ITインフラに特化したシステム構築、ITリテラシーの高い事務派遣(EXCEL女子)など、専門領域に特化した人材ソリューションサービスを提供するエーアイエル。同社の「理念共感型経営」がIT業界を変えようとしている。

20160209AIL_P01

株式会社エーアイエル
代表取締役社長
入江 雄介 (いりえ・ゆうすけ)

 就職情報会社の調査によると学生の就職観の1位は「楽しく働きたい」。しかし、就職活動は大手企業中心の「安定志向」、このミスマッチが入社3年以内の退職が多い理由でもある。

 「ホンダやソニーがそうであったように、経営理念に共感した社員が集り、日本を代表する企業になりました。会社と社員の間に理念の共感があれば、入社後のミスマッチは避けられたはずです」と、語るのはエーアイエルの入江社長。

 同社の経営理念は「あったらいいね!で世界を変える」。この理念のもと、顧客と社員の価値と満足の創造を実現する形で人材ソリューションサービスを展開している。

 「『社員満足なくして顧客満足はなしえない』と考えています。『あったらいいね!』を創造、実現するワクワク感を社員一人ひとりが持つことで、お客さまに対して本当に良いサービスが提供できると信じています」

 そのワクワク感の実現のひとつが全社での課対抗のビジネスコンテスト『未来会議』。昨年は、15年の新卒内定者がチームとなって企画した「インバウンド向けのチャット型ガイドアプリ」が優勝、事業準備金100万円を手にした。

 「内定者も『あったらいいね!』を体験し、今は新入社員として別のミッションも持ちながら、アプリの事業化を進めています。今後、事業化の受け皿としてホールディングスに移行し、世界のコ・クリエーション(共創)カンパニーとして、さらなるワクワク感の実現をサポートしていきます」と、入江社長。

 理念をしっかりと共有したら、「あとは任せる」というエーアイエル。その姿勢は、新しい企業の形として注目されそうだ。

 

株式会社エーアイエル

  • 設立/1989年
  • 資本金/5千万円
  • 売上高/16億8千万円
  • 従業員数/146人
  • 事業内容/人材ソリューションサービス業
  • 会社ホームページ/http://www.ailltd.co.jp

20160209COMPANY33UNDER

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年1月号
[特集]
平成の事件簿

  • ・[イトマン事件]闇勢力に銀行が食い荒らされた戦後最大の経済事件
  • ・[ダイエー、産業再生機構入り]一代で栄枯盛衰を体現した日本の流通王・中内 功の信念
  • ・[ライブドアショック]一大社会現象を起こしたホリエモンの功罪
  • ・[日本航空経営破綻]親方日の丸航空会社の破綻と再生の物語

[Special Interview]

 高橋和夫(東京急行電鉄社長)

 「100周年に向けて、オンリーワン企業の強みを磨き続ける」

[NEWS REPORT]

◆かつてのライバル対決 明暗分けたパナとソニー

◆経営陣に強い危機感 富士通が異例の構造改革断行

◆売上高1兆円が見えた ミネベアミツミがユーシンを統合

◆前門の貿易戦争、後門の技術革新 好決算でも喜べない自動車各社

[特集2]経営に生かすAI

 「人工知能は『お弟子さん』
日常生活が作品になるということ」
落合陽一(筑波大学准教授)

ページ上部へ戻る