東京・城南エリアを中心にオリジナル住宅を提供している東京組。良質な素材や優れたコストパフォーマンスが好評だ。2017年3月、日本最大級の木製サッシ工場(青森県十和田市)で新商品「MADOBA」の生産を開始する。

 

── 家を作るときの部材選びのポイントは。

20160524EYETOKYOGUMI_P01

中野渡(なかのわたり)利八郎社長
生年月日●1945年10月25日
出身地●青森県
趣味●ゴルフ
尊敬する人物●司馬遼太郎
座右の銘●正直に素直に生きる

中野渡 壁や床、ドア、サッシ、キッチンなど、さまざまな部材を組み合わせることで、一つの家は構成されています。当社はどのような部材をどこに使えば快適で長持ちする家が作れるかということを第一に考えています。残念ながら、ハウスメーカーにはそうした考えが見受けられません。

 オリジナル素材を使うとコストが上がると指摘されることが多いのですが、素材の一つ一つを比べると、価格的にも安く、性能的に優れているのはオリジナル素材のほうですね。

── 今、力を入れている事業は。

中野渡 現在、青森県十和田市で国内最大規模となる木製サッシ工場を建設中で、来年3月から新商品「MADOBA」の生産を開始します。ヨーロッパをはじめ、韓国や中国でも窓断熱性能の最低基準が設けられていますが、日本には存在しません。そのため、日本は窓の後進国ともいわれており、なかでも住宅部品の中で最も立ち遅れているのはサッシだといわれています。

20160524EYETOKYOGUMI_P02

青森県十和田市に建設中の木製サッシ工場(完成予想図)

 お客さまも大手メーカーが作っているからという理由で木製よりもアルミ製のほうが優れていると考えがちです。しかし、断熱性能の目安となる断熱性や熱貫流率を比較しても圧倒的に優れているのは木製サッシです。新工場が完成すれば大量生産が可能になるので、今後は大幅なコストダウンも実現できます。

── 今後の展望について。

中野渡 最終的な目標は城南エリアのスタンダードになる家を作ることです。

 また、新工場の操業開始後は、新商品「MADOBA」の生産を本格化し、広く普及させていきたいですね。そして、良質な素材を使った良い家を今後も作っていきます。

 

【会社データ】
東京組
設立●1993年11月
資本金●1億円
従業員●125人
所在地●東京都世田谷区

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界12月号
[特集]
東京新起動

  • ・二度目の変貌を遂げる大都市・東京
  • ・虎ノ門エリアはグローバルビジネスセンターとして進化中
  • ・東京ミッドタウン日比谷誕生で映画・演劇の街が再興
  • ・文化の発信地「渋谷」の百年に一度の大改造
  • ・泉岳寺・品川とも連携 品川新駅(仮称)のエキマチ一体開発
  • ・城北、埼玉方面への玄関口は行政が積極的
  • ・辻 慎吾(森ビル社長)
  • ・若林 久 西武鉄道社長

[Special Interview]

 稲垣精二(第一生命ホールディングス社長)

 「DNAの“第一主義”で圧倒的な未来をつくる」

[NEWS REPORT]

◆若者のクルマ離れに抵抗する豊田章男・トヨタ自動車社長の意地とプライド

◆ヤマトHDが人手不足よりも恐れる「送料無料」という意識

◆有機EL転換は避けられず 新生JDIは生き残れるか

◆シェール革命が動かす世界のパワーバランス

[特集2]今さら聞けないビットコイン

・可能性と危険性が共存するビットコインの魅力

・ビットコインだけではない! 1千種類を超える仮想通貨の世界

・ビットコインの2つの謎 ブロックチェーンとマイニング

ページ上部へ戻る