マネジメント

社長時代は、外資系投資ファンドと組織のアイデンティティを懸けた戦いを繰り広げるなど、激動の時代を走り抜けた村上隆男氏。技術者としての論理的、冷静な思考を持つ一方で、そのマネジメント哲学は、熱く人間くさい。経営者としての素地を養った経験と、人を育てる極意に神田昌典氏が迫る。構成=吉田 浩 Photo=森モーリー鷹博

入社早々に部下を持ち組織のことを学ぶ

201707KANDA_P03

むらかみ・たかお 1945年生まれ、神奈川県出身。東京大学農学部卒業後、サッポロビール入社。技術部担当部長、ビール製造本部製造部担当部長、大阪工場長、製造本部製造部長、常務執行役員営業本部商品開発部長などを経て、2003年取締役専務執行役員生産技術本部長。04年サッポロボールディングス常務取締役を務めたのち、05年同社長グループCEOに就任。11年同会長、13年より現職。

神田 村上相談役といえば、社長就任時にはサッポロビールでも44年ぶりの技術畑出身の社長として話題になりました。また、社長時代には人材育成にも力を入れておられたと聞いています。

村上 大学教養学部時代にDNAについて授業で教わり、その凄さに感銘を受けました。もともと数学も好きだったので、理系に進もうと決め、東大農学部農芸化学科へ進学しました。大学院を意識したのですが、最終的には就職を選びました。生物と化学の応用分野に進みたかったんです。そうなると、まさにビール会社がうってつけでした。お酒が飲みたくて入社したわけではないんです。

神田 入社後は研究所への配属だったのでしょうか?

村上 それが札幌工場への配属でした。しかも、入社していきなり15人以上の部下を持たされ、私の父親以上の年齢の方もいらっしゃいました。醸造の現場のプロフェッショナルの方々です。その方々を束ねなければならない。工場というのは、組織ですから、1人で頑張っても何もできません。チームはマネジメントが大事なんです。

神田 入社したばかりの若者が、その道何十年のプロの上に立つわけですか。

村上 毎月ビールデーという日がありまして、社員一人一人に、ビールが1本配られるんです。仕事が終わると工場の事務所で部署ごとに飲むのですが、たった1本で終わるはずもなく、そこからススキノに繰り出します。すると、上司なんだから奢ってくれと言われる。当時、現場で働く方の給料は決して高くはなかった。とはいえ、私も入社したばかりで、給料は安い。仕方がないのでツケが効く店を見付けて飲んで、ボーナスは全部ツケで消えました。そこで、「工場は組織で動く」ということや、チームの大切さを叩きこまれた気がします。

神田 社長になって、そのころの経験が生きたことはありましたか。

村上 目線を同じにするということですね。若い頃は、社長から呼びだされると緊張して、言いたいことも言えなくなってしまいますよね。社長に限らず、チームの中でもあまりに上下関係が大きいと、ちゃんとコミュニケーションが取れなくなる。だから、社長時代は部下から報告の書類が上がって、疑問点があっても社員を呼び付けたことはありません。なんとなく、その部下がいるフロアに姿を現して、「あの報告書はどういう意味?」と雑談っぽく聞くんです。すると「ではレポートにして報告します」というので、「そうじゃなく、今教えて」と。生の言葉で知りたいんですね。すると、その場での答えはもちろん、後から「あそこが間違っていたことに気が付きました」と修正されたものが提出されるんです。

神田 指摘するのではなく、気付きを与えるわけですね。

村上 そのとおりですが、それでも社長に声をかけられるだけで緊張する人も多い。大阪工場時代には、工場長である私が近寄るだけで逃げてしまう社員もいました。その社員には、あえて昼食時に近くに座るようにしたり、自然と話す機会が増えるようにしていきました。

毎日の味の変化を記録し続けた

神田 札幌の工場では、どんな仕事をされていたのでしょうか。

村上 ビールを造る際、麦芽やホップといった原材料があって、酵母がある。同じように発酵させて作っているのに、なぜか味が変わっていくことがあります。温度の違いなど、さまざまな要因があるのですが、できるだけ味を安定させ、さらに良い味にして行くにはどうすれば良いのか、そういうことを追求していました。

神田 やはり、今とはビールの品質も違うのでしょうね。

村上 例えば、ビールはビン詰め缶詰めにすると、その直後から少しずつですが味の変化が始まるのですが、その変化の度合いは今のビールの3カ月たった味と、当時の1カ月たった味が同じくらいかもしれません。それくらい、できたての新鮮さを保つことができるようになっています。

神田 その後は、静岡工場にも行かれていますね。

村上 札幌工場は、当社にとっては歴史ある古い工場ですが、静岡工場は当時の最先端の工場でした。コンセプトは世界ナンバーワンの工場でしたし、すべてコンピューター制御で製造するというものでした。規模も大きくて醸造タンクも従来のものの数倍の大きさがある。すると、酵母の働く環境が変わってしまい、狙いどおりの味にならない。環境が違いすぎて、過去のデータがあてにならなかったんです。そこで、毎日少しずつ条件を変えて、実験を繰り返しました。温度が0.1度違うと全く違う味になるのがビールですから。

経営者、マネジャーの役割は、公平にチャンスを与えること

201707KANDA_P02

神田 社長時代には、グローバル化も進められましたね。

村上 以前は、国内で生産して輸出という形でしたが、そうなると為替リスクがある。そこでなんとか海外生産できないかという話でした。もともと提携していた海外ビール会社のビールは当社が輸入販売するなど関係はあったので、話は進みました。しかし、海外の工場だと、日本と同じことをしても味が変わります。そのときは、当社が日本の工場のやり方を押しつけるのではなく、現地の技術者の助言を大事にしました。結果として、われわれが届けたい味ができれば良いのですから。

