政治・経済

不正会計問題から始まった数々の不祥事で上場廃止寸前にまで追い込まれていた東芝が、6千億円にのぼる増資に成功、上場維持が確実となった。その代償は、「モノ言う株主」たちの登場だった。時には構造改革や経営陣の退陣を要求する株主たちに、東芝の経営陣はどう立ち向かうのか。文=経済ジャーナリスト/松崎隆司

東芝の6千億円の代償は60の新しい株主

201802TOSHIBA_P01

綱川智・東芝社長はモノ言う株主にどう立ち向かうのか

 債務超過に陥り経営再建中の東芝に光明が差した。12月5日、60の投資ファンドから6千億円(増資後の出資比率で35%程度)の出資が行われたからだ。

 東芝の2016年度の決算は米原子力メーカーのウェスチングハウス(WH)の破綻で9657億円の当期損失が発生し、5529億円の債務超過に陥った。

 この債務超過を解消するために東芝メモリの売却を決断、米投資ファンドのベインキャピタルが中心となって韓国の半導体メーカー、SKハイニックス、HOYAなどが参加する企業コンソーシアム「Pangea(パンゲア)」と株式譲渡契約を締結、計2兆円の資金を得るとことになった。

 しかし東芝メモリ売却を18年3月末までに実行できなければ東芝は2度目の債務超過に陥り、上場廃止となる。東芝と半導体事業で協業してきたウエスタンデジタル(WD)の子会社、サンディスクはこの売却に反対して国際仲裁裁判所に株式売却の差し止めを求めて仲裁の申し立てを行い、現在はまだ係争中だ。

 そのような中で今回の6千億円の増資の話が浮上、実施された。

 東芝はWHの親会社保証をしていたジョージア電力(21年1月までの分割払い)や、サウスカロライナ電力・ガスなど(22年9月までの分割払い)への計51億7800万ドル(17年12月時点)を分割で支払うことになっていたが、この6千億円を使って一括で返済(総額で5738億円)。為替変動リスクを回避する一方で求償権を確保、これを第三者に売却することによって損失を確定する。

 「これで税法上の損失が確定でき、東芝メモリ売却で発生する3400億円の税金が2400億円圧縮され1千億円となり、18年3月末には7500億円とみられていた債務超過を解消し、約900億円の黒字に転じることができます」(東芝広報担当者)

 こうした投資ファンドの出資が実行されたことで、仮に東芝メモリが18年3月末までに売却できなくても債務超過に陥る心配がなくなり、さらにWDとの係争も和解に向かいつつある。上場廃止という最悪の事態は避けられそうだ。

 しかしその一方で投資ファンドへの第三者割当増資は東芝の経営陣にとっては新たなる危機の到来にもつながる恐れがある。

東芝が増資を受けるのは企業を何度も追い込んだ村上ファンド出身者

 増資を受ける60社には村上ファンドの流れをくむ投資ファンドの「エフィッシモ・キャピタル・マネージメント」や、株式・債券・商品・金融派生商品などに分散投資し、高い運用収益を追求するヘッジファンドの「サード・ポイント」、「サーベラス・キャピタル・マネジメント」、「エリオット・マネジメント」など名だたる「アクティビスト(モノ言う株主)」が名前を連ねているからだ。

 アクティビストとは株式を一定程度取得した上で、その保有株式を裏づけとして、投資先企業の経営陣に積極的に提言をおこない、企業価値の向上を目指す投資家。経営陣との対話・交渉のほか、株主提案権の行使、会社提案議案の否決に向けた委任状勧誘等を行うことがある。

 東芝はこうしたアクティビストたちが投資していることをどう考えているのか。そこで東芝に聞いてみると「個別的なお話はできない」(同社広報担当者)として口を固く閉ざす。

 今回の60社の中で最も多い11.34%の東芝株を所有するエフィッシモ・キャピタル・マネージメントは、高坂卓志ら村上ファンドの若手出身者3人がシンガポールで06年6月に立ち上げたファンドだ。

 村上ファンド同様、コーポレートガバナンス(企業統治)で問題を抱える企業に投資し、公然と企業を批判し高値で株を買い戻してもらうという手法をとってきたファンドだ。

 中でも親子上場しているような企業をターゲットにしてきた。上場している親会社が支配権を維持したまま子会社を上場させる「親子上場」は日本特有のグループ経営戦略・資本政策として認識されてきた。ところが英米では敵対的買収や少数株主による訴訟のリスクから、子会社の上場は基本的に行われない。

