政治・経済

間もなくリオデジャネイロオリンピック・パラリンピックが始まる。日本の真裏で開かれる大会なだけに、しばらくは眠れない日々が続くことになる。そしてリオが終われば、次は東京オリンピック・パラリンピックだ。リオの閉会式では、リオから東京へとバトンを引き継ぐセレモニーが行われる。この瞬間から、いよいよ東京2020へのカウントダウンが始まる。これから4年間、日本中が五輪一色に染まっていく。文=本誌/関 慎夫

ワールドワイドは3社リージョナルは39社

 2020年の東京オリンピック・パラリンピック開幕まで4年を切った。13年9月に日本招致が決まり、その後、新国立競技場の設計見直しなどの問題はあったものの、まずは順調に進んでいっているといっていい。

 「中でも一番うまくいっているのがスポンサー集めです。募集を始めるまでは1500億円が目標だったものが、既に倍以上を集めることに成功した。しかも今後さらに増えていく」(東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会関係者)

 次頁の表にあるのが、現在までに決まった五輪スポンサーだ。

 五輪スポンサーには、ワールドワイドスポンサーとリージョナルスポンサーの2種類がある。ワールドワイドスポンサーはTOPパートナーと呼ばれるもので、全世界で五輪マークを使ってのCMやキャンペーンを展開できる。TOPパートナーは世界に12社。そのうち日本企業はパナソニック、ブリヂストン、トヨタ自動車の3社(残る9社はコカ・コーラ、ATOS、ダウ・ケミカル、マクドナルド、GE、オメガ、P&G、サムスン、VISA)。

 中でも歴史の古いのがパナソニックで、TOP制度は1985年にスタートした時からのメンバーだ。同様の歴史を持つのはコカ・コーラとVISAの計3社のみだ。ブリヂストンはリオ五輪から、トヨタはピョンチャン冬季五輪からTOPの仲間となる。

 ワールドワイドスポンサーの展開地域が全世界であるのに対し、リージョナルスポンサーの場合は、日本国内に限られる。またリージョナルスポンサーはゴールドパートナー(ティア1)、オフィシャルパートナー(ティア2)、オフィシャルサプライヤー(ティア3)の3段階に分かれている。

 オリンピックのロゴマークといえば、誰もが思い浮かべるのが五輪マークだ。しかしこのロゴを商標目的で使うことができるのはTOPパートナーだけ。リージョナルスポンサーは五輪マーク単独での使用は許されなず、市松模様の東京大会のエンブレムしか使えない。

 このほかリージョナルスポンサーには、「東京2020オリンピック」という呼称の使用権、商品・サービスのサプライ権、大会グッズのプレミアム使用権、大会会場におけるプロモーション、五輪関連の映像・写真の使用権、大会チケットの割り当てなどがある。

 そしてスポンサーレベルによって、チケット割り当てや映像使用権などの範囲が変わってくる。現在、リージョナルスポンサーは39社にのぼる。

 スポンサー料金は、ティア1で150億円、ティア2で60億円、ティア3で15億円が目安といわれている。現在までにティア1とティア2が決まったが、ティア1が15社、ティア2が24社。単純計算で3690億円を集めることに成功した。ティア2は今後まだ増える可能性があるし、ティア3はこれからが本番だから、総額では推計4千億円に迫ることになりそうだ。

1業種1社の原則も相次ぐ「相乗り」

 これほどのスポンサーが集まったのは、東京五輪に関してIOCが特例を認めたためだ。

 五輪スポンサーは1業種1社が原則。TOP12社はそれぞれカテゴリーが異なるし、ティア1はTOP以外のカテゴリー、ティア2はさらにそれ以外というように決まっていく。

 ところがティア1にはみずほフィナンシャルグループと三井住友フィナンシャルグループが、揃って銀行カテゴリーのスポンサーとなっている。ティア2ではセコムと総合警備保障(ALSOK)が、日本航空と全日空、JR東日本と東京メトロが相乗りしている。このほかKNT-CTホールディングス、JTB、東武トップツアーズの3社、読売、朝日、毎日、日経の4社も相乗りだ。

