テクノロジー

昨年は「VR元年」と言われたが、注目された「プレイステーション VR」は品薄状態で普及台数が伸びず、期待ほどの盛り上がりはなかったという向きがある。その一方でスマートフォンを活用したモバイルVRは着実にVRの応用範囲を拡大。当面はモバイルVRが需要を牽引する格好だ。文=村田晋一郎

VR元年で期待が高まるもPS VRは品薄が続く

201707VR_P01

 2016年は「VR(ヴァーチャルリアリティー)元年」と言われた。

 VRとは、ヘッドマウントディスプレー(HMD)を装着し、ディスプレーに表示される3D映像の中に入り込むかのような体験をするもので、PCなど据え置き機器を利用したハイエンドVRとスマートフォンを利用したモバイルVRに大別される。この中でハイエンドVRについては、基本的にはゲーム用途としての位置付けだが、昨年3月に米Oculusの「Oculus Rift」、4月に台湾HTCの「HTC Vive」、そして10月にソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)の「プレイステーション VR(PS VR)」が発売を開始した。主要プレーヤーの製品が出揃ったことから、「VR元年」と位置付けられ、市場の立ち上がりが期待された。しかし1年たった現在、期待ほどには立ち上がっていないという声も聞こえてくる。

 ハイエンドVRについて言えば、先行したOculus RiftとHTC ViveはハイスペックPCを利用するため、端末を含めたシステム全体では、20万~30万円以上のコストが掛かる。「試しに買ってみる」金額の製品ではなく、飛びつくのは、一部のアーリーアダプターやヘビーゲーマーに限られる。全世界での累計出荷台数はOculus Riftが約40万台、HTC Viveが約50万台にとどまっている。

 それに対してPS VRは「プレイステーション4」(PS4)に接続して利用するが、HMD端末だけなら約5万円、PS4と合わせたシステム全体でも約10万円であり、先行する2製品よりは安価で入手できる。もともとPS4を保有しているゲームユーザーにはちょっと手を伸ばせば購入できる製品だ。それだけにPS VRはVR元年の本命デバイスと目されていた。そのPS VRの現在までの出荷台数は約100万台。先行2製品をあっさり追い抜いたとは言え、PS4の累計出荷台数が6千万台を超えていることを考えると、PS4の2%にも満たない。

 では、PS VRは売れていないのか。そうではなく、現状は、需要に供給が全く追い付いてない。

 昨年10月の発売開始以来、毎月追加発売を行っているが、即完売という状況が続いている。供給不足が続いている理由として、まずは全く新規の製品であるため、SIEが需要予測をかなり慎重に見積もり生産体制を構築した。SIEは当初から「発売後6カ月で100万台」との目標を立ており、現在のところは若干早いペースだが、ほぼ計画どおりと言える。さらにHMD部分に有機ELディスプレーをはじめ新技術を導入したことから、製造の難易度が上がったという指摘もある。SIEとしては徐々に供給体制を高めているとしているが、いまだ需要に追い付いていないのが実情だ。

 PS4ユーザーがすべてVRに興味を持つわけではないが、潜在需要を考えると、PS4の普及台数に比べて今のPS VRの出荷台数はあまりに少な過ぎるのではないか。SIEが絞り過ぎている印象を受ける。

 また、キラーコンテンツがないとの指摘もある。既にVRで遊べるゲームソフトは100作品が発表されているが、ヒットタイトルと呼べるソフトはいまだ出ていない。現在220作品が開発中で、17年中に新たに100作品以上を発売する予定だが、その中から大ヒットが生まれるかどうかも分からない。

 また、家庭用ソフトとして数千円の価格に見合うボリュームのVRのゲームを制作するには、開発コストも膨らむ。ソフトメーカーとしては、ソフト開発にそれなりのリソースを割くためには、やはりハードの普及台数が一定以上にまで到達する必要がある。現時点のPS VRの出荷台数では、ソフトメーカーとしても動きにくいのが現状だろう。