神田 社長就任時にはどのようなことを考えられたのでしょうか。

村上 それ以前は、サッポロビールの技術部門のトップという立場でしたから、考えるのは技術、品質のこと、そしてビール、焼酎、ワイン等のことだけで良かった。しかし、ホールディングスだと、さらに清涼飲料があり、不動産まであります。ホールディングスと言っても、それぞれ別会社だからそれでいいと思ったら、そこで変化がなくなってしまいます。ですから、それぞれの技術や知見を応用しなければならないと思っていました。簡単ではありませんが、例えばビールと焼酎、ワイン、飲料の研究所を同じ敷地に置いてみると、自然に交流が進む可能性が高いと考えました。

神田 先ほどの話に出てきた、指摘したり、やらせたりではなく、気付いてもらうということですね。

村上 トップに立つ者、マネジャーがやらなければならないのは、そういう場を作る、チャンスやフィールドを用意することだと思います。ビール製造部門のトップ就任のときに、以前から進んでいた省エネ目標があったのですが、なかなか成果が出ていなかった。そこで3年で10%のエネルギーコスト削減という目標だけを与えたプロジェクトを組成しました。

 品質さえ下げなければ何をやってもいい、と。結果から言うと、1年で30%のエネルギーコストの削減ができました。70億円掛かっていたコストが50億円になったんです。それもたった3人のメンバーで、設備投資もしなかったのです。ただ、3人で1つの工場に行って、細かいところまで徹底してチェックして改善案を提案していっただけです。それを社内の情報共有サイトに報告し続けました。すると、最初は冷ややかに見ていた人たちが、「うちの工場でもやってくれ」と3人が引っぱりだこになったんです。推進する3人に権限を与えてチャレンジさせ、それを知らしめる。そして、実行する機会を公平に準備する。こういう環境作りが大切だと言うことです。

ファンドとの対決を通じて意識したガバナンス

201707KANDA_P01神田 それから、2007年以降に起きた、スティール・パートナーズによる株式の大量買い付け提案について、お聞きしたいのですが。

村上 あまりその件で話す機会はありませんでしたね。TOBをかけられたのは、当社にも課題があったからだと思っています。ビール事業の利益率の低さであったり、当時はそもそも業績が長い間低迷していた時期でもあった。

 ファンドからは「ビール事業のような利益率が低い事業をやっていて何になる」「飲料みたいな小さな事業をやる価値があるのか」「外食事業をやる意味はあるのか」など、毎年さまざまなことを突き付けられました。そのファンドの監視の中で、リスクのある投資にチャレンジして、失敗することはやりにくいし、それで利益を出さないとまた突っこまれる。そういう難しい状態でした。いろいろな選択肢があるなかで、このまま株式を買われていっても良いのかもしれないという考えを持つ人もいました。そういう考え方もあるかもしれませんが、われわれは徹底抗戦して、最終的にはファンドが撤退するということに落ちつきました。

神田 大変な時期だったと思いますが、功罪はあったのでしょうね。

村上 功の部分も大きかったですね。今、世間で企業のガバナンスが言われていますが、ファンドとのやり取りの中で社外取締役を増やそうといったことは当時から進みました。

神田 この対談では、経営者の皆さまに、子どもに読ませたい本を伺っています。

村上 子ども向けの本でなくても良いのであれば、宮大工の西岡常一さんが書いた『木のいのち木のこころ』という本です。法隆寺の再建などに携わられた方で、いかに木が大切か、そして木を扱う大工の技術、心の大切さが書かれています。技術だけでは駄目で、そこに心があり、その相互作用で良い物ができていく。そういうことが書かれているので、ぜひ読んでほしい本ですね。

かんだ・まさのり 経営コンサルタント、作家。1964年生まれ。上智大学外国語学部卒。ニューヨーク大学経済学修士、ペンシルバニア大学ウォートンスクール経営学修士。大学3年次に外交官試験合格、4年次より外務省経済部に勤務。戦略コンサルティング会社、米国家電メーカー日本代表を経て、98年、経営コンサルタントとして独立、作家デビュー。現在、ALMACREATIONS代表取締役、日本最大級の読書会「リード・フォー・アクション」の主宰など幅広く活動。

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件に学ぶ 不祥事対応のプリンシプル

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

「ブラック企業」という評価の考察

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

グローバル化が進む中、多くのビジネスパーソンにとって英語力の向上は大きな関心事の1つ。日本人が相変わらず英語を苦手とする理由と解決策について、英語学習アプリで展開するポリグロッツの山口隼也社長を取材すると共に、同社が提供するサービスについても聞いた。(取材・文=吉田浩)日本でますます高まる英語学習熱  201…

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年12月号
[特集]
平成 ランキングで振り返る“時代”の経営者

  • ・バブル破裂で顔ぶれ一新 平成人気経営者の系譜
  • ・次の時代を創るリーダーとは?

[Special Interview]

 榊原定征(2025日本万国博覧会誘致委員会会長)

 「誘致決定まで1カ月 大阪万博を日本経済の起爆剤に」

[NEWS REPORT]

◆コンビニ軽減税率適用で激化する「外食VS中食」の戦い

◆「液晶のシャープ」が有機ELスマホを発売 初の国産パネルで攻勢をかける

◆「世界一高い」と認定された日本の携帯料金のこれから

◆チャネル政策を見直すトヨタ自動車の危機感

[特集2]

 北海道・新時代の幕開け

ページ上部へ戻る