マネジメント

消費者が安心して競売不動産を取得できるインフラづくりを行う不動産競売流通協会。青山一広代表理事は資格試験や勉強会の運営を通じて、「不動産のプロ」を育成。会員企業をサポートしながら、競売市場を不動産のセカンドマーケットに育てている。

【不動産競売流通協会;競売不動産市場の発展のため資格の運営で不動産のプロを育成する】

201803FUDOUSAN_P01

一般社団法人不動産競売流通協会代表理事 青山一広(あおやま・かずひろ)

 「かつての競売不動産市場は法律の不備から落札物件に暴力団が占有するなどダーティーな側面が強い上に、一般消費者は参加しづらいという不透明な点が数多くありました。現在では、法改正が進み、暴力団による占有トラブルがほぼ皆無になりました。インターネットにより物件情報が公開され、一般消費者が参加しやすい状況が整い、競売市場はオープンでクリーンになっています。私たちは協会活動を通じて、買受人、債務者、不動産会社がウィンウィンウィンになれるように努めています。欧米のように競売物件を当たり前に売買できる市場をつくりたいですね」(青山一広代表理事) 

 不動産競売流通協会(FKR)は、競売市場を健全にする目的から全国の不動産業を含む約370社の会員向けに勉強会や支部会を開催。知識・実務面のスキルアップやネットワーキングを手助けしている。

 また、競売をめぐる安心・安全な取引環境づくりが求められる中、FKRは独自の「競売不動産取扱主任者資格」試験を運営している。資格の特徴は競売関連の法律やルールについて学ばせるだけではなく、購入者への助言や代行に必要な知識の習得を促す点だ。2011年の実施開始からこれまで約1万数千人もの受験者と約4500人の合格者を世に送り出した。受験者は不動産業従事者が半数以上を占めるほか、金融機関従事者が2割弱、士業が1割弱となっており、業界内外での認知度を高めている。

 「競売不動産取扱主任者資格」は17年に、日本不動産仲裁機構におけるADR(裁判外紛争解決手続)調停人の基礎資格に認定された。これによって、資格保持者は競売購入のアドバイスだけでなく、非弁行為とされる占有者への立ち退き交渉もできるようになった。物件明け渡しのトラブルが起きた場合、話し合いによる解決で手数料を得ることができる。

【不動産競売流通協会;競売不動産市場の発展のため、消費者向けの競売不動産セミナーを定期的に開催】

 現在、競売不動産市場は金融機関の返済条件緩和などの影響を受けて、出品物件数が減少基調をたどっている。16年の出品物件数は約2万9千件と5年前の半減以下となった。

 しかし、“競売予備軍”といわれる、住宅ローンの条件変更件数は増加の一途をたどっており、金融庁による17年6月の発表では41万1千件に達した。最近では、年間約5万件ずつとハイペースで増えている。今後は競売・任意売却案件が増加する可能性を無視できない。宅建業法でカバーできない2つの市場の取引環境を健全にしながら、会員企業に業務の幅を拡大してもらう構えだ。

 青山代表は「資格を取得することによって、一般の不動産に加えて競売、任売物件を取り扱えるようになります。これは非常に画期的なことです。今以上に私たちが皆さんへ資格受験を呼び掛けることで、市場全体の活性化につながるでしょう」と自信を見せている。

 現在、FKRは事業者に限らず、一般消費者へのサポートにも力を注いでいる。消費者向けの競売不動産セミナーを定期的に開催することで、啓蒙活動を行う。また、08年には不動産競売物件の会員制ポータルサイト「981.jp」をオープンした。裁判所が公開している競売物件情報(BIT)にFKRが詳細なデータを付け加えて公開している。購入意欲の高い消費者に対して、全国の会員が利用者の競売参加を支援する仕組み。一般会員は約8万人で、投資家がうち7~8割だ。

 また、「981.jp」内には「競売不動産トラブル窓口」を開設している。消費者は落札後に「空き家のはずなのに占有者がいる」「購入した住宅が事故物件だった」「業者にだまされた」といった悩みや困りごとに直面するケースがある。FKRのスタッフがサイトのフォームから寄せられた相談に対してメールで回答している。深刻な相談はほとんど寄せられていないが、サイトの存在を通じて安心感につなげたいという。

 「私たちは不動産取引に関わる全ての方にハッピーになっていただきたいと考えています。その中でもダーティーに思われがちな競売マーケットがクリーンな取引環境になるように、『981.jp』を消費者の不安解消や取引円滑化のツールとしてご提供しています。手間ひまは掛かりますが、急がず、焦らず、地道にやっていきます」(青山代表)

 FKRは18年12月で設立10周年を迎える。青山代表は協会の機能強化を踏まえて、「10年の節目を迎えるにあたり、私たちの活動の第1弾とも言うべきものが完成形になりつつあります」と一定の手応えを感じている。

 メニュー拡充を通じて、日本の不動産事業者が欧米のようにエリートの専門家として扱われるべく社会的地位を高めたい考えだ。

 「競売物件市場を不動産のセカンドマーケットに育てるため、どの地域のどんな競売物件でも公正かつ安全に取り引きできるような環境を全国に広げたいです」と意欲を燃やしている。

 

一般社団法人不動産競売流通協会

  • 設立/2008年12月
  • 事業内容/不動産競売物件情報の分析と公開、会員等に対するセミナー・研修といったサービス業務、「競売不動産取扱主任者資格」試験の実施など
  • 所在地/東京都港区
  • ホームページ/http://fkr.or.jp/

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件とダスキン事件に学ぶ 不祥事対応の原則

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

ブラック企業と労災認定

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

未来のモビリティ社会実現に向け日本と欧州の懸け橋に―シェフラージャパン

自動車産業・産業機械の世界的サプライヤー、シェフラーグループの日本法人で2006年イナベアリングとエフ・エー・ジー・ジャパンが合併して設立。国内4拠点で自動車エンジン、トランスミッション、シャーシなど精密部品、産業機械事業を展開する。文=榎本正義四元伸三・シェフラージャパン代表取締役・マネージング…

シェフラージャパン代表取締役 マネージング・ディレクター 四元伸三氏

日本一歴史の長い女性用化粧品会社が挑む「革新と独創」―伊勢半

【特集】2019年注目企業30

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年5月号
[特集]
進化するチーム

  • ・総論 姿を変える日本の組織 個人とチームが互いに磨き合う時代へ
  • ・小笹芳央(リンクアンドモチベーション会長)
  • ・稲垣裕介(ユーザベース社長)
  • ・山田 理(サイボウズ副社長)
  • ・鈴木 良(オズビジョン社長)

[Special Interview]

 南場智子(ディー・エヌ・エー会長)

 「社会変革の今こそ、組織を開き、挑戦を加速する」

[NEWS REPORT]

◆社長になれなかった松下家3代目がパナソニック取締役を去る日

◆DeNAとSOMPOが提案する新たなクルマの使い方

◆ここまできたがん治療 日の丸製薬かく戦えり

◆ブレグジット目前!自動車各社は英国とどう向き合うか

[特集2]九州から未来へ

 九州一丸の取り組みで生まれる新しい産業

ページ上部へ戻る