マネジメント

小売店の化粧品コーナーのディスプレイ用品を制作するユタカ産業は、全社員30名の中小企業。新たな人事評価制度の導入により、曖昧だった人事評価基準が一新され、社員の受動的な勤務態度が徐々に変化。経営計画に貢献しようと行動する社員が増え、組織力のアップに結び付いた。新たな人事評価制度の導入と、その運営は簡単な道のりではない。ユタカ産業の人事評価制度が成功し、着実に業績アップに結び付いているその要因とは何だろうか。本連載では、人事評価制度改革によって業績を伸ばした中小企業の事例を紹介しながら、社員が育つ人事評価制度の仕組み化、設計について分析していく。

組織と個人の成長をもたらしたユタカ産業の人事評価制度とは

社長

野口俊家・ユタカ産業社長

 今回紹介するのは、百貨店やドラッグストアなどの化粧品コーナーのディスプレイ用品や、商品陳列什器を制作している株式会社ユタカ産業。社員30名中15名が女性、そのうち6名はワーキングマザーという女性が活躍している会社だ。

  ユタカ産業の二代目社長が2012年に事業承継の取り組みとして行ったのが人事評価制度の刷新だった。「経営計画と人事評価制度を連動させ、理念に沿って社員が育つための仕組みを作れば、事業承継がスムーズにできる」という考えから新たな人事評価制度の導入に踏み切った。

  経営計画を策定し、その実現のためのアクションプランを作成。給与体系も抜本的に見直し、リーダーによる育成面談を実施。会社のビジョンを共有した上で、社員一人ひとりの目標設定に落とし込んだ。

  新しい仕組みを導入後、社員の働く姿勢が大きく変わり、離職率も低下。以前は、計画的な目標を立てていなかったが、現在は、会社としての目標と社員一人ひとりの目標設定がなされ、目標の見える化が実現した。社員の成長、会社の業績アップにもつながっている。

 女性社員の活躍とユタカ産業の人事評価制度

 新制度導入後、変化したのは社員の仕事に取り組む姿勢だった。以前は明確な評価基準がなく、「子どもが生まれたから」という理由や、年齢で給与が決定されており、社員の成果を適切に評価する仕組みがなかった。

 成果を出していなくても、多額の給与を得ることが可能な状態だったため、大きな成果を上げようと自ら実行する社員は少なく、社長の言う通りに仕事をこなす社員がほとんどだった。組織全体のモチベーションが低く、社員のベクトルはバラバラの方向を向いていた。

 新たな人事評価制度の導入によって給与の仕組みが一新され、ぬるま湯に浸かっていた社員に徐々に意識の変化が見られた。会社のビジョンを達成しようと確実に取り組みを実行する社員が評価されるようになり、経営計画に貢献しようと積極的に関わる社員が増えたのだ。

 組織内の変化で特に大きかったのは、女性社員たちの活躍だった。2名の女性社員がそれぞれ部長、リーダーに昇格。評価基準が明確になったことで、社員一人ひとりのポジションが明確になり、なんとなくの評価では分からなかった部分が見えたことで、評価レベルが飛躍的にアップした社員もいた。

 経営計画とその実現のためのアクションプランの策定、それらの共有によって社員たちの目指す方向性が定まり、組織力も高まった。社員たちのベクトルが揃うことで部門をまたいだ連携もスムーズになり、チーム力を最大限に発揮することができるようになった。社員一丸となり、大きな数字の案件を実現することもできるようになったため、結果として会社の業績アップに結び付いた。

良質なコミュニケーションで社員の定着率が向上

発表会風景

発表会の様子

 経営理念の明確化は、社員の定着率の向上にもつながっている。制度導入前は、若手を雇用しても、2~3年で辞めるケースが多かったが、制度導入後に採用した社員の中で辞めた社員はいない。

  新制度では、3か月に一度、評価を行っている。そのため、リーダーや経営層とのコミュニケーションが増え、社員たちは、会社から何が求められているのか、会社が何を目指しているのか、そのために自分は何をすべきなのかを分かるようになった。会社と自分の将来像が明確になったことが社員の定着率の高さに結び付いたといえる。

 ユタカ産業のケースにおいて、人事評価制度運営で重要なことは、評価者による良質なコミュニケーションだったといえる。リーダーと社員、経営層と社員、経営層とリーダー、それぞれの間でのコミュニケーションが社員の成長、組織全体の成長を支えた。新たなリーダーの育成にも貢献し、さらなる組織力の強化に結び付いたのだ。