360度映像の視聴でモバイルVRは裾野を広げる

 ハイエンドVRが期待ほどの盛り上がりが感じられない一方で、現在はスマホを利用したモバイルVRがVRの需要を牽引し、応用範囲を広げていると言える。

 モバイルVRは、ダンボールにレンズを付けた簡易ビューワーから、スマホと連動させる専用端末まである。簡易ビューワーなら最安で約1千円、または企業のノベルティーグッズとして入手できることから気軽に利用できる。簡易ビューワーのハコスコは国内で50万台を出荷。韓国サムスン電子のスマホ「ギャラクシー」専用のVR端末「ギアVR」は全世界で500万台を出荷し、順調にVRの裾野を広げている。

 また、日本では未発売だが、昨年11月に米グーグルがアメリカ、カナダ、英国、ドイツ、オーストラリアで、スマホ向けVRヘッドセット「デイドリーム」の販売を開始した。グーグルはこれまで簡単ビューワー「カードボード」を普及させてきたが、デイドリームはより高品質なモバイルVR向けプラットフォームとなる。競合するギアVRがギャラクシー専用端末であるのに対し、デイドリームは複数の最新アンドロイドスマホに対応するため、モバイルVRの普及を加速させる可能性がある。

 こうしたモバイルVRは基本的に、360度映像の視聴が中心となる。360度映像については、既に多くの制作・開発会社が立ち上がっており、アミューズメント施設のコンテンツとしても提供されている。一方で360度カメラの販売も相次いでおり、ユーザーが手軽にVR映像を撮影し楽しめるようになっている。

 また、360度映像の視聴は、エンタープライズ用途にも用いられる。まず導入が進むと見られるのが、もともと3Dデータを扱うことが多い医療、建築、教育といった分野だが、特に「一定の空間の中を見せる」用途にVRは向いている。

 不動産業界向けには、マンションなどの物件の様子を360度映像で撮影し、その画像をVRで顧客に見せることで、顧客は実際に現場まで行かなくても、ヴァーチャルな空間で物件を確認できる。例えば、星野リゾートは今年1月、インドネシアで「星のやバリ」を開業したが、オープンに先立ち都内で開催した記者発表会では、一部の施設内をVRで体験する「仮想内覧会」を開催した。このVR視聴はギアVRを用いたものだったが、都内の会場からバリの施設の様子がうかがえた。

 こうした遠隔地の施設をVRで内覧する事例は、今後も増えてくると思われる。

消費者との距離感を重視

 モバイルVRは、今後もコンテンツが拡大し、さまざまな用途で使われると思われるが、そうなると気になるのはVR元年の牽引役として期待されたハイエンドVRだ。業界では、PS VRをはじめハードが普及せず、ヒットソフトも生まれなければ、VRへの関心が薄れていくのではないかとの危機感がある。

 現状でハイエンドVRについては期待外れの感があるが、新しい体験を提供する新しいハードウエアという観点で、3Dテレビになぞられる向きもある。3Dテレビは10年頃から各メーカーがこぞって3Dテレビを開発、販売を開始した。しかし現実には、12年あたりをピークに3Dは下火になり、次々と3Dテレビの販売が終了していった。

 3Dテレビのブームがあっという間に過ぎ去った記憶が新しいだけに、VRが比較されるのも無理はない。しかし、そのブームは、メーカーサイドから意図的に作りだしたという側面がある。3Dテレビの発売が相次いだ10年頃は、地上デジタルテレビへの買い替え需要が一巡し、テレビメーカーは新たな需要を創出する必要があった。3Dテレビが本当に消費者の望んだ商品であったのかは疑問が残る。また、家庭用に導入された3Dテレビは、専用メガネを装着する煩わしさがあった上、高価であり利用のハードルも高かった。こうしたことから、より高解像度の4Kテレビの登場に伴い、3Dテレビは姿を消すことになった。

