顧客のニーズを満たすワンストップの総合物流サービスを提供するカーレントサービス。独自の「オーダーメイドロジスティクス」の構築により事業を運送領域周辺にも広げる。顧客のニーズを満たす試みが他社との差別化につながる強みとなっている。(『経済界』2020年4月号より転載) 

保坂高広氏

カーレントサービス代表取締役 保坂高広(ほさか・たかひろ)

 

 カーレントサービスは、「顧客の依頼を断らないことで、顧客満足を最大化する」ことを企業理念に掲げている。運送に特化した一般的な貨物運送事業者とは異なり、顧客の多様な物流ニーズに合わせて、複数の事業領域を自由自在に組み合わせたオーダーメイドのサービスをワンストップで提供する。顧客は複数の業者に依頼するよりも、手間の省力化やコストダウンが可能となる。

 同社は運送業のほか、一般建設業、産業廃棄物収集運搬業などの免許を保有しており、機械解体や組み立て、設置、さらには内装施工も対応する。この事業領域の拡充に努めており、これが他社にはまねできない「オーダーメイドロジスティクス」を構築している。この源泉が企業理念の「断らない」にあるのだ。

 「運送領域以外の事業もカバーし、それを専門人材や設備を使って付加価値のあるサービスとして提供できるのが当社の強み。『オーダーメイドロジスティクス』の構築により、顧客のニーズに応える包括的なソリューションサービスを提供できるようになりました。カバー領域が広がるにつれ、受注件数も増えています」

 同社では成長戦略として、M&Aによる専門人材の増強や新たなITシステム開発などに力を入れている。例えば、モノの仕分けから行き先、過去の荷物などのデータを収集・管理し、入庫から出庫までのスピードや作業の正確性を上げる「倉庫管理システム」の開発などだ。

 「現在は関東8拠点、社員数約160人、保有車両約90台という規模で事業展開しています。まずは日本全国に迅速にサービス提供できる体制を整えるため、『国内20拠点、社員数200人、トラック200台』を目指します」

 さらにこの目標の達成後は、東南アジアを中心に海外展開を見据える。

 「当社のカバー領域がいくら広いといっても、海外でイチから事業を立ち上げるのは時間も労力もかかります。そこで現地法人のM&A、『オーダーメイドロジスティクス』に加えて、日本国内で開発した『システム』の導入も積極的に活用していきたい。将来は海外で日系企業と言えばカーレントサービスと評価されるだけの実力を付けていきます」

————————————-
会社概要
設立 1972年5月
資本金 2,700万円
所在地 東京都大田区
従業員数 160人(グループ合計)
事業内容 総合物流サービス、重量物・設備・什器取り扱いサービス、
廃棄処理サービス、国際物流支援サービス
http://www.current-service.co.jp/
————————————-

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年5月号
[特集] 巻き込む力
  • ・高岡浩三(ネスレ日本社長兼CEO)
  • ・唐池恒二(九州旅客鉄道会長)
  • ・河野 仁(防衛大学校教授)
  • ・入山章栄(早稲田大学大学院・ビジネススクール教授)
  • ・出口治明(立命館アジア太平洋大学学長)
  • ・中竹竜二(日本ラグビーフットボール協会理事)
  • ・時代も国境も超えた普遍のリーダーシップを学べるベストブックス
[Special Interview]

 小林喜光(三菱ケミカルホールディングス会長)

 イノベーションを起こすために「人間とは何か」を問う

[NEWS REPORT]

◆零細企業でも活用できるインターネットM&A最前線

◆業界再編はあるのか 日本製鉄、巻き返しへの一手

◆技術研究所を解体してホンダは何を目指すのか

◆新型コロナウイルス治療薬 なぜ日本企業は創れないのか

[特集2]

 経営者に贈る「イロとカネの危機管理」

ページ上部へ戻る