マネジメント

古い慣習にとらわれない施策を次々に実行し、ネット証券会社の草分けとして業界に風穴を開けてきた松井道夫氏。その実績と業界に与えた影響の大きさについてはあらためて説明するまでもないだろうが、その言動から異端視もされてきた。独特の空気をまとう証券業界の風雲児の哲学に、神田昌典氏が迫る。構成=吉田 浩 Photo=森モーリー鷹博

雰囲気に押されて松井証券社長業を継ぐことに

201710KANDA_P02

まつい・みちお 1953年長野県生まれ、東京育ち。76年一橋大学経済学部卒業後、日本郵船に入社。87年義父の経営する松井証券に入社。取締役法人部長、常務取締役営業本部長などを経て95年社長に就任。いち早くネット証券事業に参入し、同社を大きく成長させた。

神田 そもそも松井社長は、先代社長の婿養子として松井証券に入社されましたが、結婚の段階で社長になることは決まっていたのでしょうか。

松井 全くそんなことはありません。玉の輿に乗ったと言われることもありますが、結婚当初は、務台(むたい)というのが私の旧姓でした。結婚してしばらくしてから継ぐという話になり、社長になったら「松井証券の務台です」と名乗るのも面倒臭かったので、松井姓を名乗ることにしたんです。

神田 面倒くさいとは意外な言葉ですね。

松井 社長になることにしたのも、面倒臭かったからです。私は日本郵船の社員でしたが、たまたま結婚相手が松井証券の二代目社長のひとり娘だった。先代からは一言も「継いでくれ」とは言われませんでしたが、義母と妻は暗にそんな雰囲気を出していました。誰もそれを言葉にしないけれど、雰囲気は伝わってくる。そんな状況が面倒くさくなって、私の方から「継がせてください」とお願いしたんです。すると、先代は「おやんなさい。でもつまんないよ」と。呆気にとられましたね。

神田 思わず笑ってしまいそうな言葉ですね。

松井 その「つまんない」の意味が分かったのは社長になってからです。当時の証券業界はいわゆる護送船団方式で、大蔵省(現財務省)の監督が非常に厳しかった。証券だけではなく、銀行も保険業も、金融はみんなそうでした。自由な経営なんてできない。そういう意味で「つまんないよ」だったんです。

神田 イメージとして持っていた社長業、経営の面白さはなかったということでしょうか。

松井 というよりも、日本郵船時代はただの平社員ですから、経営のことなんて分かっていなかった。先代の言葉の意味が理解できたのはある程度たってからでしたね。

神田 その「つまらない」と言われた仕事を、松井さんは変えていかれましたね。護送船団方式の時代が終わるとはいえ、それまで長年続いていた形を変えていくのは、大変だったと思うのですが。

松井 私が松井証券に入った直後が、バブルのピークでした。数年で株価が何倍にもなる。当時、野村証券は4年で2兆円の利益、破綻した山一証券だって1兆円弱の利益を出していました。当社も規模なりの利益は出ていましたが、バブルが弾けると軒並み赤字へ転落です。誰も経営をちゃんとしていないんだから、市場環境が変わればダメになって当たり前です。当社だって、そのままならダメになる。自分から「継がせてください」と言っていますから、ダメになっても誰も恨めない。このままだと自分がバカだったということになってしまうので、それは嫌だからできることをやるしかない。そう考えただけです。

神田 それが30代後半のことですよね。そこで外交営業をやめたり、ネットに進出したりと、当時としては誰も思い付かなかったことを実行されたわけですが、社員はついてきたんですか?

松井 社長になって実質25年以上たちますが、その中で一番大きな仕事は外交営業をやめたことだと思っています。ただ、さすがに外交営業をやっていた社員は、何人もお客さまを連れて辞めてしまいましたね。

神田 それでも外交営業をやめた理由は何でしょうか。

松井 外交営業なんて、お客さまは望んでいなかったからですよ。外交営業は大きなコストが掛かります。そのコストは手数料などの形で、結局お客さまが負担している。当時はまだ手数料は自由化されていませんでしたが、遅かれ早かれ自由化される。そうなるとコスト競争になる。コスト競争が行われる環境では、不要なコストを放置していると負けるんです。だから最大のコストであり、不要な外交営業をやめました。ただし、ただやめるのではなく、コールセンターを整備して、そちらで外交営業の役割を担えると分かってからやめました。

松井証券社長の考える無意味な誠意とは

201710KANDA_P03

神田 そうしたコスト意識というか、変化への対応力は、日本郵船時代の経験が影響しているのでしょうか。

松井 海運業界でも、私がいた頃に自由化がありました。私はオーストラリア航路を担当していたのですが、復航便の荷物はビール会社のモルトでした。日本郵船と同系列のビール会社もあったのですが、そこがなかなか荷を出してくれない。そこで話をしにいくと「誠意を見せろ」という。「誠意って何ですか?」と聞くと、新品のコンテナを使えと。そのためにわざわざコンテナを発注したんです。もちろん、コストは掛かります。それは、運賃で吸収しようというわけです。

 ところがそこに運賃の自由化がきて、一気に価格競争です。ビール会社も「運賃を下げろ」という。それでは新しいコンテナのコストが回収できないといっても通用しません。そこで気が付きました。競争というのは、あくまでもコスト競争なんだと。自由化されていなくて、コスト競争にならないから、全く意味がない新品のコンテナを誠意だと言われてしまう。コスト競争になったら、誰もそんなものは要りません。

 実は、外交営業を担当していた社員に話を聞いたことがあります。彼らは本来相場のプロです。しかし、プロであればあるほど、「相場はこう動きます」なんて言わない。「絶対」がないことをよく知っているからです。では、何を持ってお客さまに満足していただくのかというと、みんな「誠意です」と。日本郵船時代にも同じ言葉を聞いたなと思い、誠意しか売りがないならやめてしまおうと思ったんです。