 3Dテレビ終焉の要因とVRの置かれている状況を比較すると、VRは消費者が利用するハードルが低い。もちろんハイエンドVRは高価だが、モバイルVRについては、ほぼ1人1台レベルに普及したスマホを利用できることを考えると、VRの体験はより安価かつ容易だ。また、消費者側がVR映像を発信することもでき、VRは3Dテレビに比べると、消費者に身近な存在だ。そして、モバイルVRを体験した層が、より高品質なVRを求めて、ハイエンドVRに移行する動きがある。

 ここで重要なのは、体験を増やすこと。そこで業界の流れとしては、VRへの期待をつなぎとめる意味で、ハイエンドVRに触れる機会を増やす動きがある。

 昨年から、タッチポイントという意味で、アミューズメント施設へのハイエンドVRの導入は積極的に行われてきた。昨年には既にサンシャイン池袋の「スカイサーカス」、大阪のユニバーサルスタジオジャパンのアトラクション「VRコースター」などに導入され、VRの認知向上に一役買ってきた。現在もなお、こうしたアミューズメント施設への導入は広がっている。

 また、アミューズメント施設の展開はソフトメーカーにもメリットがある。アトラクションのコンテンツは概ね約10分で、この程度のボリュームならば制作は比較的容易だという。それでいてユーザーから1回500円~1千円程度の利用料金を回収できるため、現状の収益性は高い。PS VRのような家庭用のハイエンドVRの普及も継続していくが、ハイエンドVR機器を買えない人、買わない人に向けてアミューズメント施設での展開に注力する動きも広がっている。こうした取り組みを通して、最終的にはキラーコンテンツの登場を待つことになる。

 モバイルVRは今後も地道に裾野を広げていくと思われるが、ハイエンドVRの普及にはもう少し時間がかかりそうだ。

関連記事

好評連載

エネルギーフォーカス

一覧へ

緑の経済成長とエネルギー

[連載] エネルギーフォーカス

Energy Focus

[連載] エネルギーフォーカス

電力業界のイノベーション

[連載] エネルギーフォーカス

今後、10年後の電力業界の様相(2)

[連載] エネルギーフォーカス

発電単価から既存原発の経済性を考える

[連載] エネルギーフォーカス

日本は再生エネルギーで世界トップとなる決断を

テクノロジー潮流

一覧へ

科学技術開発とチームプレー

[連載] テクノロジー潮流

テクノロジー潮流

[連載] テクノロジー潮流

エボラ出血熱と情報セキュリティー

[連載] テクノロジー潮流

21世紀の日本のかたち 農電業と漁電業

[連載] テクノロジー潮流

工学システムの安全について

[連載] テクノロジー潮流

エネルギー移行と国民の価値観の変化

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

バーチャル空間で開催される会議や音楽ライブなどに、3Dアバターで参加できる画期的サービス「cluster」を生み出したのは、元引きこもりのオタク青年だった。エンタメの世界を大きく変える可能性を秘めたビジネスで注目を浴びる経営者、加藤直人氏の人物像と「cluster」の展望を探る。(取材・文=吉田浩)加藤直人・…

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年1月号
[特集]
平成の事件簿

  • ・[イトマン事件]闇勢力に銀行が食い荒らされた戦後最大の経済事件
  • ・[ダイエー、産業再生機構入り]一代で栄枯盛衰を体現した日本の流通王・中内 功の信念
  • ・[ライブドアショック]一大社会現象を起こしたホリエモンの功罪
  • ・[日本航空経営破綻]親方日の丸航空会社の破綻と再生の物語

[Special Interview]

 高橋和夫(東京急行電鉄社長)

 「100周年に向けて、オンリーワン企業の強みを磨き続ける」

[NEWS REPORT]

◆かつてのライバル対決 明暗分けたパナとソニー

◆経営陣に強い危機感 富士通が異例の構造改革断行

◆売上高1兆円が見えた ミネベアミツミがユーシンを統合

◆前門の貿易戦争、後門の技術革新 好決算でも喜べない自動車各社

[特集2]経営に生かすAI

 「人工知能は『お弟子さん』
日常生活が作品になるということ」
落合陽一(筑波大学准教授)

ページ上部へ戻る