政治・経済

20170424大塚家具

泥沼の大塚家具。親子間の諍いだけでなく、幹部社員との間の諍いが加わったことで収拾がつかなくなった。これは星野リゾートも同様。なぜ親子・兄弟など同族での相続はうまくいかないのか。先人たちはどのような知恵で乗り切ってきたのか。親子兄弟の事業承継についてレポートする。文=ジャーナリスト/松崎隆司

父と娘の対立の裏に社員の業績への不平

 同族企業にとって次の社長を誰にするのかは、大きな問題だ。創業者である親の目から見れば、子どもは未熟、一方で子どもは親のやり方を古臭いと感じてしまうからだ。

 「親子というのは近い分だけ歯止めが利かない。だから他人なら遠慮して言わないようなことでもつい口にして、殴り合いのけんかになることもある」(老舗企業の社長)

 しかも昔なら創業者のカリスマ社長のツルの一声で決まっていたような人事であっても、今はコンプライアンスの問題がある。法律を逆手にとったクーデターも横行している。

 そこで、トップの椅子をめぐる抗争が勃発した同族企業の舞台裏を見てみることにしよう。

 父と娘が社長の椅子をめぐって熾烈な戦いを演じてきたことで大きな話題となった大塚家具は、大塚勝久氏が1969年3月、埼玉県の春日部市で創業し、急成長させた会社だ。

 ところがリーマンショックがあった2008年以降、業績が急激に悪化。

 長女の大塚久美子氏が社長に就任し、コスト削減など、減収が続く中で11年度にようやく黒字を計上することができた。しかし売り上げは依然として減少が続く。止血により利益は出せたものの、幹部社員からは「単なるコストカットは一時しのぎ、企業の成長性がそがれる」といった疑問の声があがるようになり、丁寧な接客やサービスを中心とした従来の大塚家具の経営幹部と久美子社長との間の溝は深まっていく。そして14年7月23日の取締役会で久美子社長は解任され、勝久氏が会長と社長を兼務することになった。

 解任した理由について勝久氏は筆者にこう語っている。

 「14年の4月頃から、消費税導入前の駆け込み需要の反動などで受注が大きく悪化したが、久美子社長は販売管理費を抑えるために広告をやめたんです。これで足もとの受注件数は下がり、秋以降の売り上げの落ち込みが目に見えていた。強い危機感を持った幹部社員や役員から『何とかしてほしい』という声が上がり、久美子社長に『せめていくつかの権限を渡してもらえないか』と相談したんです。久美子社長からは『それはできない』ということで、結局、社員たちの意思を汲むためにやむをえず社長を辞めてもらうことになりました」

 しかし15年1月、今度は久美子氏側が勝久氏を社長から解任し、自ら社長に返り咲き、中期経営計画を発表する。続く3月の株主総会では、両陣営が取締役を提案、結果は久美子氏側に軍配があがり、勝久氏と長男の勝之氏が会社を去った。

 骨肉の争いを展開した父と娘、それでも勝久氏は久美子氏のことを「目に入れても痛くない」と周囲に自慢してきた。それは今でも変わっていない。

 それでも勝久氏が久美子社長と戦ったのは自分が育ててきた社員を守るという大義があったからだ。勝久氏に決意させたのも幹部社員たちだった。

 「私たちでは久美子さんに何も言えない。だから会社の惨状を伝え、会長に立ってもらった。それでも会長は『久美子がかわいいんだ』と揺れることがあったのを必死で説得したこともあった」(大塚家具元役員)

 大塚家具をやめた勝久氏は、自分と共に戦った社員の受け皿として15年7月に匠大塚を設立。大塚家具から100人以上の社員を受け入れている。

 一方、久美子社長は苦戦が続く。16年12月期の売上高は前期比20%減の463億円、営業損益は45億円の赤字、現預金は1年前の109億円から39億円へと半分以下に減少した。3月の株主総会では「赤字が続くようなら社長は辞めるべき」という厳しい意見も飛び出した。

 久美子社長は社内改革を強引に進めようとして父や幹部社員たちと大きな軋轢を生んでしまったが、同じような経験をしながらそれを乗り越えた社長がいる。

 星野リゾート代表の星野佳路氏だ。星野氏は星野温泉の4代目として生まれ米国のコーネル大学ホテル経営大学院で経営学を学び、星野温泉の取締役に就任した。この時、星野氏もまた、公私混同の温床となっていた同族経営の脱却を目指した。

 星野氏は当初、一族を刺激しないよう何年もかけて徐々に変えていくことを提案した。しかし一族や古参の社員などの反対にあい半年で挫折。その後外資系金融機関に転職した。

 しかし1991年、バブル崩壊の中で星野温泉の経営が悪化すると社長として呼び戻された。星野氏は大ナタを振るい、同族経営の弊害を再び排除しようとした。しかし古参の社員たちはまたも反発、どんどん辞めていき、気が付くと100人いた社員は、3分の1にまで減ってしまった。収益も下がり続けた。

