文化・ライフ

出版不況と言われて久しい。インターネットに読者を奪われ、紙の本がますます売れなくなっている。そんな時代にあって、手掛けた本の増刷率90%、平均部数5万部を達成しているのがかぎろい出版マーケティング代表出版プロデューサーの西浦孝次氏。同氏がこれまでの経験から培った、売れる本をつくるためのノウハウを披露する。(取材・文=吉田浩)

西浦孝次氏プロフィール

(にしうら・こうじ)出版プロデューサー。一般社団法人かぎろい出版マーケティング代表。奈良県出身。大手出版社で書籍マーケティングを手掛けた後に独立し、かぎろい出版マーケティングを立ち上げる。その後プロデュースした書籍は平均増刷率90%、平均販売実績48,000部を達成。20万部を突破した堀江昭佳氏の『血流がすべて解決する』を仕掛けるなど、数々の実績を持つ。独自に培った「売れる本づくり」に必要な販促ノウハウや、読者づくりのためのオウンドメディア構築に関するセミナーも開催している。

 

 西浦氏は学研の販売部門勤務を経て2010年に独立。書店や取次への営業を通じて培ったマーケティングノウハウをベースに、出版プロデューサーとして平均で5万部という実績を重ねてきた。

 販売畑出身の西浦氏が得意とするのは、書店のどの棚に本が置かれ、どのような広告を打ち、どうやって口コミを広げていけば売れるかといったところから戦略を組み立てていく逆算のマーケティングだ。いくつもの出版社に企画を持ち込んで、あとは著者と編集者にお任せといった出版プロデューサーも多い中、本の制作から発売後の販促まで、アグレッシブに関わっていく。

 一方で、企画力についても学研時代に鍛えられた。同社は伝統的に販売部門の力が強く、編集部が上げてきた出版企画を突き返すことも日常茶飯事。本のタイトルや内容について、販売から編集に逆提案するのも珍しくない社風だった。年間1千本に近い企画に目を通してきた西浦氏も、ここで「売れるか売れないか」を目利きする力を養ったという。

 以下、西浦氏がサラリーマン時代と独立後を通じて、試行錯誤の末にたどり着いた「本が売れない時代に本を売る」ためのポイントを紹介する。

 

売れる本をつくる秘訣①―市場規模を考える

 

 書籍は企画の段階から、単に内容が面白いというだけでなく、どうしたら売れる形になるかを考える必要がある。そのために重要なのが市場規模だ。内容が同じでも、大きな市場を取れるように切り口を工夫することが大切だ。

 例えば、西浦氏が手掛けた著者の1人に、食育についての本を書きたいという女性がいたが、食育に興味のある読者は限られていた。著者に書きたい内容を聞くと、若い女性たちが偏ったダイエットにより不健康なやせ方をして、流産や早産、不妊などの問題につながりやすいという現状があるので、これを何とかしたいという。 

 そこで、健康的に痩せるノウハウを提供することで、結果的に食育の啓発になればいいのではないかと考え、ダイエット本として売り出したところ、大きく部数を伸ばせた。

 市場を見る基準は、「直近で10万部以上のベストセラーが出ているジャンルかどうか。潜在読者数で見ると失敗する」と西浦氏は指摘する。

 たとえば風邪をひく人はたくさんいるが、ほとんどの人は病院に行くか薬で治してしまうため、風邪の治し方を本にしても売れないのは容易に想像がつくだろう。

 市場が大きくなると競合も増えるため、ウェブ検索で上位に食い込むのは難しいが、ダイエットや美容健康本などは紙の書籍だとまだ売れやすい。

 「ターゲットの属性や競合性から、ウェブでは届きにくいテーマがまだまだ存在する。そういった『紙の本の方が強い』ジャンルが狙い目」だという。

 

売れる本をつくる秘訣②―発売後の初速を上げる

 

 

 市場が大きい分野で戦うためには、本の発売後、販売の初速をいかに上げるかが重要だ。初速で消化率が高ければ、出版社サイドも広告宣伝に力をかけやすくなるからだ。

 そのためには、本の発売から1週間~6週間ぐらいまでの計画を綿密に立てる。発売後にどう売るかを考えても遅いのだ。西浦氏の場合は、著者の原稿が完成する前に販売戦略を練り、スタートダッシュに成功することで増刷率が9割を超えた。

