東京・城南エリアを中心にオリジナル住宅を提供している東京組。良質な素材や優れたコストパフォーマンスが好評だ。2017年3月、日本最大級の木製サッシ工場(青森県十和田市)で新商品「MADOBA」の生産を開始する。

 

── 家を作るときの部材選びのポイントは。

20160524EYETOKYOGUMI_P01

中野渡(なかのわたり)利八郎社長
生年月日●1945年10月25日
出身地●青森県
趣味●ゴルフ
尊敬する人物●司馬遼太郎
座右の銘●正直に素直に生きる

中野渡 壁や床、ドア、サッシ、キッチンなど、さまざまな部材を組み合わせることで、一つの家は構成されています。当社はどのような部材をどこに使えば快適で長持ちする家が作れるかということを第一に考えています。残念ながら、ハウスメーカーにはそうした考えが見受けられません。

 オリジナル素材を使うとコストが上がると指摘されることが多いのですが、素材の一つ一つを比べると、価格的にも安く、性能的に優れているのはオリジナル素材のほうですね。

── 今、力を入れている事業は。

中野渡 現在、青森県十和田市で国内最大規模となる木製サッシ工場を建設中で、来年3月から新商品「MADOBA」の生産を開始します。ヨーロッパをはじめ、韓国や中国でも窓断熱性能の最低基準が設けられていますが、日本には存在しません。そのため、日本は窓の後進国ともいわれており、なかでも住宅部品の中で最も立ち遅れているのはサッシだといわれています。

20160524EYETOKYOGUMI_P02

青森県十和田市に建設中の木製サッシ工場(完成予想図)

 お客さまも大手メーカーが作っているからという理由で木製よりもアルミ製のほうが優れていると考えがちです。しかし、断熱性能の目安となる断熱性や熱貫流率を比較しても圧倒的に優れているのは木製サッシです。新工場が完成すれば大量生産が可能になるので、今後は大幅なコストダウンも実現できます。

── 今後の展望について。

中野渡 最終的な目標は城南エリアのスタンダードになる家を作ることです。

 また、新工場の操業開始後は、新商品「MADOBA」の生産を本格化し、広く普及させていきたいですね。そして、良質な素材を使った良い家を今後も作っていきます。

 

【会社データ】
東京組
設立●1993年11月
資本金●1億円
従業員●125人
所在地●東京都世田谷区

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年7月号
[特集]
社会課題で儲ける!

  • ・総論 グローバリズムとどう折り合いをつけるのか
  • ・なぜ、よしもとは社会課題と向き合うのか 大﨑 洋(吉本興業共同代表取締役CEO)
  • ・茶葉から茶殻までバリューチェーン全体で価値を創造する 笹谷秀光(伊藤園顧問)
  • ・持続可能な経営は、持続可能な地域が支えている キリンホールディングス
  • ・人生100年時代の健康問題に取り組む ファンケル
  • ・世の中に貢献する中で商売を広げていく ヤマト運輸
  • ・社会課題を解決する金融モデルは、懐かしい過去に学ぶべき 吉澤保幸 場所文化フォーラム名誉理事

[Special Interview]

 芳井敬一(大和ハウス工業社長)

 創業のDNAに立ち戻り、オーナーの教えを伝承・実践

[NEWS REPORT]

◆史上最高益でも原価低減 豊田章男の「原点回帰」

◆成長戦略再考を迫られた富士通の苦境

◆市場規模はバブル前に逆戻り 規模より知恵を問われるビール商戦

◆7兆円M&Aを仕掛けた武田薬品の野望とリスク

[特集2]

 オフィス革命 仕事場を変える、働き方が変わる

ページ上部へ戻る