文化・ライフ

子どものころから長年続いた母親との確執、結婚・離婚など、波乱万丈の人生を歩んできた、作家のいつかさん。自らの豊かな人生経験を元に、現在は幅広い層の男女の恋愛・結婚の指南役として活躍するいつかさんの半生と、その素顔に迫ります。

いつか氏が語る 女性が生きやすい時代にその上で求めたいもの

201711SANSAN_P01

いつか 東京都生まれ。著書は『わたし幸せじゃないの?』(経済界)、『ガラスの天井のひらきかた』ほか、恋愛・結婚のエッセーや自己啓発書、ビジネス書など電子書籍を含め50冊超、累計50万部を数える。世界50カ国以上に多彩な人脈を持つ。

佐藤 いつかさんとはもう10年以上のお付き合いになりますが、こうした場で、面と向かってゆっくりお話しするのは初めてですね。

いつか 緊張しますね(笑)。『ゼッタイ、必ず、大丈夫』『結婚できない10の習慣』に続き、『わたし幸せじゃないの?』を発行していただき、ありがとうございました。

佐藤 こちらこそありがとうございます。この本はいつかさんの半生を踏まえた女性の生き方について、膨大なデータを元に緻密に書かれていて、言葉一つ一つに重みを感じながら興味深く読ませていただきました。今は女性を取り巻く社会的環境が30年前とは大きく変わり、女性は生きやすく、働きやすくなりましたが、その環境に甘えてはいけない、まだ不十分なところもあるとも示唆しています。看護師の待遇の良さとその歴史的背景のところで触れられていましたね。

いつか 深く読んでいただきうれしいです。職場に女性が多い他の職業と比べて、看護師は、長い時間をかけて社会で闘ってきた歴史があります。職能団体や政治団体をつくり、政治家を輩出し、明確な問題意識を持って発言し、行動してきたから待遇がいい。2016年4月に女性活躍推進法が施行され、女性の環境は改善されました。でもそれに甘えて満足していてはいけないと思うんです。問題に対しては「間違っている」と主張し、自ら権利を勝ち取っていくという姿勢があって、初めて女性が活躍できる社会ができるのだと思います。

佐藤 仰るとおりですね。女性は与えられた社会を生きるのではなく、女性自らが切り開いていくという姿勢と覚悟が必要ですよね。

いつか氏の思い 波乱万丈な人生を経て今、女性に伝えたいこと

佐藤 いつかさんは子どものころからご両親のスパルタ教育を受けて育ち、親との確執もあったそうですが、そういう環境も人格形成に影響した部分はあるのでしょうか?

いつか 私は3人姉妹の長女です。最初の子だから余計に厳しいのもあったのでしょうが、育て方が妹たちとはまるで違っていました。「一番になるのが当たり前」と言われ続け、どこまで頑張ればいいんだろうと悩みました。転機となったのは、16歳のころ原宿の歩行者天国で、雑誌の読者モデルとしてスカウトされたことです。自分の稼いだお金で高校卒業とともに一人暮らしを始め、コピーライターの仕事をするようになりました。いろいろな方に助けていただき、今があります。佐藤社長は、有名な経営者のお父さまとの親子関係はいかがでした?

佐藤 私は4人兄弟の長女なので、親の生活が厳しい時期に産まれた私と、親が豊かになってから産まれた子どもたちとでは、子育ての仕方が違いました。でもそれは仕方のないことですよね。父親との関係は、周りからは、「有美ちゃんはお父さんにかわいがられて」と言われましたが、父親を恋人のように感じたことはありません。よく叱られましたし、怖い存在でしたよ。いつかさんの20代のころはいかがですか? 世界各国を旅されていたそうですが得たものはありましたか?

いつか 叔母がアメリカに住んでいたので、20歳でアメリカに渡り、そこで日本のシステムにとらわれていては駄目だと気づきました。日本では他人と同調するのが美徳だとされますが、アメリカでは自己主張し、他人の意見も尊重します。これまでに50カ国以上を訪れ、世界中の人々のモノの見方や考え方を知ることができたのは財産です。

佐藤 海外で学んだことで、日本社会に必要なことはありますか?

