政治・経済

半導体製造装置業界大手の米アプライドマテリアルズ(AMAT)と東京エレクトロン(TEL)が統合し、強者連合に踏み切った。しかし実態はAMATによるTELの買収であり、製造装置メーカーが置かれた厳しい現実を物語っている。 (本誌/村田晋一郎)

半導体製造装置業界が抱える構造的苦境

 半導体製造装置業界においては、「激震」という言葉がピッタリくる衝撃の発表だった。

 半導体製造装置メーカーの売上高世界1位の米アプライドマテリアルズ(AMAT)と同3位の東京エレクトロン(TEL)が2014年後半をめどに経営統合することになった。

 両社は共に半導体の製造装置市場でトップを争うライバル企業。1990年代初頭に売上高世界1位を誇ったTELからトップの座を奪ったのがAMATで、一昨年を除き92年以来、AMATは1位の座に君臨している。両社の製品分野は重複しない分野もあるが、競合する分野ではガチンコの勝負を繰り広げてきた。両社の統合は自動車業界で例えるとトヨタ自動車と米ゼネラル・モーターズが統合するようなもの。しかも主導権が外国メーカー側にあり、日本トップのメーカーが世界トップのメーカーに買収される形となるだけに、日本の業界関係者の想いは複雑だ。

 両社の統合で世界シェア25%超の巨大企業が誕生することになるが、世界1位と3位の会社がなぜ一緒にならなければいけないのか。しかもこの統合を最初に持ち掛けたのは1位のAMAT側だという。

 用途の拡大などで半導体市場が成長を続ける一方で、半導体を製造する装置の市場は、00年のピークをいまだ越えられずにいる。その背景には業界の構造的な問題がある。近年のグローバル競争の激化に伴い半導体メーカーの淘汰が進んでいる上、巨額の投資を必要する製造部門を切り離し、製造をファンドリー(製造受託企業)に委託するメーカーが増加。つまり製造装置メーカーにとっては顧客が減少する事態となっている。

 また、高機能な半導体を作るために製造装置も高機能化が求められ、製造装置メーカーの開発費は高騰している。顧客の数が減っている現状では、高騰する開発費の回収が難しくなり、製造装置メーカーの収益構造を悪化させることになる。

 こうした状況から、製造装置メーカーは危機感を募らせている。今回の統合では、規模を追求すると同時に、増大する開発費の負担を低減したいという思いがある。AMATとしては、打つべき手は打っておくという構えで、強者連合に至った。

TELが統合に踏み切る事情

 今回の経営統合で両社は、「対等な統合」をアピールしているが、そう見る向きは少ない。

 統合は三角合弁の形を取る。オランダに統合持ち株会社を法人登記し、その下に事業会社としてTELとAMATがそれぞれぶら下がる形態。TEL本社の東京と、AMAT本社の米サンタクララの両本社体制を取る。統合会社の株の保有内訳は、AMATの株主が68%、TELの株主が32%。取締役会はAMAT側、TEL側がともに5人ずつで、中立の立場1人の全11人で構成し、その意味では「対等」かもしれない。

 しかし会長にはTEL会長兼社長の東哲郎氏が就くものの、CEOにはAMAT CEOのゲイリー・ディッカーソン氏が、さらにCFOにはAMAT CFOのボブ・ハリディ氏が就任する。CEOとCFOをAMAT側が抑えることになり、実態はAMATがTELを買収すると言える。東氏は現在64歳。統合会社が本格的に動き始める頃には勇退していてもおかしくないため、TEL側がどこまでイニシアチブを握れるか微妙だ。

 では、TELはなぜ買収に応じたのか。

 業界関係者からは「今回の統合は東氏だからこそ成立した」という声が聞こえてくる。東氏はディッカーソン氏と30年来の付き合いで、両者の個人的な関係によるところが大きいという。そしてTELでは4月に竹中博史氏が健康上の理由で社長を退任し、会長の東氏が社長およびCEOを兼務。AMATでは9月に前任のマイケル・スプリンター氏に代わってディッカーソン氏がCEOに就任した。統合の話が最初に持ち上がったのは昨年末で当初は進展しなかったが、東氏とディッカーソン氏が揃って経営の主導権を握ることで一気に実現した。

 TELには後継者問題もある。東氏が96年に社長に就任したのは46歳の時。次の佐藤潔氏は47歳で、前社長の竹中氏は48歳で就任し、代々40代後半の若い人材にバトンを渡す流れが続いていた。東氏の社長復帰はこの流れに反するものであり、東氏の社長復帰当初は、社長兼任は一時的なものであることを匂わせていた。しかし結果的には半年たっても後任が見つからなかったことになる。03年の社長退任以降も会長として経営の中枢にとどまってきた東氏としては、TELの将来を託せる人物が見つけられず、個人的関係のあるディッカーソン氏にTELの未来を委ねた格好だ。

