システムエンジニアの獲得競争が厳しくなっている中、エンジニアとのコミュニケーションを重視して、彼らが最大限に能力を発揮できる環境づくりを目指している会社がある。

170124_023_LEC_P01

LEC Network Engineering株式会社
代表取締役社長
紺乃 一郎 (こんの・いちろう)

 「エンジニアのエンジニアによるエンジニアのための企業」を目指して、大手外資系通信企業、大手Slerを経て起業したのがLEC Network Engineeringの紺乃一郎社長だ。企業ネットワークの設計・構築・運用を担うシステムインテグレーターとして、技術者をクライアント先に常駐させるSES事業を中心に、チーム型ファンクションアウトソーシングなどのノウハウを生かして金融ネットワーク構築、さらにはWANに特化したネットワークに強みを持っている。中でも金融分野では銀行支店ネットワークや大型コンビニATMネットワークなどの大規模構築が強く、2万拠点以上の運用経験を持っているのが最大の特徴だ。

 プロジェクトマネージャーとして長いキャリアを持つ紺乃社長は、エンジニアが誇りとやりがいを持って働ける会社にしたいという。

 「世の中には優秀なエンジニアはたくさんいますが、自分の強みは技術者としての専門性ではなく、複数のステークホルダーのニーズを的確につかんでWIN・WINの関係を作ってプロジェクトの成果を最大化することだと気付いたのです」

 システム構築にはそれぞれに技術の違いがあり、役割の違いもあるが、それを理解していないマネージャーも少なくない。

 「一人一人の役割の違いやプライドを大事にしないといい仕事はできません。また無駄な事務作業や会議から解放して仕事に集中できる環境づくりも重視しています」

 高い技術力と得意領域がある同社では、エンジニア50人体制を早期に達成するのが当面の目標。その準備はすでにできているようだ。

170124_COPMANY43UNDER

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年8月号
[特集]
パナソニック新世紀

  • ・総論 家電事業でもB2Bでも根底に流れる「お役立ち」
  • ・樋口泰行(コネクティッドソリューションズ社社長)
  • ・B2Bに舵を切るパナソニック
  • ・パナソニックのDNA 家電事業の次の100年
  • ・本間哲朗(アプライアンス社社長)
  • ・パナソニックの家電を支えた“街の電気屋”の昨日・今日・明日
  • ・テスラ向け電池は量産へ 成長のカギ握る自動車事業
  • ・パナソニックとオリンピック・パラリンピック

[Special Interview]

 津賀一宏(パナソニック社長)

 変化し進化し続けることでパナソニックの未来を創る

[NEWS REPORT]

◆商品開発に続き環境対策で競い合うコンビニチェーン

◆サムスンを追撃できるか? ようやく船出する東芝メモリの前途

◆スバル・吉永泰之社長はなぜ「裸の王様」になったのか

◆「ニーハオトイレ」は遠い昔 中国を席巻するトイレ革命

[政知巡礼]

 木原誠二(衆議院議員)

 「政治が気合を持って、今のやり方を変えていく覚悟を」

ページ上部へ戻る