マネジメント

最近、企業における新たな職種として注目されるようになった「エヴァンジェリスト」。従来の広報業務との違いや、求められる行動、資質とはどのようなものだろうか。ikunoPR代表の笹木郁乃氏に聞いた。

(ささき・いくの)1983年生まれ、宮城県出身。山形大学工学部機械システム工学科を首席で卒業しアイシン精機に入社。エンジニアとして勤務した後、エアウィーヴに転職しPR・営業・マーケティング業務に従事、売上高を飛躍的に伸ばす。その後転職した愛知ドビーでも自ら構築したPR戦略で人気商品を育て上げる。現在は独立し、PR塾の主宰、メディアとのアカデミー設立、企業や団体のPRプロデュースなどに力を入れる

 

エヴァンジェリストとはどんな存在か

 「エヴァンジェリスト」という言葉を聞いたことがあるだろうか。もともとはキリスト教における「伝道者」の意味で、人々に教義を正しく理解してもらい、世の中に普及させる役割を担う。

 そのエヴァンジェリストという言葉が、IT業界などを中心に、新たな職種として認知されだしたのは最近のことだ。複雑化するIT環境や最新テクノロジーなどを顧客に分かり易く解説し、啓蒙する存在として存在感が高まった。

 今では業界を問わず、自社製品や企業価値について、質の高い情報発信ができる専門家のことを指すようになっている。企業の情報発信という意味で思い浮かぶのは広報・宣伝業務だが、エヴァンジェリストになるためには、従来の広報業務の枠を超えた発想と行動が求められる。

 それを実践し、現在は世の中により多くのエヴァンジェリストを輩出するために活動しているのが、ikunoPR代表の笹木郁乃氏だ。

 笹木氏はトヨタ系の大企業に研究開発職として入社。エンジニアとして業務に従事するも、やり甲斐を求めて当時まだ起業したばかりの寝具メーカー、エアウィーヴに営業・マーケティング・PR担当として転職した。

 最初は、代理店に頼んでプレスリリースを作ってもらいメディアに流していたが、全く効果がなかったという。小さな会社の貴重な予算を浪費することに苦しむ時期が続いた。笹木氏は当時をこう振り返る。

 「宣伝色の強いプレスリリースを作って、一方的にメディアに配信しても、ほぼ意味がないことが分かりました。そこで、エアウィーヴの都合で新商品をPRすることはせず、できるだけ“価値のある情報”にアレンジしてお伝えするようにしました。毎回、紙芝居風のプレゼン資料をつくり、熱量を加えて直接価値のある情報としてメディアにお伝えするようにしたんです。すると、まだ知名度のなかったエアウィーヴでも少しずつ掲載が増えていきました」

 成功した秘訣は、「一件ずつメディアに通うことで、『PRの人』から、『笹木郁乃さん』という存在になったこと」と語る笹木氏。その後は仕事が格段にし易くなり、エアウィーヴの記者発表会には、常にメディアが200人以上集まるようになった。メディア担当者との信頼関係を深め、「笹木郁乃さんが言うんだったら、行くよ」と言われる関係を築いたことが効いたという。

 笹木氏は、メディアの立場で物事を考えることも意識していた。

 「メディアの方々も、エアウィーヴの宣伝をしたいわけではありません。こちらからは、世の中の役に立つ情報、面白い現象、感動するストーリーなどを提供できるよう心掛けました」

 こうしたPR手法によって、エアウィーヴの年商は5年間で1億円から120億円へと急成長を遂げた。

広報PRとエヴァンジェリストとの違いとは

 笹木氏が実践したようなやり方は、SNSを始め情報ツールが多様化してきた現在では、さらに効果を発揮する。情報が氾濫する中、信頼できる人物からの「口コミ」や、「共感」を重視する傾向が消費者に強まっているからだ。

 「企業がSNSを使う場合でも、共感してもらえるように“人物”を出すこと。広報担当者自らがインフルエンサーになることによって、メディアの方にも会う価値を感じてもらえるようになります」

 メディアに注目され、消費者にも直接訴えかけられる力を持つところが、単なる広報活動とエヴァンジェリストの違いだ。エヴァンジェリストに必要な資質について、笹木氏はこう語る。

 「自己開示が得意な方、自分が関わっている事業に対して情熱がある方、人が好きな人、感謝できる人、でしょうか。多くの方を巻き込んでいくことになりますので、エネルギー量が大きいことも条件ですね。あとは、SNSの活用の仕方、メディアとの接触の仕方、プレゼンテーションなどのノウハウ的なところを学べば、誰でも必ずエヴァンジェリストになれると思っています」

 企業広報も「個」の力が問われる時代になっている。

 

kouza_03女性エヴァンジェリスト養成アカデミアのご案内

開催期間:2018年4月12日、5月10日、6月7日、6月28日(計4回コース)

講師:西脇哲資(日本マイクロソフト株式会社 業務執行役員・エバンジェリスト)、上村嗣美(株式会社サイバーエージェント 全社広報室 シニアマネージャー兼広報責任者)、菅本 裕子(モテクリエイター)他

最新情報はこちらから

 

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件に学ぶ 不祥事対応のプリンシプル

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

「ブラック企業」という評価の考察

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

「創造と変革」を掲げリーダー教育事業を展開しているグロービス。未来が予見しづらい混迷の時代を迎え、まさに新たな時代を切り拓いていくリーダーが求められている。そのような状況を受けて、グロービスは昨年、新たに執行役員以上に限定したエグゼクティブ向けのプログラム「知命社中」を開設した。[PR]次世代を担う経営リーダ…

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

「支持政党なし」をつくった男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

新社長登場

一覧へ

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

会員制ホテルなどを展開するリゾートトラストは4月1日付でトップが交代し、創業者の1人である伊藤與朗会長は代表取締役ファウンダーグループCEOに就いた。共同創業者の伊藤勝康社長は代表取締役会長CEOとなった。伏見有貴副社長は代表取締役社長COOとなり、創業45年で初めて代表取締役3人体制となった。聞き手=榎本正…

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年12月号
[特集]
平成 ランキングで振り返る“時代”の経営者

  • ・バブル破裂で顔ぶれ一新 平成人気経営者の系譜
  • ・次の時代を創るリーダーとは?

[Special Interview]

 榊原定征(2025日本万国博覧会誘致委員会会長)

 「誘致決定まで1カ月 大阪万博を日本経済の起爆剤に」

[NEWS REPORT]

◆コンビニ軽減税率適用で激化する「外食VS中食」の戦い

◆「液晶のシャープ」が有機ELスマホを発売 初の国産パネルで攻勢をかける

◆「世界一高い」と認定された日本の携帯料金のこれから

◆チャネル政策を見直すトヨタ自動車の危機感

[特集2]

 北海道・新時代の幕開け

ページ上部へ戻る