いつか これは本にも書きましたが、周囲に流されないこと、他人の視線に縛られないこと、自分を犠牲にしないこと、頑張り過ぎないこと、陰口を言わないことは今の日本社会に必要ですね。

201711SANSAN_P02佐藤 それらは裏返せば、日本人の弱点ともいえる特性であり、文化ですしね。その後、結婚・離婚を経験され、その経験を真正面から受け入れて、30代、40代と女性に向けて50冊以上の恋愛・結婚の本を書き続けてこられた。今回の本と新刊『ガラスの天井のひらきかた』は、これまでと比べてもう一段上の新しい価値観で書かれたフェミニズムのバイブルと呼べる内容です。

いつか 50代になってモノの見方がずいぶん変わったというか、自分自身の中で意識改革があったんです。例えば若いころは恋愛・結婚に執着していましたが、今は「ケ・セラ・セラ」と思うようになりました。その上で、女性であることを生かしてどう生きるか。それを2冊の本に込めました。

佐藤 波乱万丈な人生を経ているからこそ、今のいつかさんが在るのでしょうし、それが作家としての言葉に宿っているから、同じ女性にも、また男性にも、性別を越えて響くのだと思います。経験を受け入れるだけでなく、生かすことは大切なんですね。

似顔絵=佐藤有美 構成=大澤義幸 photo=佐藤元樹

 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

総合事業プロデューサーとして顧客と共に成長する―中尾賢一郎(グランドビジョン社長)

広告やマーケティング、ブランディングを事業プロデュースという大きな枠で捉え、事業が成功するまで顧客と並走する姿勢が支持されているグランドビジョン。経営者の思いを形にしていく力で、単なる広告代理店とは一線を画している。 中尾賢一郎・グランドビジョン社長プロフィール &nb…

中尾賢一郎(グランドビジョン社長)

人材戦略を経営の核に成長する駐車場ビジネスのプロ集団―清家政彦(セイワパーク社長)

「PCのかかりつけ医」として100年企業への基盤構築を進める―黒木英隆(メディエイター社長)

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

20歳で探検家グランドスラム達成した南谷真鈴さんの素顔

自らの手で未来をつかみ取る革新者たちは、自分の可能性をどう開花させてきたのか。今回インタビューしたのは、学生でありながら自力で資金を集め、世界最年少で探検家グランドスラムを制した南谷真鈴さんだ。文=唐島明子 Photo=山田朋和(『経済界』2020年1月号より転載)南谷真鈴さんプロフィール&nbs…

南谷真鈴

シリコンバレーへの挑戦が生んだ「起業家と投資家が待ち望んだサービス」― 戸村光・ハックジャパンCEO

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年1月号
[特集] 新しい街は懐かしい
  • ・「街の記憶」で未来をリノベーション
  • ・日本橋が「空を取り戻す」水辺と路地がつながる街へ
  • ・水辺はエンタメの宝庫だ 大阪が目指す観光客1300万人
  • ・街の誇りを取り戻せ 名古屋・堀川復活プロジェクト
  • ・なぜ水辺に都市が栄えるのか
  • ・2020以降は海と川がさらに面白くなる
  • ・「住む」と「働く」両方できるが求められている(たまプラーザ)
  • ・「土徳」が育む一流の田舎(南砺市)
  • ・音楽ファンが集う街づくり
[Special Interview]

 辻 慎吾(森ビル社長)

 東京が世界で勝ち抜くために必要なこと

[NEWS REPORT]

◆飛びたくても飛べないスペースジェットの未来

◆エンタメが街を彩る 地方創生に挑むポニーキャニオン

◆問題噴出のコンビニをドラッグストアが抜き去る日

◆始まった自動車世界再編 日本メーカーはどう動く?

[特集2]

 経済界福岡支局開設35周年記念企画

 拓く!九州 財界トップが語る2030年のかたち

ページ上部へ戻る