 「同族経営の公私混同は悪であるという思いは強く、妥協しようとは思わなかった。それで人が辞め、売り上げが下がってしまっても仕方がないと思っていました」と星野氏は振り返る。

 だが、いくら求人をしても人が集まらない。そこで星野氏は、それまでの顧客本位の経営から社員の働きやすい経営に発想を転換。社員に人気のないサービスはやめた。続けると、社員が仕事に嫌気がさし辞めてしまうからだ。だから宴会もやめた。

 「温泉地の宴会は酔っぱらいの相手をしなければならないので社員には人気がない。一方でウエディングは客が感動し感謝してもらえる。ファミリー旅行は、子どもたちが喜んでくれれば思い出の場所になり、次にまた来てくれる。社員のやりがいにもつながる」(星野氏)

 社員のやる気が会社を変えた。その後、星野リゾートは急成長を遂げていく。会社を変えるだけでなく、社員にあわせて自分自身も変わる。そんな視点も同族企業の事業承継には重要なのかもしれない。

下剋上で弟がトップになったロッテ

 大塚家具や星野リゾートが親子の対立なら、ロッテは兄弟間の争いだ。ロッテは弟が兄を追いやる下剋上でグループのトップに立った。

 ロッテは1948年、重光武雄氏が日本で創業した菓子メーカーだが、その後、創業者の出身地である韓国に投資し、百貨店、ホテル、高層ビルなどを所有する一大財閥となった。

 その後ロッテは、日本側のトップを長男の重光宏之氏(当時はロッテホールディングス副会長)、韓国側は弟の重光昭夫氏(会長)が統括し、グループ全体を武雄氏が統括するというすみ分けになっていた。ところが2014年12月、宏之氏がロッテHDをはじめグループ企業の取締役を次々に解任され、代わって昭夫氏が日本の代表を兼務するようになった。弟による下剋上だった。

 武雄氏は日本と韓国を定期的に見ていたが、高齢だということもあり、東日本大震災を機に韓国に定住、その後、昭夫氏の腹心、ロッテHDの佃孝之社長が定期的に人事など日本の状況を報告していた。

 「14年後半から年末にかけて佃さんが父に虚偽や著しく誇張した説明をしていたのです。そのため父は私の解任に同意することになったのです。12月にロッテHDから取締役の辞任を求められ、そして26日には取締役会で副会長の解職を決議。グループ会社計26社の取締役も解任されました」(重光宏之氏)

 その後、宏之氏は武雄会長と面談し、誤解を解くことに成功。武雄会長とともに日本に乗り込んだ。しかし武雄氏と現経営陣との話し合いが成立せず、15年7月28日には、判断力と記憶力が低下しているとして、武雄氏は昭夫氏ら現経営陣によってロッテHDの代表権を解かれ、名誉会長に棚上げされてしまう。

 こうして決着がついたかに見えたロッテのお家騒動だが、武雄氏と宏之氏が反撃に出る。日韓両国で昭夫氏側陣営を次々に提訴。さらに韓国ロッテでさまざまな疑惑が発覚したために、一族をはじめ22人が起訴され、6人が逮捕された。この中には、武雄氏、宏之氏、昭夫氏の3人も含まれている。裁判の行方はどうなるか。宏之氏と昭夫氏の勝敗はそれによって大きく左右される。

堤清二・義明の兄弟対立の真相

 兄弟の相克で思い出されるのが、セゾングループの代表だった堤清二、西武グループ総帥だった堤義明兄弟。犬猿の仲の2人の対立も相続に端を発している。

 西武グループは当初、長男の堤清二氏が父・康次郎氏の後を継ぐことが決まっていたが、清二氏はそれを断った。父に対する反発と自分の力だけで勝負したいという思いからだった。事実、康次郎氏の死去後に行われた一族の相続会議でも清二氏は「西武グループを継がない」ことを明言。義明氏の後見人にまわった。それは生前康次郎氏と交わした約束でもあった。

 ただ清二氏が西武百貨店を相続したのは贖罪の思いからだったのではないだろうか。父の命とはいえ、清二氏は西武百貨店のロサンゼルス進出に失敗、巨額の借金を抱えてしまい、清二氏が相続しなければ倒産してしまう状態にあった。しかも西武百貨店の借金を返済するためには百貨店の事業だけではやっていけない。そこで新しい事業に進出した。