 経営理念を繰り返し伝えることによって、組織全体の軸ができ、個人の目標が明確になる。そのことは、個人の成長、引いては組織の成長につながる重要なファクターだ。成果に結びつく人事評価制度の運営は、良質なコミュニケーションなくては成り立たないといえる。

 

(やまもと・こうじ)日本人事経営研究室代表。1966年、福岡県飯塚市生まれ。日本で随一の経営計画と人事評価制度を連動させた人材育成の仕組みづくりコンサルタント。10年間を費やし、1,000社以上の経営計画と人事制度を研究。双方を連動させた人材育成の仕組みを日本で初めて開発、独自の運用理論を確立した。 導入先では経営者と社員共に満足度が極めて高いコンサルティングを実現。その圧倒的な運用実績を頼りに全国各地からオファーが殺到。地元福岡で2001年に創業、2013年には東京に本社を移転し、全国的にもめずらしい経営計画と人事評価制度を連動させた人材育成の仕組みづくりコンサルタントとしてオンリーワンの地位を築く。業界平均3倍超の生産性を誇る自社組織は、創業以来、増収を果たす。著書に『3ステップでできる!小さな会社の人を育てる人事評価制度のつくり方』(あさ出版)「小さな会社は経営計画で人を育てなさい!』(あさ出版)「なぜか女性が辞めない小さな会社の人事評価の仕組み」(日経BP社)などがある。発行累計10万部を突破し、多くの経営者から注目を集めている。

筆者の記事一覧はこちら

 

【マネジメント】の記事一覧はこちら

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件とダスキン事件に学ぶ 不祥事対応の原則

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

ブラック企業と労災認定

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

総合事業プロデューサーとして顧客と共に成長する―中尾賢一郎(グランドビジョン社長)

広告やマーケティング、ブランディングを事業プロデュースという大きな枠で捉え、事業が成功するまで顧客と並走する姿勢が支持されているグランドビジョン。経営者の思いを形にしていく力で、単なる広告代理店とは一線を画している。 中尾賢一郎・グランドビジョン社長プロフィール &nb…

中尾賢一郎(グランドビジョン社長)

人材戦略を経営の核に成長する駐車場ビジネスのプロ集団―清家政彦(セイワパーク社長)

「PCのかかりつけ医」として100年企業への基盤構築を進める―黒木英隆(メディエイター社長)

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

20歳で探検家グランドスラム達成した南谷真鈴さんの素顔

自らの手で未来をつかみ取る革新者たちは、自分の可能性をどう開花させてきたのか。今回インタビューしたのは、学生でありながら自力で資金を集め、世界最年少で探検家グランドスラムを制した南谷真鈴さんだ。文=唐島明子 Photo=山田朋和(『経済界』2020年1月号より転載)南谷真鈴さんプロフィール&nbs…

南谷真鈴

シリコンバレーへの挑戦が生んだ「起業家と投資家が待ち望んだサービス」― 戸村光・ハックジャパンCEO

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年1月号
[特集] 新しい街は懐かしい
  • ・「街の記憶」で未来をリノベーション
  • ・日本橋が「空を取り戻す」水辺と路地がつながる街へ
  • ・水辺はエンタメの宝庫だ 大阪が目指す観光客1300万人
  • ・街の誇りを取り戻せ 名古屋・堀川復活プロジェクト
  • ・なぜ水辺に都市が栄えるのか
  • ・2020以降は海と川がさらに面白くなる
  • ・「住む」と「働く」両方できるが求められている(たまプラーザ)
  • ・「土徳」が育む一流の田舎(南砺市)
  • ・音楽ファンが集う街づくり
[Special Interview]

 辻 慎吾(森ビル社長)

 東京が世界で勝ち抜くために必要なこと

[NEWS REPORT]

◆飛びたくても飛べないスペースジェットの未来

◆エンタメが街を彩る 地方創生に挑むポニーキャニオン

◆問題噴出のコンビニをドラッグストアが抜き去る日

◆始まった自動車世界再編 日本メーカーはどう動く?

[特集2]

 経済界福岡支局開設35周年記念企画

 拓く!九州 財界トップが語る2030年のかたち

ページ上部へ戻る