「今の20代30代は、将来に対する備えを自助努力だけでやっていかなければならない」。若い世代へ目的ありきの資金運用を勧めている。

20160209CREALIFE_P01

株式会社クレア・ライフ・パートナーズ
代表取締役社長
工藤 将太郎 (くどう・しょうたろう)

 資産運用のコンサルティングを行うクレア・ライフ・パートナーズ(CLP)がターゲットとしているのは、20代、30代。日本の多くの金融機関が資金サイズの大きい中高年を対象としているのに対して、CLPは本来、資産を形成すべき若い世代こそ、長期の視点を持って資産運用を行う必要があると考える。また「自己体験」を大切にする工藤社長は保険や不動産投資、海外投資など、提案する金融商品のすべてを自ら実践。商品に対するクライアントの【頭の理解】と【心の準備】について、自身の経験に照らして把握していく。これにより、常に投資家目線で寄り添うことが可能となっている。

 定期的に開催しているセミナーでは「投資と将来対策は違う」と語る。CLPが行うのは将来対策。その手段のひとつに金融商品を買うという選択肢があるにすぎない。医療や死亡、介護、子育てなど、資金のニーズを9個のパズルのピースに例え、複数の異なる金融商品で埋めていく手法は、これまで日本の金融機関が行ってきた商品ありきの販売スタイルと一線を画する。

 プランニングの過程では家計簿の診断から預貯金、負債、将来設計、金融商品に対するイメージまで時間をかけてヒアリング。クライアントの商品知識の底上げを図りつつ、一緒に課題解決策を決めていく。

 「フラットにいろいろな商品の説明が聞けて、自分の理想に近い商品の組み合わせを教えてくれるところ」は、工藤社長自らが欲した場所でもある。

 「他の金融系の会社がやらないことをやっていきたい」

 成長のロードマップは明確に描かれているようだ。

 

株式会社クレア・ライフ・パートナーズ

  • 設立/2012年7月
  • 資本金/1千万円
  • 売上高/20億円
  • 従業員/14人
  • 所在地/東京都新宿区大久保 
  • 会社ホームページ/http://crea-lp.com/

20160209COMPANY33UNDER

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年11月号
[特集]
大丈夫? 御社の危機管理

  • ・サイバーセキュリティ後進国日本の個人情報流出事件簿
  • ・「リアル」「バーチャル」双方で企業を守るセコムとアルソック
  • ・南海トラフ地震、首都直下型地震は、今そこにある危機
  • ・「いつ来るか分からない」では済まされない──中小企業の事業継続計画
  • ・黒部市に本社機能の一部を移転したBCPともう一つの狙い(YKKグループ)
  • ・高まる危機管理広報の重要性 平時の対応がカギを握る

[Special Interview]

 大谷裕明(YKK社長)

 「企業の姿勢や行動が危機対策以上の備えになる」

[NEWS REPORT]

◆胆振東部地震で分かった観光立国ニッポンの課題

◆M&Aでさらなる成長を期すルネサスの勢いは本物か

◆トヨタは2割増、スズキは撤退 中国自動車市場の明暗

◆このままでは2月に資金ショート 崖っぷち大塚家具「再生のシナリオ」

[特集2]

 利益を伸ばす健康経営

ページ上部へ戻る