 現在のTELの財務は健全な状態にある。経営が悪化する前に「対等」な条件でAMATと統合することにより、TELの1万2千人の雇用と事業が守られることを評価する向きもある。

 ただし、それは当面の話で、今後のことは分からない。AMATとしてもTELが圧倒的に強い事業は統合を歓迎するが、統合効果を期待できない事業は整理・統合することが予想される。まして企業文化の異なる2社の統合となると社内で軋轢が生じる可能性は高い。

 事業環境についても、統合で改善するとは言い切れない。半導体メーカーにとっては、製造装置は「2社購買」が原則。トラブルに備え、基本的に工場のすべてのラインを1社の装置で埋めることはない。AMATとTELが統合し巨大になり過ぎることで、競合の勢力拡大を促す動きが強まる可能性もある。このため、統合会社が期待通りに成長できるかも疑問が残る。

 結局のところ、今回の統合は、TELの「中興の祖」といわれ、20年にわたって経営を主導してきた東氏が自らTELの幕引きを行おうとしているようにも見える。AMATと統合してもしなくても、TELにとっては茨の道が待っている。

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

永濱利廣

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

[連載] 深読み経済ニュース解説

日銀による追加緩和決定の影響は!?

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

ワンマンシリーズ(7)稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第19回)

ワンマンシリーズ(6)三和の法皇・渡辺忠雄〈3〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第18回)

ワンマンシリーズ(5) 三和の法皇・渡辺忠雄〈2〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

ワンマンシリーズ(4) 三和銀行の法皇・渡辺忠雄〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第16回)

ワンマンシリーズ(3)住友銀行に残る堀田の魂魄

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

「創造と変革」を掲げリーダー教育事業を展開しているグロービス。未来が予見しづらい混迷の時代を迎え、まさに新たな時代を切り拓いていくリーダーが求められている。そのような状況を受けて、グロービスは昨年、新たに執行役員以上に限定したエグゼクティブ向けのプログラム「知命社中」を開設した。[PR]次世代を担う経営リーダ…

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポート――中島優太(エベレディア社長)

「支持政党なし」をつくった男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

新社長登場

一覧へ

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

創業から95年、海外に進出してから50年以上たつ国際派企業の高砂香料工業。合成香料では日本最大手であり、国際的にも6%以上のシェアを持つ優良企業だ。100年弱の歴史を持つ高砂香料工業── まず御社の特徴をお聞かせください。桝村 1920年創業ですから、2020年に100周年を迎える香料の専門メーカーです。基本…

桝村 聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

「最新情報を発信、人と企業の働く環境を良くしていきます」--マンパワーグループ社長 池田匡弥

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

デザイナーズ家具のEC販売で業界の“常識打破”に挑戦――リグナ社長 小澤良介

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 教育部門と…

大学の挑戦

創立100周年を控えて「世界に貢献し、インパクトを与える人」の育成に努めます――西南学院大学・K.J.シャフナー学長

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

企業eye

一覧へ

不動産の現場から生産緑地の将来活用をサポートする――ホンダ商事

ホンダ商事は商業施設や宿泊施設の売買仲介、テナントリーシングを手掛けている。本田和之社長は顧客のニーズを探り最適な有効活用を提案。不動産の現場から、生産緑地の将来活用など社会問題の解決にも取り組む。── 事業の概要について。本田 当社は商業施設やホテル、旅館の売買・賃貸仲介(テナントリーシング)を…

企業eye

社員の人間力を武器に5期連続増収を果たす投資用不動産会社――パートナーズ

クラウドソーシングを活用した動画制作やオンライン動画制作プラットフォームを提供――Crevo

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年7月号
[特集]
社会課題で儲ける!

  • ・総論 グローバリズムとどう折り合いをつけるのか
  • ・なぜ、よしもとは社会課題と向き合うのか 大﨑 洋(吉本興業共同代表取締役CEO)
  • ・茶葉から茶殻までバリューチェーン全体で価値を創造する 笹谷秀光(伊藤園顧問)
  • ・持続可能な経営は、持続可能な地域が支えている キリンホールディングス
  • ・人生100年時代の健康問題に取り組む ファンケル
  • ・世の中に貢献する中で商売を広げていく ヤマト運輸
  • ・社会課題を解決する金融モデルは、懐かしい過去に学ぶべき 吉澤保幸 場所文化フォーラム名誉理事

[Special Interview]

 芳井敬一(大和ハウス工業社長)

 創業のDNAに立ち戻り、オーナーの教えを伝承・実践

[NEWS REPORT]

◆史上最高益でも原価低減 豊田章男の「原点回帰」

◆成長戦略再考を迫られた富士通の苦境

◆市場規模はバブル前に逆戻り 規模より知恵を問われるビール商戦

◆7兆円M&Aを仕掛けた武田薬品の野望とリスク

[特集2]

 オフィス革命 仕事場を変える、働き方が変わる

ページ上部へ戻る