政治・経済

ハレのカジノケのパチンコ

20170321パチンコ

 カジノが解禁されれば、インバウンド誘致に始まりさまざまな経済効果が期待できる。しかし浮かぶものがあれば沈むものもある。カジノができることによって既得権益が奪われる産業もある。その代表格がパチンコ業界だ。

 パチンコは庶民のギャンブルだ。建前上は娯楽産業として換金できないことになっているが、実際には景品を買い取る第三者を介することで出玉をお金に換えることができる(三店方式)。しかし状況は厳しい。かつて30兆円に達した市場規模も、日本生産性本部が発行している「レジャー白書2016」によると、15年のパチンコ・パチスロの市場規模は約23.2兆円にまで縮小。店舗数も減少を続けている。市場そのものが小さくなっているところに、カジノという黒船が来航したら、パチンコ業界はさらに打撃を受けることになる。

 ところがパチンコ・パチスロホール経営者に話を聞くと、口をそろえて「それほど影響はない」と言う。その理由は次のとおり。

 「パチンコというのは日常的な娯楽です。週末、パチンコに行って気分を解放する人も多い。一方、カジノは非日常です。カジノに足を踏み入れるとそこに別世界が広がっている。だからこそ楽しむことができる。つまりカジノはハレ、パチンコはケです。事業として見ても、カジノを含むIRは観光産業の振興が目的であり、ドメインが全く違います」(ホール経営者)

 しかも規模が圧倒的に違う。カジノの規模を表す金額は粗利で表示される。実際に動く金額ではなく、客が支払った額と受け取った額の差額を示す。世界最大のカジノであるマカオの粗利は6兆円。パチンコ業界の粗利は、粗利率が20%と想定すると、5兆円弱となる。マカオには負けるが、8千億円のラスベガスよりはるかに大きい。

 では日本にカジノができたら、どのくらいの規模になるのか。どの都市に、どのくらいのIRができるかでまるで異なるが、日本のIRのお手本であるシンガポール並みになるとして、約7千億円。パチンコには到底及ばない。しかも、IRはインバウンド増加を目標としており、カジノで遊ぶ人たちも外国人に主眼を置いてある。となると、日本人が落とすお金ははるかに小さく、パチンコの市場を脅かす存在にはなり得ない。

 その意味で、日本にカジノが開設されても、パチンコ産業が衰退するとは思えないが、それでも市場縮小の動きは今後しばらく続いていくことが予想される。そこで、新天地を海外に求める動きが始まっている。

海外に活路を見いだすホール経営者

 前稿でも触れたようにセガサミーホールディングスは韓国でカジノを運営する。ユニバーサルエンターテインメントもマニラでカジノをオープンした。またマルハンやダイナムなどのホール大手もマカオのカジノに出資している。しかし海外に関心を示しているのは大手ばかりではない。

 アジア・アミューズメント開発は15年12月、フィリピンでパチンコホールをオープンした。パチンコ、パチスロ、ビンゴゲームが設置された、パチンコホールそのものだ。アジア・アミューズメント開発の親会社はアミュゼクスアライアンス。同社は中小ホールの生き残りを目的とした会員制組織で、現在340店舗が加盟している。今回、フィリピンに進出したのも、会員企業の海外支援を目的としており、全国に約40店舗を展開する夢コーポレーションとタイアップした。

 今年1月には、パチンコホールの広告プロモーションを手掛けるゲンダイエージェンシーが、シンガポールに子会社を設立した。目的は「東南アジアのゲーミング業界への参入を図る」(ニュースリリース)。同社は3年前から東南アジアのゲーミングビジネスの調査・研究を行ってきたが、いよいよ事業化に踏み切った。カンボジアのカジノの一角でスロットなどエレクトロニックゲーミングのオペレーションを行うことが決まっており、間もなくオープンする予定だ。

 同社はパチンコ業界の広告代理店としてホールの集客を支援してきた。これまでホール運営やカジノ経営の経験はない。それが今回、直接オペレーションに関与するのは、ここでノウハウを蓄積し、これを国内のホール経営者に還元するためだ。

 日本のカジノ解禁とは関係なく、パチンコホールをめぐる環境は厳しい。それならば、成長著しい東南アジアに打って出ようと考えている経営者は多い。しかしその方法が分からない。そこでゲンダイエージェンシーが水先案内人になろうというのである。

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

永濱利廣

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

[連載] 深読み経済ニュース解説

日銀による追加緩和決定の影響は!?

