以降は海と川がさらに面白くなる
  • ・「住む」と「働く」両方できるが求められている(たまプラーザ)
  • ・「土徳」が育む一流の田舎(南砺市)
  • ・音楽ファンが集う街づくり
[Special Interview]

 辻 慎吾(森ビル社長)

 東京が世界で勝ち抜くために必要なこと

[NEWS REPORT]

◆飛びたくても飛べないスペースジェットの未来

◆エンタメが街を彩る 地方創生に挑むポニーキャニオン

◆問題噴出のコンビニをドラッグストアが抜き去る日

◆始まった自動車世界再編 日本メーカーはどう動く?

[特集2]

 経済界福岡支局開設35周年記念企画

 拓く!九州 財界トップが語る2030年のかたち

ページ上部へ戻る