文化・ライフ

ゲストは、能楽囃子大倉流大鼓の家に生まれ能楽師として世界を舞台に活躍する大倉正之助さん。「伝統芸能の鼓を、時空を超える新しい表現で現代の人に届けたい。それが私の役目」と話します。たそがれ時の東京・代々木能舞台で、素晴らしい鼓の演奏とお話を堪能しました。

大倉正之助氏プロフィール

大倉正之助(能楽師 囃子方大倉流大鼓)

(おおくら・しょうのすけ)重要無形文化財総合認定保持者。能楽師。囃子方大倉流大鼓。1955年生まれ。能楽囃子大倉流大鼓、小鼓の家に生まれ、厳しい稽古を受け9歳で初舞台。世界各国の首脳・VIP来日時や海外での公演も多い。

 

古代と現代を結ぶ架け橋となって鼓を打つ

 

佐藤 本日は安倍晋三首相の訪中に伴い開催される日中文化交流展に参加前のお忙しいところ、ありがとうございます(編集部註:取材日は日中平和友好条約締結40周年に際し、李克強首相、習近平国家主席との首脳会談を控える安倍首相の訪中前日。大倉氏も演奏のため同伴)。取材用にこんなに素敵な場所までご用意いただいて。東京の街中に能舞台があることに驚きました。

大倉 ここ代々木能舞台の敷舞台は1933年、本舞台は50年に国の文化財にも認定されているんですよ。

佐藤 そんな由緒正しい場所で、先ほどは素晴らしい鼓の演奏を聴かせていただき、夕空に響き渡る澄んだ音色に感動しました。それと、演奏前に鼓を組み立てるところを初めて見ました。鼓は最初から鼓の形であるわけではなく、大倉さんご自身が組み立てていたんですね。

大倉 毎回組み立てています。馬の革、桜の木、麻の紐など、一つ一つの素材は日本古来の神聖なものです。特に鼓胴は蒔絵が施され本日使用した御道具は、安土桃山時代のものです。麻の紐はねじりながら編み込んでおり、鼓を見た人が、「螺旋状の遺伝子の構造みたいですね」と言っていました。

佐藤 鼓は神々の楽器、それも分かる気がします。そう言えば、大倉先生と久々に再会したのも、熊野三山の奥の宮の玉置神社でしたね。私は初めての参拝でしたが、神楽殿から鼓の音色が聴こえてきて、大倉先生の演奏だったので、その邂逅にびっくりしました。

大倉 波長が合うのか、地球上のあの一点でお会いできたのだから不思議なものですよね。

 

大倉正之助氏がバイクや自然を愛する理由

 

佐藤 熊野三山にはよく行かれるんですか?

大倉 招待されて演奏にも行きますし、毎年5月の連休はバイクで熊野詣で仲間たちとツーリングをしたり、ドライブしたりもしますよ。

佐藤 バイクは大倉先生のご趣味ですしね。若い頃は走り屋だったとも聞きました(笑)。

大倉 若い頃はそうですね(笑)。バイクは趣味というよりもライフスタイルです。車の運転も好きですが、バイクで走るのはもっと好きです。世界各地をライダー仲間たちと共に走ったりします。大自然の中、雨風を受け風の冷たさ、日差しの強さなどを五感で感じることで、感性が刺激され研ぎ澄まされるような気がします。

佐藤 大倉先生の演奏に心を奪われるのは、その独特の感性や魂が伝わってくるからですよね。

大倉 鼓をはじめ伝統芸能は、戦国の武将たちが嗜んでいたものです。それを現代でも楽しめるよう、私は昔と今を結ぶ架け橋として活動しています。バイクや自然が好きなのは、古代から続く息遣いを全身で感じられるのもありますね。

 

大倉正之助氏が能楽師として生きる価値を見つけた経験とは

 

大倉正之助、佐藤有美

大倉正之助氏と佐藤有美・経済界社長

 

佐藤 代々能楽師の家系に生まれ、生き方を運命づけられた環境だったかと思います。鼓には子どもの頃からすぐに興味を持てたのですか? プレッシャーはありましたか?