 しかしその後、ホテル事業に進出したことで、義明氏との確執が再燃する。清二氏にしてみれば社員がやりたいと始めたことだったが、義明氏はそうは取らなかった。

 「義明さんの中では西武グループは鉄道、不動産、ホテル、セゾングループは流通というすみ分けになっていましたから自分たちのテリトリーに侵入されたような気持ちだったと思います」(コクドの元幹部)

 13年に清二氏が亡くなるまで、2人の関係は冷え切ったままだった。

 対照的にガリバーインターナショナル(現IDOM)の創業者、羽鳥兼市氏は長男の羽鳥由宇介氏と一歳下の次男の貴夫氏の2人に同時に社長を任せるという奇手で成功した。これは2人の兄弟からの申し出だ。

 「『なぜ2人で社長をやりたいんだ』と聞いて見ると、『今までは社長が1人というのが常識でした。しかしこれからは普通の企業以上のスピードでガリバーを成長させたい。それには兄弟2人で力を合わせ取り組むのがベストじゃないかと考えたのです。だから2人でやってみたかった』と大変意欲的でした」(羽鳥会長)

 今では性格の違う2人を起用したことが企業を成長させる大きな原動力になっているという。

 いずれにせよ、同族企業の要は当主。当主が死や老いで力を失い、タガが外れるために内紛が起きる。だからこそ、目の黒いうちに後継者を育て、周囲に納得させることが重要だ。それがなくては悲劇が繰り返される。

 

【大塚家具】関連記事一覧はこちら

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ
一般社団法人かぎろい出版マーケティング代表 西浦孝次氏

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第7回)

関西財界の歴史―関経連トップに君臨した芦原義重の長期政権

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

売上実績トップ企業に聞く「住宅リフォームの最新トレンドと課題」―榎戸欽治・ニッカホーム会長

素人にはなかなか分かりにくい住宅リフォームの世界。最近の業界動向と事業戦略について、売り上げ規模で全国ナンバーワンを誇るニッカホーム創業者の榎戸欽治会長に聞いた。(聞き手=吉田浩)榎戸欽治氏プロフィールリフォーム業界におけるニッカホームの競争力水廻りと木工事を絡めた中型リフ…

榎戸欽治・ニッカホーム会長

家族葬のファミーユが目指す「生活者目線で故人に寄り添う」葬儀の形

不動産のノウハウや技術を生かしサステナブルインフラへ―いちご

新社長登場

一覧へ

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

2019年4月、国内インターネット専業証券で初の女性社長が誕生した。創業者であり、カリスマ社長と呼ばれた松本大前社長から後任を託されたのが清明祐子氏。清明氏は09年にマネックスグループに入社し、子会社社長やグループ役員を経て、マネックス証券の社長に就任した。清明社長はカリスマの後任としてどんな会社をつくってい…

マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

「事業部門の連携を活性化させ営業利益100億円を目指す」 内藤宏治(ウシオ電機社長 )

イノベーターズ

一覧へ

シリコンバレーへの挑戦が生んだ「起業家と投資家が待ち望んだサービス」― 戸村光・ハックジャパンCEO

起業家のスタンスとして、画期的な技術やビジネスモデルを社会で活かすことを目的としたイノベーション先行型もあれば、社会課題解決を最優先とし、そこに必要な技術やノウハウを当てはめていくやり方もある。ハックジャパンCEOの戸村光氏の場合は後者。対象となる課題は「身の周りの気付いたことすべて」だ。(取材・文=吉田浩)…

戸村光・ハックジャパンCEO

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

IT化で変革する産業廃棄物処理の世界―福田隆(トライシクルCEO)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年11月号
[特集] AIが知りたい!
  • ・IT未開の地に挑戦 産業構造をAIが変える!
  • ・AIは物理世界がまだ苦手 汎用ロボットの作り方
  • ・データ分析の起点は「何があれば経営に役立つか」
  • ・AI活用事例
  • ・ワトソン君は業務システムと連携する
  • ・米国で加熱する人工知能ブーム AIは21世紀最大のゲームチェンジャーか
[Special Interview]

 小川啓之(コマツ社長)

 「“経験知”に勝るものはない」コマツ新社長が語る未来

[NEWS REPORT]

◆SBIが島根銀行への出資の先に見据える「第4メガバンク構想」

◆家電同士がデータを共有 クックパッドが描くキッチンの未来

◆新薬の薬価がたった60万円! 日の丸創薬ベンチャーは意気消沈

◆1で久々の優勝を果たすもホンダの4輪部門は五里霧中

[総力特集]

 人材育成企業21

 SBIホールディングス/サイボウズ/メルカリ/ティーケーピー/シニアライフクリエイト/イセ食品/センチュリオン/タカミヤ/中央建設/アドバンテック/合格の天使/明泉学園/オカフーズ

ページ上部へ戻る