 そんな日本特有の制度の矛盾をコーポレートガバナンスができないとして裁判などで追い詰めていくのがエフィッシモのやり方なのである。

 最初に大きな戦果を挙げたのがダイワボウ情報システムだ。06年に大量保有報告書で7.72%の株式取得が判明。その後親会社である老舗繊維メーカー、ダイワボウと「親子上場」していることを追及、08年10月24日、上場廃止に追い込みダイワボウに42.41%の株式を引き取とらせた。この時手にした売却益は70億円にも上っている。

 07年7月31日には新立川航空機の株を6.83%まで取得したことを表明。さらに買い進め、21.99%まで比率を上げ、一方で兄弟会社であった立飛企業の株式を17.48%まで取得した。

 この時エフィッシモが目を付けたのが両社の過度の持ち合い構造。立川企業はグループで新立川航空機の4分の1超の株を保有し、逆に新立川航空機は立飛企業の39.39%の株を保有していた。4分の1以上の株式を保有されている会社はその会社の株を保有していても議決権が行使できないと商法で規定されているにもかかわらず、この2つの会社はお互い議決権を行使してきた。そこを突かれて訴訟に持ち込まれ、10年10月に是正措置を受けて両社はMBOを実施して経営統合。エフィッシモは売却に成功、68億円の売却益を手にした。

 その後もテーオーシーやオービック、日産車体などにも裁判をつかった揺さぶりを仕掛けている。

 難敵はエフィッシモだけではない。米国の投資家、ダニエル・ローブ率いるサード・ポイントは経営陣に進退を迫る“物言う株主”だ。

 米国のヤフーの株を取得したサード・ポイントは12年、取締役の人選をめぐって会社側と対立した。膠着状態が続く中でCEOのスコット・トンプソンの学歴詐称疑惑を追及、辞任に追い込んだ。その上でダニエル自らが取締役に就任。その後サード・ポイントは新CEO就任にグーグル元役員のマリッサ・メイヤーを抜擢した。

 15年に経営不振に喘いでいたソニーに対して、業績の良かったエンターテインメント事業と業績悪化の原因となっていたエレクトロニクス事業の分離する提案を突き付けたのもサード・ポイントだ。

 16年にはセブン&アイ・ホールディングスで次期社長に鈴木敏文会長の息子が就任するとの観測をもとに、反対する意向を示した。この時、業績不振のイトーヨーカ堂の分離案なども提案、これが呼び水となって社内クーデターが起こり、それまでセブン&アイHDのカリスマとして君臨していた鈴木会長が退任に追い込まれた。

東芝再生の成否はモノ言う株主次第?

 サーベラスは「地獄の番犬ケルベロス」の英語読みだが、その名の通り、剛腕だ。

 共和党出身で米国の元副大統領、ダン・クエールとCEOのスティーブン・ファインバーグが1992年に設立、ブッシュ政権下の財務長官、ジョン・スノーが会長を務める米国を代表するファンドで、日本でも積極的に投資してきた。経営再建中だった西武ホールディングスとは06年2月に当初友好的な形で株を引き受けるが上場が遅れるのに業を煮やして経営陣を向こうに回してTOBをかけ、あわや経営権を取得するかといわれた。結果的には経営陣が守り切った。

 エリオットを率いるのは「共和党のキングメーカー」との異名をとるポール・シンガー。海外ではアルゼンチン、ギリシャ、コンゴ、ペルー政府との金融戦争などを制した剛腕だ。共和党の大物たちを背景に強力なロビイング活動や法廷闘争などで海外の政府さえもひれ伏させる力を持っている。

 韓国ではサムスン電子に対して30兆ウォンの特別配当や会社分割を要求。日立製作所のイタリア子会社で鉄道信号大手のアンサルドSTSの完全子会社化のためのTOBに抵抗。さらにKKRがTOBを仕掛けていた日立国際電気の株の買い増しも進めていることからその動きが注目されている。

