マネジメント

東京・港区芝のオフィス街の一角の小さなビルで酒造りを行っているのが、東京港醸造だ。ルーツは江戸時代に創業した酒蔵で、一度廃業した後、100年の時を経て再興した。ミニブリュワリーの特徴や、都心ならではの仕掛けを駆使し、歴史的背景も相まって、「東京の酒」としての存在感を高めている。

 

東京港醸造は100年ぶりに酒蔵を再興した23区唯一の酒造

 

 東京港醸造の母体である若松屋は1812年創業で造り酒屋を営み、薩摩藩の御用商人として栄えていた。しかし1911年に酒造りを廃業し、現在は雑貨小売業が主体となっている。2011年に7代目当主である齊藤俊一氏が約100年ぶりに酒造りを復活させ、現在は東京23区で唯一の酒蔵となっている。

 始まりは今から15年前、齊藤氏が地元商店街の連合会役員に就任し、地域の活性化を考えるようになったこと。そして、地方を視察に行った際、酒蔵が地域の要となる存在であると感じたという。酒蔵は地域での信用が高いことや、観光拠点にもなっており、さらに地域の土産物屋には地酒が並ぶ。酒蔵を興すことが地域の活性化につながるのではないかと考えた。また、かつては家業が酒造りだったことからも、酒蔵を復活させたいと思うようになった。

 当時は清酒の販売数量が落ち、酒造りの事業性が疑問視されていた。齊藤氏自身、調べれば調べるほど酒造りは無理だと思ったという。また、都心でのミニブリュワリーの酒造りの価値をいかに見いだすかも思案していた。

 大きく前進するきっかけは、杜氏の寺澤善実氏との出会いだった。京都の大手酒造メーカーが2000年4月、港区台場のショッピングセンター内に飲食店に併設する実験的な醸造所を設けたが、寺澤氏はその担当として、ミニブリュワリーでの小規模な酒造りのノウハウを高めていった。その後、醸造所は閉鎖され、寺澤氏が齊藤氏の酒造りに加わることになった。

 とはいえ、酒造りを再開しようにも、100年前に廃業していたため、齊藤氏は酒造免許を取得することから始めなければならなかった。最初は税務署から門前払いの扱いだったが、約2年がかりで新規で取得しやすい「その他の醸造酒(どぶろく)」と「リキュール酒」の免許を取得。11年に東京港醸造を開業し、どぶろくとリキュール酒の製造・販売を始めた。

 しかし齊藤氏と寺澤氏の清酒への思いは強く、清酒の免許取得に取り組む。そもそも清酒の新規免許は発行しない流れになっており、非常に困難を極めたが、16年7月にようやく清酒免許を取得した。

 

東京港醸造の酒造りは都心ならではのミニブリュワリー

 

純米吟醸原酒 江戸開城

 東京港醸造の酒造りはもともと齊藤氏が所有していた敷地22坪の4階建てビルを改築して行っている。4階は麹室で、1~3階は十数基のタンクをはじめとする設備が所狭しと並び、上階から下階へと工程が流れる仕組みになっている。なお、1階の一部には販売所も併設している。

 大手酒造メーカーは3千~5千リットルのタンクで大規模に造り、多くが1年分を冬の間に造る寒仕込みの手法を取っている。これに対し、東京港醸造は、500リットルの小さなタンクで仕込み、月にタンク4本分、2千リットルの生産体制。年間通して製造する四季醸造を行うため、各階は常に13~14度の室温を保っている。

 ただし東京港醸造は貯蔵スペースがあまり取れないため、商品がなくなれば造るという体制。現在は造れば売れる状況で、製造が追いついていないという。

 一部で朝搾りを行っており、新鮮な生酒の需要にも対応する。朝搾った酒が、夕方には近隣繁華街の飲食店で飲める体制を取っており、都心の酒蔵ならではの地の利を生かした仕組みで、流通と回転を高めている。供給不足を補うため、現在の月2千リットルから月2500リットルへ生産体制を増強する。

