文化・ライフ

「仕事ではファッションが大事」と言えば、大事なのは中身だと反論されるかもしれない。だが、「仕事では印象(インプレッション)が大事」と言い換えれば、おそらく異論は少ないだろう。「ファッションとは、その人の内面、在り方を表すもの」と考えれば、そのプライオリティは高まるはずだ。本シリーズでは、20年間で2万人以上のファッションをコーディネートしてきた、ファッションスタイリストジャパン(FSJ)の西岡慎也氏が、ファッションとの向き合い方、具体的なテクニックなどを、ビジネスパーソンに向けて伝授する。

半袖シャツにジャケットはNG

  気候がだんだん暑くなってきたので、そろそろクールビズの準備を始めた方もいらっしゃるでしょう。今回は、クールビズで最低限これだけは守ってほしいということをいくつかご説明します。 

 まず、クールビズでネクタイを外すと、カッターシャツはどうしても襟が浮いてしまいます。襟が浮くとだらしなく見えてしまうので、ボタンダウンのシャツを着て、襟を押さえるとしっかりとして見えます。

 襟の高さは台が少し高めのものにしましょう。台襟の高さで「男らしさ」や「強さ」を印象付けることができます。ラガーマンが襟を立てるのは、強さやエネルギッシュさを見せるためでもあるのです。襟が低いとどうしても可愛く見えてしまうものです。「ガンダム」や「マジンガーZ」を思い浮かべてみてください。もし、ガンダムがなで肩だったら、強そうに見えませんよね。

 ポロシャツを着る方もいらっしゃると思いますが、個人的な見解を言わせてもらうと、ポロシャツはやはりカジュアルであって、ビジネス向きではではありません。昔、省エネスーツというとんでもないものがありましたが、役所が推奨したからと言ってやって良いことと悪いことはしっかりと判断しましょう。

 また、一番やってはいけないのは半袖シャツの上からジャケットを着ること。本当にだらしなく見えますし、もともとシャツを着るのはジャケットが皮脂や汗で痛むのを防止するためなのに、半袖シャツはあり得ません。これは特に女性からも評判が悪いファッションなので、気を付けたほうが良いでしょう。半袖よりも長袖をまくったほうがバランスが取れた見栄えになります。

ジャケットの畳み方にも意識が表れる 

 体質的に汗掻きの方は特に、夏場にジャケットを着るのが苦痛だと思います。商談の現場ではエアコンが効いているので耐えられるかもしれませんが、移動中などはどうしても脱ぎたくなってしまうものです。ただ、そんな時もジャケットを指先で引っかけて肩にかけるような持ち方はだらしないのでお勧めできません。

 ジャケットを脱いで持つときは、折り方にコツがあります。表側を外に出すと痛んだり汚れたりするので、まずジャケットを裏返しにし、2つ折りにし、それから縦に折って持ちます。

西岡慎也第9回1 西岡慎也第9回2 西岡慎也第9回3

 こうすれば見た目にもキレイですし、裏側が汚れる分にはあまり気にすることはありません。表側を晒していると、どうしても服を適当に扱っているイメージがついてしまいます。逆に裏返しにして畳んでいると、われわれのような専門家から見ても「とても服を大事にしている人だ」と良い印象を持たれます。

 これは、飲食店などでハンガーがない場合などにも使えます。実際に服を守るということに加え、1つの所作として、美しく見えるという効果もあるのです。 

西岡慎也のワンポイントアドバイス

西岡慎也 クールビズの季節、汗かきの人は特にハンカチを持ち歩いてください。その際、ポケットから少し出して柄を見せる人もいますが、極力避けたほうが良いでしょう。ハンカチを入れる場所はジャケットの内ポケット。そして、シャツのポケットにボールペンを刺したりすると形が崩れてしまいます。ちなみに、私は普段からポケットのないシャツを着用しています。

 (にしおか・しんや)1979年生まれ。茨城県土浦市出身。21歳で米輸入会社ワイルドウエストジャパンに就職し、約4千人のファンを獲得。2001年、セレクトショップ「WITH PREASURE」を独立開業。従来のアパレルの販売方法ではなく、コンサルティングを中心としたコーディネートの手法を確立する。10年にファッションスタイリストジャパンを設立し、多くの著名人、エグゼクティブの顧客を獲得し、現在に至る。

「エグゼクティブのための インプレッションコントロールセミナー」(参加無料)

講師:西岡 慎也(株式会社ファッションスタイリストジャパン 代表取締役社長)
日時:6月21日(金)15001700
定員:各6名(男性限定)

会費:無料

会場:東京都港区白金台5-4-7 バルビゾン25番館4F(株式会社ファッションスタイリストジャパン 本社セミナールーム)
地図:http://mail.omc9.com/l/023G1X/weBOAKDI/

お申込みはこちらから

 

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

会員制ホテルなどを展開するリゾートトラストは4月1日付でトップが交代し、創業者の1人である伊藤與朗会長は代表取締役ファウンダーグループCEOに就いた。共同創業者の伊藤勝康社長は代表取締役会長CEOとなった。伏見有貴副社長は代表取締役社長COOとなり、創業45年で初めて代表取締役3人体制となった。聞き手=榎本正…

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年12月号
[特集]
平成 ランキングで振り返る“時代”の経営者

  • ・バブル破裂で顔ぶれ一新 平成人気経営者の系譜
  • ・次の時代を創るリーダーとは?

[Special Interview]

 榊原定征(2025日本万国博覧会誘致委員会会長)

 「誘致決定まで1カ月 大阪万博を日本経済の起爆剤に」

[NEWS REPORT]

◆コンビニ軽減税率適用で激化する「外食VS中食」の戦い

◆「液晶のシャープ」が有機ELスマホを発売 初の国産パネルで攻勢をかける

◆「世界一高い」と認定された日本の携帯料金のこれから

◆チャネル政策を見直すトヨタ自動車の危機感

[特集2]

 北海道・新時代の幕開け

ページ上部へ戻る