 しかし“物言う株主”たちは単に短期的な利益を得るだけでなく、企業の中長期的な経営改革にも大きく貢献していることもある。そのため最近では企業の持続的な成長のために投資家と経営者との対話を求める「スチュワードシップ・コード」などが重要視されている。

 サード・ポイントとソニーの件では、ソニーは、サード・ポイントの提案を拒否したが、これをきっかけに大幅な事業再編が行われ、ソニーの業績は大きく改善した。サード・ポイントもピーク時には7%程度保有していたソニーの株を売却し、約20%程度の利益を取得したという。サーベラスにしても提示した経営改革案は西武HDの経営改善にも大きな役割を果たした。

 東芝の最大の問題は、自分たちでコーポレートガバナンス(企業統治)ができないということだ。まるで張り子のトラのようなもので、東芝のコーポレートガバナンスの見た目と実態は全く違う。

 1998年には執行役員制度、99年には社内カンパニー制度を導入、2003年には大手企業でもいち早く委員会等設置会社(現在は指名委員会等設置会社)に移行した。

 しかし実態は院政がはびこり、社長・会長の権力争いも勃発、経産省との関係も深い原子力部隊は暴走した。

 このように多くの問題を抱えていたにもかかわらず取締役おろか、監査役、社外取締役、そして監査法人までもが機能してこなかった。名門企業であるはずの東芝は、実は“裸の王様”だった。

 その結果、不正会計で巨額の損失とブランド毀損に加え、さらに原子力部隊の隠蔽と暴走がさらなる損失を生み、成長事業だった東芝メディカルシステムズや東芝メモリを売却することで穴埋めをせざるを得なくなったわけだ。

 東芝は今後、米国からのLNG輸入関連で数千億円の損失を計上する恐れもある。そんな東芝にとって“モノ言う株主”の監視は、再生に向けての最後のチャンスなのかもしれない。

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

永濱利廣

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

[連載] 深読み経済ニュース解説

日銀による追加緩和決定の影響は!?

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

ワンマンシリーズ(7)稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第19回)

ワンマンシリーズ(6)三和の法皇・渡辺忠雄〈3〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第18回)

ワンマンシリーズ(5) 三和の法皇・渡辺忠雄〈2〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

ワンマンシリーズ(4) 三和銀行の法皇・渡辺忠雄〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第16回)

ワンマンシリーズ(3)住友銀行に残る堀田の魂魄

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

「創造と変革」を掲げリーダー教育事業を展開しているグロービス。未来が予見しづらい混迷の時代を迎え、まさに新たな時代を切り拓いていくリーダーが求められている。そのような状況を受けて、グロービスは昨年、新たに執行役員以上に限定したエグゼクティブ向けのプログラム「知命社中」を開設した。[PR]次世代を担う経営リーダ…

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

「支持政党なし」をつくった男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

新社長登場

一覧へ

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

創業から95年、海外に進出してから50年以上たつ国際派企業の高砂香料工業。合成香料では日本最大手であり、国際的にも6%以上のシェアを持つ優良企業だ。100年弱の歴史を持つ高砂香料工業── まず御社の特徴をお聞かせください。桝村 1920年創業ですから、2020年に100周年を迎える香料の専門メーカーです。基本…

桝村 聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

コエンザイムQ10のCMで知名度向上、売上高1兆円を目指すカネカ--カネカ社長 角倉 護

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 教育部門と…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年9月号
[特集]
65歳からのハローワーク

  • ・総論 働く上で「年齢」は意味を持たなくなる
  • ・50歳からの15年間の準備が豊かなセカンドライフを保証する
  • ・エグゼクティブのセカンドキャリア最前線
  • ・企業のシニア活用(富士通、ネスレ日本、鹿島)
  • ・副業のすすめ 現役時代の副業は定年以降のパスポート
  • ・島耕作に見るシニアの今後の生き方 弘兼憲史

[Special Interview]

 赤坂祐二(日本航空社長)

 「中長距離LCC事業には挑戦する価値がある」

[NEWS REPORT]

◆社員の3分の1を異動したWOWOWの危機感

◆迷走か、それとも覚醒か B2Cの奇策に出るJDI

◆外国人労働者受け入れ解禁で どうなる日本の労働市場

[特集2]

 開幕まで1年!

 ラグビーワールドカップ2019

ページ上部へ戻る