神田 外交営業を全部やめることに関して、周囲に相談はされなかったのですか。

松井 先代には相談しました。証券業界で何十年も経営者としてやって来られた方ですから。ところが、相談すると「あなたがそれでいいと思うなら、おやんなさい。ただし、あなたの責任でね」と。これしか言わなかった。ある意味、すごいですよね。証券会社の社長業を「つまらない」と言いきった人です。そして「おやんなさい、自分の責任で」ですから。社長とは何か、社長は何をすべきかを見抜いていたんです。私自身、そこで反対されても自分の考えを変える気はなかった。もしもそこで反対されていたら、その場で会社を辞めていたでしょうね。

神田 「おやんなさい」とは深い言葉ですね。

松井 一度、妻に聞いたことがあるんです。私は義父に嫌われているんじゃないかと。すると妻は「そうじゃないと思う」と言うわけです。実の娘である妻から見ると、義父は基本的に真面目で温厚な人だけれど、時にとても冷たいと感じるそうです。冷酷というのではなく、物事を決めるとき、こうと決めたら完全に割りきってしまう。そういう怖さを感じるけれど、あなたは嫌われていないよと言うんです。「道夫君がバカだったら、私が何を言っても耳を貸さないだろう。利口だったら、私が何も言わなくても分かっているはずだ。だから何も言わない。彼がバカか利口かは分からないけどね」と言っていたと。ウィットに富んだ面白い人でしたが、こう言われたら身も蓋もありません。

先代から受け継いだリーダー論

201710KANDA_P01神田 日本郵船時代は社長の仕事のイメージはなく、先代からも特にアドバイスも受けていないということですが、社長業はこうあるべきだというようなことは、どのように学ばれたのですか。

松井 先代は1人で経営をして、1人で決めてきた人でした。私にも「あなたの責任でおやんなさい」ですから、社長というのは自分で決断して行動するものだと思っています。多数決で決める、相談して決めるというのでは、リーダーではない。バブル崩壊の前に、経済同友会で素晴らしい経営者の方々とお話をする機会がありました。その方々が「このままだと日本経済は落ちるところまで落ちる」とおっしゃっていた。その理由が、「民間企業が官僚化していくから」だと言うんです。官僚化とは「決断しない」「無謬性がある」ということです。無謬性、つまり自分は正しいと信じている。だから責任は取らない。でもそれを民間がやったらダメだと言うんです。

 なんと、その後の日本はその言葉通りになってしまった。大企業の経営者といっても、社長がいて、副社長や取締役がたくさんいて、取締役会やさまざまな会議で多数決で物事を決めていく。誰も決断していないから、誰も責任をとらない。最近はホールディングス体制の会社も増えていて、ますます責任の所在が不明瞭になっています。昨今の日本企業の不祥事の一因も、民間の官僚化にあると思いますよ。

松井証券社長が子ども時代に読みたかった数学の本と世界文学

神田 最後の質問ですが、松井さんが子ども時代の自分に一冊、本を送るとするなら、何をお送りになりますか。

松井 あまり本を読まない子どもだったんです。だから、もっと読んでおけば良かったなという意味で『数学おもちゃ箱』という古い本を読ませたい。叔父から贈られた本ですが、私はもらったまま読まなかった。高校時代にやっと開いてみて、「あぁ、小学生の時に読んでいたら、数学を嫌いにならなかったのに」と思いましたね。難しい数式や図形は載っていないんですが、数学の楽しさを教えてくれる本です。小学生時代の私に、「ちゃんと読んでおけ」と伝えたいですね。

(かんだ・まさのり) 経営コンサルタント、作家。1964年生まれ。上智大学外国語学部卒。ニューヨーク大学経済学修士、ペンシルバニア大学ウォートンスクール経営学修士。大学3年次に外交官試験合格、4年次より外務省経済部に勤務。戦略コンサルティング会社、米国家電メーカー日本代表を経て、98年、経営コンサルタントとして独立、作家デビュー。現在、ALMACREATIONS代表取締役、日本最大級の読書会「リード・フォー・アクション」の主宰など幅広く活動。

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件とダスキン事件に学ぶ 不祥事対応の原則

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

ブラック企業と労災認定

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

バーチャル空間で開催される会議や音楽ライブなどに、3Dアバターで参加できる画期的サービス「cluster」を生み出したのは、元引きこもりのオタク青年だった。エンタメの世界を大きく変える可能性を秘めたビジネスで注目を浴びる経営者、加藤直人氏の人物像と「cluster」の展望を探る。(取材・文=吉田浩)加藤直人・…

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年1月号
[特集]
平成の事件簿

  • ・[イトマン事件]闇勢力に銀行が食い荒らされた戦後最大の経済事件
  • ・[ダイエー、産業再生機構入り]一代で栄枯盛衰を体現した日本の流通王・中内 功の信念
  • ・[ライブドアショック]一大社会現象を起こしたホリエモンの功罪
  • ・[日本航空経営破綻]親方日の丸航空会社の破綻と再生の物語

[Special Interview]

 高橋和夫(東京急行電鉄社長)

 「100周年に向けて、オンリーワン企業の強みを磨き続ける」

[NEWS REPORT]

◆かつてのライバル対決 明暗分けたパナとソニー

◆経営陣に強い危機感 富士通が異例の構造改革断行

◆売上高1兆円が見えた ミネベアミツミがユーシンを統合

◆前門の貿易戦争、後門の技術革新 好決算でも喜べない自動車各社

[特集2]経営に生かすAI

 「人工知能は『お弟子さん』
日常生活が作品になるということ」
落合陽一(筑波大学准教授)

ページ上部へ戻る