少子高齢化に伴う人材不足は、企業にも深刻な影響を与える。生産性向上への取り組みは進んでいるが、多くの企業が悩むのがリーダー育成だ。そんな企業に「選抜リーダーの育成プログラム」を提供するのが、フィールドマネージメント・ヒューマンリソースだ。(『経済界』2020年4月号より転載) 

小林 傑氏

フィールドマネージメント・ヒューマンリソース代表取締役 小林 傑(こばやし・すぐる)

 

 深刻な人材難の今、企業の多くは、人材育成にこそ力を入れるべきだと気付いている。しかし、企業の人材育成といえば、上司によるOJTと定期的に開かれる集合研修が、いまだに主流だと言える。

 「かつて高度経済成長期は、言われたことをきちんとこなす従業員が大量に必要でした。だから集合研修でよかった。しかし、変化の速い現代は従業員一人一人がリーダーシップを発揮しないといけない。大量生産・大量消費モデルは終わり、ワン・トゥ・ワンの、よりパーソナライズされた価値提供モデルに変わっています。しかし、人材育成では、いまだに大量生産・大量消費モデルのままなのです」と小林傑代表は語る。

 同社では「自ら思考し、実行できる人材=掲げて、描いて、動かせる人材」を「インテグラルリーダシップ」と定義し、その育成をプログラムとして提供している。

 「従来の研修では、『知る』『わかる』、ここまでは教えられます。しかし、次のステップである『できる』のハードルが高く乗り越えられない。これには筋トレが必要だからです。アウトプットし、フィードバックを受け、改善を繰り返す。当社では、コンサルタントが1対1でそれを身に付けさせます。かつ、実際に担当している業務に則って育成していく。単なる研修ではなく、受講生の伴走支援を行うことで『できる』状態に近づけていきます」

 その受講生の実務に沿ったものになるため、一人一人フィードバックが異なるので、それだけ手間を掛けている。

 「当社のコアバリューは、この手間を掛ける部分にあります。しかし、それ故に量的拡大には時間がかかってしまう。そこで、オンラインでのフィードバックなど、より簡易にサービスを受けられたり、遠隔でも受講可能なプログラムを用意し、事業拡大を図っていきます」

 同社の取引先には、歴史ある大企業も含まれる。むしろ、そういった企業のほうが、旧来の研修プログラムに頼ってしまいがちであり、人材育成への悩みは根深いのだという。

 「日本に『思考し、実行できるリーダー』が1人でも多く増えるように支援し続けていきます」

————————————-
会社概要
設立 2015年1月
所在地 東京都渋谷区
事業内容 組織人事コンサルティング
http://fmhr.co.jp/
————————————-

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年5月号
[特集] 巻き込む力
  • ・高岡浩三(ネスレ日本社長兼CEO)
  • ・唐池恒二(九州旅客鉄道会長)
  • ・河野 仁(防衛大学校教授)
  • ・入山章栄(早稲田大学大学院・ビジネススクール教授)
  • ・出口治明(立命館アジア太平洋大学学長)
  • ・中竹竜二(日本ラグビーフットボール協会理事)
  • ・時代も国境も超えた普遍のリーダーシップを学べるベストブックス
[Special Interview]

 小林喜光(三菱ケミカルホールディングス会長)

 イノベーションを起こすために「人間とは何か」を問う

[NEWS REPORT]

◆零細企業でも活用できるインターネットM&A最前線

◆業界再編はあるのか 日本製鉄、巻き返しへの一手

◆技術研究所を解体してホンダは何を目指すのか

◆新型コロナウイルス治療薬 なぜ日本企業は創れないのか

[特集2]

 経営者に贈る「イロとカネの危機管理」

ページ上部へ戻る