 またティア1のリクシルは住宅設備および水回り備品のカテゴリーだが、ティア2のTOTOも水回り備品のカテゴリーで完全にバッティングしている。

 「56年ぶりの東京オリンピックをスポンサードできるのは企業にとっても栄誉なことです。そこで自分たちを是非、ということで手を挙げた企業が多く、絞り切れなかった。それに、五輪後の日本のスポーツ界のことを考えてもここで関係を強化しておいたほうがいい。その思いがIOCを動かした」(前出・組織委関係者)

 気になるのはTOPのスポンサー料金だが、一説には300億~500億円。ただし、リオ五輪後にTOPに加わるトヨタのスポンサー料は2千億円といわれている。他のスポンサーとはけた違いの金額だ。

 これまでTOPに自動車メーカーが入ったことはなかった。その代わりに各国のオリンピック委員会(NOC)がそれぞれメーカーと契約していた。しかしTOPにトヨタが入ると、1業種1社の原則のため各NOCにスポンサー収入が入ってこない。それを補償するために高くなったというのが真相のようだ。

 以上見てきたように、東京オリンピックのスポンサーになるには、最低でも15億円、最高で2千億円のコストが掛かる。問題は、それに見合った経済効果が上げられるかどうか。

異彩を放つパナソニック

 スポンサーになった目的として、多くの企業が口にするのが、「ブランド価値の向上」だ。世界最大のイベントであり、世界中の人たちが東京に集まる。そこでスポンサー活動を行うことで、企業と商品・サービス・技術を世界に向け発信する、というもの。

 その中で異彩を放っているのがパナソニックだ。次頁にもあるように、東京五輪を「ビジネスの場」ととらえ、技術の集大成を世界に見せようとパナソニックでは目論んでいる。それも1社単独ではなく日本連合で臨む。例えばセキュリティー対策は重要な課題だが、パナソニックの映像技術と、世界最高水準にあるNECの画像認証技術、さらにはセコム、ALSOKと連携し選手や観客の安全を守る。こうした問題解決のショーケースとなるのがオリンピックという位置付けだ。

無差別テロ多発でリオ五輪は大丈夫か

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

永濱利廣

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

[連載] 深読み経済ニュース解説

日銀による追加緩和決定の影響は!?

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

ワンマンシリーズ(7)稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第19回)

ワンマンシリーズ(6)三和の法皇・渡辺忠雄〈3〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第18回)

ワンマンシリーズ(5) 三和の法皇・渡辺忠雄〈2〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

ワンマンシリーズ(4) 三和銀行の法皇・渡辺忠雄〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第16回)

ワンマンシリーズ(3)住友銀行に残る堀田の魂魄

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

「創造と変革」を掲げリーダー教育事業を展開しているグロービス。未来が予見しづらい混迷の時代を迎え、まさに新たな時代を切り拓いていくリーダーが求められている。そのような状況を受けて、グロービスは昨年、新たに執行役員以上に限定したエグゼクティブ向けのプログラム「知命社中」を開設した。[PR]次世代を担う経営リーダ…

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

「支持政党なし」をつくった男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

新社長登場

一覧へ

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

リーマンショック後の2010年にスタートした柳前社長時代は大幅な合理化や新興国戦略を推進。経営改革に道をつけ、17年度は過去最高益を更新した。日髙新社長は、事業企画・経営企画や2輪事業の経験と豊富な海外経験を買われてバトンを受けた。売上高の約9割を海外が占めるヤマハ発動機のトップとして、改革路線を継続しつつ成…

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年11月号
[特集]
大丈夫? 御社の危機管理

  • ・サイバーセキュリティ後進国日本の個人情報流出事件簿
  • ・「リアル」「バーチャル」双方で企業を守るセコムとアルソック
  • ・南海トラフ地震、首都直下型地震は、今そこにある危機
  • ・「いつ来るか分からない」では済まされない──中小企業の事業継続計画
  • ・黒部市に本社機能の一部を移転したBCPともう一つの狙い(YKKグループ)
  • ・高まる危機管理広報の重要性 平時の対応がカギを握る

[Special Interview]

 大谷裕明(YKK社長)

 「企業の姿勢や行動が危機対策以上の備えになる」

[NEWS REPORT]

◆胆振東部地震で分かった観光立国ニッポンの課題

◆M&Aでさらなる成長を期すルネサスの勢いは本物か

◆トヨタは2割増、スズキは撤退 中国自動車市場の明暗

◆このままでは2月に資金ショート 崖っぷち大塚家具「再生のシナリオ」

[特集2]

 利益を伸ばす健康経営

ページ上部へ戻る