文化・ライフ

「仕事ではファッションが大事」と言えば、大事なのは中身だと反論されるかもしれない。だが、「仕事では印象(インプレッション)が大事」と言い換えれば、おそらく異論は少ないだろう。「ファッションとは、その人の内面、在り方を表すもの」と考えれば、そのプライオリティは高まるはずだ。本シリーズでは、20年間で2万人以上のファッションをコーディネートしてきた、ファッションスタイリストジャパン(FSJ)の西岡慎也氏が、ファッションとの向き合い方、具体的なテクニックなどを、ビジネスパーソンに向けて伝授する。

雨の日のファッションと行動の注意点

  ここ数年はゲリラ豪雨など、突然の雨に見舞われることが増えました。特に夏場は急な夕立でずぶ濡れになってしまうこともあります。今回は、雨の日の服装についてお話しします。

 まず、気にしたいのは靴です。革靴を雨の日に履いて水がしみ込んでしまうと、汗と湿気が混じって白い染みが浮き出てしまうことがあります。洗って塗りなおして原状回復しようとすると、場合によっては1万円くらいのコストが掛かってしまいます。

 ですから、ぜひ雨の日用の靴を1足用意していただきたいのです。お勧めなのは、コールハーン、スコッチグレインなどが出している防水系のレザーシューズです。これらはデザイン的にも問題なく、安心して履ける商品です。

 本来、普通の革靴は雨の日には履かないのがベストです。天気予報の降水確率が40%くらいでも、気を付けてほしいと思います。

とはいえ、予期せぬ雨に見舞われることもあるでしょう。そんな時は、コンビニのビニール傘を買って無理して歩くより、可能であればタクシーを拾ってしまいましょう。そのほうが長期的な視点で見れば、傘を毎回500円で買って靴にダメージを与えるよりコストが抑えられます。

 2~3万円する靴がすぐに傷んで買い替えを余儀なくされたり、磨くためのコストが掛かったりすれば、結局そちらのほうが高くついてしまうのです。多くの人がそこに気づかずに、損をしているのが実情です。

 雨に濡れた後、服の手入れは?

 次にスーツですが、もし雨に濡れてしまった場合は、すぐにクリーニングに出さずに、濡れ拭きとカラ拭きを軽く行った後、裏返しにして風通しの良いところに干してください。

 知らない方も多いのですが、クリーニングでは通常、機械を使って洗うため、頻繁に利用するとどうしても生地が傷みやすくなってしまいます。しわ取りも、できれば自分でマメにアイロンがけをしてください。クリーニングに出すのは、シーズンの終わりに一度くらいにするのが理想的です。

 ワイシャツも同様に、クリーニングを頻繁に使うと、のり付けとプレスによって傷みが早くなります。特に襟元はすぐにダメになってしまいます。洗濯機で洗うときは、脱水のときに傷まないように、洗濯ネットに入れると良いでしょう。

 数千円のシャツを何度も買い替えるより、オーダーメードのシャツを何着か持って大事に着たほうが結局はお得です。オーダーシャツなら襟交換も可能なので、丁寧に扱えば何年も着ることができます。コストを抑えられるだけでなく、良い物を身に付けることで、きっと仕事に対するモチベーションも上がると思います。 

西岡慎也のワンポイントアドバイス

西岡慎也シャツの皮脂汚れを落とすときにお勧めしたいのが、東邦というメーカーが作っている「ウタマロ石けん」。洗濯機に入れる前に手洗いすればかなり汚れが落ちますし、価格も安いです。一度試してみてください。

 (にしおか・しんや)1979年生まれ。茨城県土浦市出身。21歳で米輸入会社ワイルドウエストジャパンに就職し、約4千人のファンを獲得。2001年、セレクトショップ「WITH PREASURE」を独立開業。従来のアパレルの販売方法ではなく、コンサルティングを中心としたコーディネートの手法を確立する。10年にファッションスタイリストジャパンを設立し、多くの著名人、エグゼクティブの顧客を獲得し、現在に至る。
 

「エグゼクティブのための インプレッションコントロールセミナー」(参加無料)
日時:2017年8月8日(火)、8月25日(金)15:00~17:00 
※両日とも講演内容は同じになります。
定員:各6名(男性限定)

会場:東京都港区白金台5-4-7 バルビゾン25番館4F(株式会社ファッションスタイリストジャパン 本社セミナールーム)
地図:http://mail.omc9.com/l/023G1X/weBOAKDI/

お申込みはこちらから

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る