システムエンジニアの獲得競争が厳しくなっている中、エンジニアとのコミュニケーションを重視して、彼らが最大限に能力を発揮できる環境づくりを目指している会社がある。

170124_023_LEC_P01

LEC Network Engineering株式会社
代表取締役社長
紺乃 一郎 (こんの・いちろう)

 「エンジニアのエンジニアによるエンジニアのための企業」を目指して、大手外資系通信企業、大手Slerを経て起業したのがLEC Network Engineeringの紺乃一郎社長だ。企業ネットワークの設計・構築・運用を担うシステムインテグレーターとして、技術者をクライアント先に常駐させるSES事業を中心に、チーム型ファンクションアウトソーシングなどのノウハウを生かして金融ネットワーク構築、さらにはWANに特化したネットワークに強みを持っている。中でも金融分野では銀行支店ネットワークや大型コンビニATMネットワークなどの大規模構築が強く、2万拠点以上の運用経験を持っているのが最大の特徴だ。

 プロジェクトマネージャーとして長いキャリアを持つ紺乃社長は、エンジニアが誇りとやりがいを持って働ける会社にしたいという。

 「世の中には優秀なエンジニアはたくさんいますが、自分の強みは技術者としての専門性ではなく、複数のステークホルダーのニーズを的確につかんでWIN・WINの関係を作ってプロジェクトの成果を最大化することだと気付いたのです」

 システム構築にはそれぞれに技術の違いがあり、役割の違いもあるが、それを理解していないマネージャーも少なくない。

 「一人一人の役割の違いやプライドを大事にしないといい仕事はできません。また無駄な事務作業や会議から解放して仕事に集中できる環境づくりも重視しています」

 高い技術力と得意領域がある同社では、エンジニア50人体制を早期に達成するのが当面の目標。その準備はすでにできているようだ。

170124_COPMANY43UNDER

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年3月号
[特集]
環境が経済を動かす

  • ・総論 災い転じて福となせるか 持続可能な社会の成長戦略
  • ・越智 仁(三菱ケミカルホールディングス社長)
  • ・100年後を考える 世界最大級の年金基金「GPIF」
  • ・金融業界はこう動く
  • ・脱炭素化の遅れがはらむ「座礁資産」の危険性
  • ・脱炭素化で移行する「地域循環共生圏」とはどういう社会なのか!?

[Special Interview]

 中田誠司(大和証券グループ本社社長)

 「SDGsを経営戦略の根幹に据えることで企業は成長する」

[NEWS REPORT]

◆稲盛哲学を学ぶ盛和塾解散を塾生たちはどう聞いたか

◆米中経済戦争の象徴となった「ファーウェイ」強さの秘密

◆EV時代にあえてガソリンエンジンにこだわるマツダのプライドと勝算

◆それは自由か幸福か——「信用スコア」で個人の信用が数値化された世界

[特集2]関西 飛躍への序章

 大阪万博開催で始まる関西経済の成長路線

ページ上部へ戻る