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

ワンマンシリーズ(7)稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第19回)

ワンマンシリーズ(6)三和の法皇・渡辺忠雄〈3〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第18回)

ワンマンシリーズ(5) 三和の法皇・渡辺忠雄〈2〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

ワンマンシリーズ(4) 三和の法皇・渡辺忠雄〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第16回)

ワンマンシリーズ(3)住友銀行に残る堀田の魂魄

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

「日本初」にこだわる男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

「損して得を取る」事業モデル  不動産登記情報を扱う「登記簿図書館」をご存じだろうか。 かつては法務局でしか取得できなかった登記簿情報がオンラインで簡単に取得でき、かつ、法務局では対応できないさまざまなサービスを提供するというものだ。保有登記情報は全国2450万件、会員数9500社を誇る。 この登記簿図書館を…

支持政党なし

外国人を中心に需要が高まるソーシャルレジデンスで快走―オークハウス

独自のプラットフォーム戦略で、外食産業の新たなスタンダードを創造する――きちり社長 平川昌紀

新社長登場

一覧へ

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

創業から95年、海外に進出してから50年以上たつ国際派企業の高砂香料工業。合成香料では日本最大手であり、国際的にも6%以上のシェアを持つ優良企業だ。 100年弱の歴史を持つ合成香料のトップメーカー ── まず御社の特徴をお聞かせください。 桝村 1920年創業ですから、2020年に100周年を迎える…

桝村 聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

「最新情報を発信、人と企業の働く環境を良くしていきます」--マンパワーグループ社長 池田匡弥

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

20150609_INNOV_P02

デザイナーズ家具のEC販売で業界の“常識打破”に挑戦――リグナ社長 小澤良介

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 教育部門と…

大学の挑戦

創立100周年を控えて「世界に貢献し、インパクトを与える人」の育成に努めます――西南学院大学・K.J.シャフナー学長

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

企業eye

一覧へ

社員の人間力を武器に5期連続増収を果たす投資用不動産会社――パートナーズ

パートナーズは全国の中古投資用不動産の売買仲介を手掛けている。2011年の創業以来、5期連続増収を達成。吉村社長は業績好調の原動力を「社員の人間力を養い、顧客満足度の向上に取り組む姿勢にある」と語る。── 数ある投資用不動産会社の中、独自の強みについて。吉村 当社では、社員の人間力を徹底的に磨きな…

企業eye

クラウドソーシングを活用した動画制作やオンライン動画制作プラットフォームを提供――Crevo

海外ビジネスの第一線で活躍した2400人のエキスパートを擁し、日本企業の海外事業を支援。

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界4月4・18日号
[特集]
紙メディアの未来

  • ・青木康晋(朝日新聞出版社長)
  • ・一木広治(ヘッドライン社長)
  • ・村野 一(デアゴスティーニ・ジャパン社長)
  • ・嶋 浩一郎(博報堂ケトル社長・共同CEO)
  • ・高井昌史(紀伊國屋書店会長兼社長)
  • ・消えたB2Bメディア コントロールドサーキュレーションの功罪

[Special Interview]

 吉永泰之(富士重工業社長)

 「守りに入らず攻め続けるためにスバルへの社名変更を決断した」

[NEWS REPORT]

◆三越伊勢丹、ヤマト運輸……人手不足が労組を動かす

◆攻めの農業の象徴 農水産物輸出1兆円は大丈夫か

◆“豪腕”森信親・金融庁長官の続投濃厚で戦々恐々の金融界

[著者インタビュー]

 手嶋龍一(作家、ジャーナリスト)

 稀代のスパイはインテリジェンスセンスを磨く最高のテキスト

ページ上部へ戻る