大倉 プレッシャーはありましたね。他所の家にはない敷居の高さも感じましたし、伝統芸能としての鼓の奥深さにおののきました。でも、10代の終わりに、自然農法に関わる機会に恵まれ、そこであらためて鼓に真剣に向き合おうと自然に思えた。ずっと家にいたら、閉塞感で嫌になってやめていたでしょうね。

佐藤 10代の時に鼓の世界とは全く違う自然農法の世界に飛び込まれたのですね。きっかけは何だったのですか?

大倉 野菜のおいしさに感動したんです。最初は自然農園にて修業し、その後伊豆の山に小屋を建ててそこで寝泊まりしながら自然農法に励みました。当時、同年代の仲間たちと、家業を継ぐ、継がない等の相談を聞くうちに、自分に与えられた能楽師の道やその価値について再認識したのです。こんな不肖の息子でも、鼓の家に生まれる縁があったわけですし。私ができることは、いにしえの価値ある鼓を現代に見合った新しい形で届けることだと思ったんです。

佐藤 外の世界での良い経験、良い仲間たちの影響もあって人生を決めたわけですね。今はお弟子さんたちに技術伝承されていると思いますが、次世代を担う若者たちに教育や啓蒙などもされているのでしょうか。

大倉 経済と文化の融合を目指し、日本古来から伝承文化に触れるようなことを通して、世界に貢献できる人材づくりを目指す、新しい日本文化の教育プロジェクトを立ち上げたいと思案しています。2017年現在、全国の小学校約2万校、生徒数は約600万人以上、中学校は1万校、生徒数は約300万人に対し働きかけていきたいと思います。

似顔絵=佐藤有美 構成=大澤義幸 photo=佐藤元樹

 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

社員17人で41億円を売り上げた社長が語る「中国で越境ECを成功させる秘訣」―栖原徹(ピルボックスジャパン社長)

今や米国と並び、世界最大級の消費市場となった中国。その中国で爆発的なヒットを飛ばしているのが健康食品・サプリメントなどの越境ECで展開するピルボックスジャパンだ。同社を率いる栖原徹社長に、中国市場で成功するための秘訣を聞いた。(取材・文=吉田浩) 栖原徹・ピルボックスジャパン社長プロフィール…

栖原徹・ピルボックスジャパン社長

意思決定の効率化を実現しデータ活用に革命を起こす―インティメート・マージャー

総合事業プロデューサーとして顧客と共に成長する―中尾賢一郎(グランドビジョン社長)

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

勉強ノウハウと法律知識で企業の「働き方改革」を促進する―鬼頭政人(サイトビジット社長)

入学試験や資格取得のための勉強法については、さまざまなハウツーコンテンツが世にあふれている。そんな中、独自の学習理論で注目されているのが、サイトビジット社長の鬼頭政人氏。勉強法という個人的な問題を解決するためのサービスを、「働き方改革」を推進する法人向けにも展開している。(取材・文=吉田浩) …

鬼頭政人(サイトビジット社長)

アスリートのセカンドキャリア問題に真正面から取り組む―中田仁之(一般社団法人S.E.A代表理事)

20歳で探検家グランドスラム達成した南谷真鈴さんの素顔

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年2月号
[第45回経済界大賞]
  • ・[大賞]新浪剛史(サントリーホールディングス社長)
  • ・[特別賞]小林喜光(三菱ケミカルホールディングス会長)
  • ・[優秀経営者賞]水田正道(パーソルホールディングス社長CEO)
  • ・[優秀経営者賞]青野慶久(サイボウズ社長)
  • ・[ベンチャー経営者賞]及川智正(農業総合研究所会長CEO)
  • ・[ベンチャー経営者賞]山本正喜(ChatworkCEO兼CTO)
  • ・[グローバル賞]ハロルド・ジョージ・メイ(新日本プロレスリング社長兼CEO)
  • ・[100年企業賞]高松建設(高松孝年社長)
[Special Interview]

 新浪剛史(サントリーホールディングス社長)

 創業精神の共有から始めた米ビーム社との統合作業

[NEWS REPORT]

◆海外メーカーを次々と買収 キリンがクラフトにこだわる理由

◆売上高は前期比3割増 止まらぬワークマンの快進撃

◆第3の都市はどこに? 「スタートアップ拠点」争奪戦

◆寿司屋の大将は3Dプリンター? 電通が画策する未来の飲食

[特集]

 もっと眠りたい

 明日のパフォーマンスを劇的に高める

 一流の睡眠術

ページ上部へ戻る