[特集]2016年注目企業33

20160209NAKAZURI02

日本経済復活の兆しが見えてきた。それを牽引しているのは高い技術力を背景にしたものづくりやIT、ヘルスケア部門などで新境地を見出したアグレッシブな企業群である。

 

時代をリードする経営者の実像

申年には相場が騒ぐと言われているが、その格言通り、年初から日経平均株価は大幅下落し、2016年の産業界は早くも激動の様相を見せている。アベノミクスの追い風はまだ続いているとはいえ、多くの経営者にとって気が抜けない状況だ。そんな中、市場環境に左右されず、力強い成長を実現できるのは真の実力を備えた企業のみだ。

編集部が厳選した2016年の注目企業

 

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界10月4日号
[特集]
人が育つ仕組み

  • ・人が育つ「仕組み」にトップの意思は欠かせない
  • ・髙﨑秀夫(京都銀行会長)
  • ・最少人数で、最大成果を発揮するための人事戦略 伊藤忠商事
  • ・人を育てる仕組みで、組織が強くなる タマノイ酢
  • ・伊藤由美(銀座「クラブ由美」オーナーママ)
  • ・中村 聡(Jリーグヒューマンキャピタル塾頭)

[Special Interview]

 上西京一郎(オリエンタルランド社長)

 誇りと成長がキャストの創意工夫を生み出す

[NEWS REPORT]

◆カープ優勝に便乗できない地元・マツダの販売不振

◆ソフトバンクのARM買収が完了IoT時代の覇者になれるか

◆電力自由化は「笛吹けど踊らず」ネックは料金プランの分かりにくさ

◆労使協調路線崩壊の引き金に「同一労働同一賃金」の賭け

◆完全民営化「仙台空港」に着陸料3年間無料の波紋

ページ上部へ戻る