[特集]2016年注目企業33

20160209NAKAZURI02

日本経済復活の兆しが見えてきた。それを牽引しているのは高い技術力を背景にしたものづくりやIT、ヘルスケア部門などで新境地を見出したアグレッシブな企業群である。

 

時代をリードする経営者の実像

申年には相場が騒ぐと言われているが、その格言通り、年初から日経平均株価は大幅下落し、2016年の産業界は早くも激動の様相を見せている。アベノミクスの追い風はまだ続いているとはいえ、多くの経営者にとって気が抜けない状況だ。そんな中、市場環境に左右されず、力強い成長を実現できるのは真の実力を備えた企業のみだ。

編集部が厳選した2016年の注目企業

 

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界12月20日号
[特集]
ソニーとその時代

  • ・Interview 平井一夫(ソニー社長)
  • ・エレキとエンタの垣根をなくす「One Sony戦略」
  • ・新入社員のアイデアを商品化ソニーの新規事業プログラム
  • ・「wena wrist」開発者・對馬哲平氏に聞く
  • ・平井社長が追求する「リカーリング」って何だ?
  • ・商品も経営スタイルもソニーは常に「モルモット」

[企業統治の正鵠]

 岩沙弘道(三井不動産会長)×牛島信(弁護士、作家)

[NEWS REPORT]

◆ニコンのリストラに見る日本半導体の落日

◆「空港の民営化」は地方創生の切り札となるか

◆日銀の世界初「長期金利操作」は早くも正念場

◆連合“形無し”官製春闘4年目の行方

◆東電1F会合、度重なる失態で経産省に非難集中

◆躊躇なく子会社を売却する日産自動車の決断のすごみ

ページ上部へ戻る