 東京の酒ということで、仕込み水には水道水を使っている。東京都の高度浄水処理をした水道水は中軟水で、京都の伏見の水に近い性質で酒造適性が高いという。また、現在の東京の水道水は、鉄分やマンガンといった清酒に不適切な化学物質は一切入っていない。微量の塩素は入っているが、約1カ月間発酵させる間に塩素は消えるという。伏見の水は甘口に振れる酒ができる。主力の純米吟醸原酒は「江戸開城」というブランドで展開しているが、仕込み水の特性から甘口の酒と評価されることが多いという。

 

東京の香りがする自然体の酒

 

 齊藤氏は次のように語る。

齊藤俊一・東京港醸造代表

 「お客さまには、東京の香りがするとよく言われます。お酒の質は、大吟醸のようにプンプンするようなお酒ではなく、自然体のお酒になっています。和食を食べながらでも邪魔しない酒だと言われており、寺澤杜氏もそれを望んで造っています」

 純米吟醸原酒「江戸開城 山田錦」は、17年度の東京国税局酒類鑑評会で清酒純米燗酒部門の優等賞を受賞している。

 齊藤氏によると、酒蔵が淘汰されていく中、おいしい酒ならば売れるというわけではなく、消費者は酒が醸し出すその地域のストーリーに関心を持つ傾向があるという。

 その点で、東京港醸造は幕末に若松屋が薩摩藩の御用商人だったという歴史的背景がある。西郷隆盛や勝海舟が通っていたといわれ、飲み代代わりに彼らがしたためた書が残っている。また、若松屋は奥座敷が密談に使用されており、諸説ある江戸城無血開城の会談場所の候補にも挙がっている。そうした歴史が、「江戸開城」のブランドには込められている。

 ちょうど明治150年を迎えた現在、こうした歴史的な経緯を経て、都心によみがえった酒蔵としての存在そのものが、東京港醸造と「江戸開城」の強みとなっている。

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件に学ぶ 不祥事対応のプリンシプル

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

「ブラック企業」という評価の考察

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

「創造と変革」を掲げリーダー教育事業を展開しているグロービス。未来が予見しづらい混迷の時代を迎え、まさに新たな時代を切り拓いていくリーダーが求められている。そのような状況を受けて、グロービスは昨年、新たに執行役員以上に限定したエグゼクティブ向けのプログラム「知命社中」を開設した。[PR]次世代を担う経営リーダ…

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

「支持政党なし」をつくった男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

新社長登場

一覧へ

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

リーマンショック後の2010年にスタートした柳前社長時代は大幅な合理化や新興国戦略を推進。経営改革に道をつけ、17年度は過去最高益を更新した。日髙新社長は、事業企画・経営企画や2輪事業の経験と豊富な海外経験を買われてバトンを受けた。売上高の約9割を海外が占めるヤマハ発動機のトップとして、改革路線を継続しつつ成…

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年11月号
[特集]
大丈夫? 御社の危機管理

  • ・サイバーセキュリティ後進国日本の個人情報流出事件簿
  • ・「リアル」「バーチャル」双方で企業を守るセコムとアルソック
  • ・南海トラフ地震、首都直下型地震は、今そこにある危機
  • ・「いつ来るか分からない」では済まされない──中小企業の事業継続計画
  • ・黒部市に本社機能の一部を移転したBCPともう一つの狙い(YKKグループ)
  • ・高まる危機管理広報の重要性 平時の対応がカギを握る

[Special Interview]

 大谷裕明(YKK社長)

 「企業の姿勢や行動が危機対策以上の備えになる」

[NEWS REPORT]

◆胆振東部地震で分かった観光立国ニッポンの課題

◆M&Aでさらなる成長を期すルネサスの勢いは本物か

◆トヨタは2割増、スズキは撤退 中国自動車市場の明暗

◆このままでは2月に資金ショート 崖っぷち大塚家具「再生のシナリオ」

[特集2]

 利益を伸ばす健康経営

ページ上部へ戻る