 初速を出すためには、書店で新刊本を常にチェックしている読書マニアの心をいかに掴むかが重要になる。老若男女問わず、毎週本屋に立ち寄って、特定ジャンルの新刊本をチェックしている層は一定数存在する。彼らに刺さるメッセージを送るための具体的なアクションとして、ポップや本の帯など、打ち出し方を考え抜くことが求められる。

 ちなみに、西浦氏が手掛けて22万部を達成した『血流がすべて解決する』(堀江昭佳著)という本の場合、“「血液サラサラ」ではなく、「血流たっぷり」をめざしなさい。”という帯のフレーズが、ある週刊誌編集者の目に留まり、すぐに取材依頼が来たことで勢いがついた。「無料の広告スペース」である帯を有効活用することが、いかに重要かを物語っている。

 

売れる本をつくる秘訣③即実践できる販促プランを用意する

 

 著者の努力も必要だ。出版社としては、初速で10%以上の消化率が欲しいところ。新刊の配本部数が4千冊なら、発売後1週間で400冊は売りたい。そのうちの100冊程度は著者自身に売ってもらうのがベターだ。

 西浦氏いわく「企画書づくりや、原稿執筆で力尽きて、いざ出版のときに販促がノープランという方が非常に多い。これでは売れる本も売れないので、行動できるレベルでプランを用意しておくことが大切」とのことだ。
 「たとえば著者の知り合いで買ってくれそうな人をリストアップして、一人ずつアプローチすれば65%くらいは買ってくれる傾向にある。100人に売るには200人程度にメッセージを送ればよいので、発売から逆算して、だいたい10日前までに200人にメッセージを送るというプランが立てられる」

 そのために、著者にはSNSでの丁寧なコミュニケーションに力を注いでもらう。フォロワーだけが増えても関係が薄いと本当の意味では力になってもらえないからだ。

 「タイムラインをコミュニケーション・ボードだと思って、意見交換をしていくのが大事」とコミュニケーションの質を重視する。

 SNSをやっていない著者の場合は、たとえば自分の顧客などにアプローチしてもらうことをアドバイスする。そしてSNS以外で「著者のことを全く知らない層」へのアプローチにも力を注ぐ。

 具体的には著者に自分のウェブメディアを立ち上げてもらい、SEOを意識した記事づくりで潜在顧客への情報発信を行う。発売までに月間30万PVくらいまでにしておくことができれば、かなり初速はつけやすいという。

 「サイト立ち上げから、検索ユーザーの流入、リピーター化を考えると相当の準備期間がいる。発売後に慌てて準備していては間に合わない」と事前準備に余念がない。

 

売れる本をつくる秘訣④―コアなファン以外に読者層を広げる

 

売れる本づくりのために、セミナーで講師も務める西浦氏。

 

 コアなファンに売れた後は、違う層に訴求するために向けにポップなどを変更していく必要がある。

 「読者層を広げる努力をしっかり行うことによって、10万部までは売れる。本は早く、長く売ることが大事。初速で成功しても、その後1年以上店頭に置かれない本は10万部に達しない」と、西浦氏は言う。

 10万部を超えた後は、SNSなどを利用して、口コミでどれだけ拡散できるかがポイント。口コミはネットとリアルがあるが、リアルの口コミを広げるには、テーマが女性向けの本が有利だ。

 自動車などの高額商品より、化粧品や美容健康、ファッション関連など、「商品が低額で、かつ、使ってはじめて良さが分かる商品」のほうが他人の評価が気になり、口コミが広がりやすい傾向にある。

 もう1つ、本のテーマ選びの1つの基準として西浦氏が挙げるのは「弱っているときにも抵抗なく読める本」。つまり、勇気づけられ、元気が出て、身体がしんどくても読める本ということだ。

 また、「口コミの際は本のフレーズを抜き出して伝える人も多いので、見出しなどに名言らしきものを10個程度仕込んでおくと良い」ともアドバイスする。

 

売れる本をつくる秘訣⑤―信頼できるパートナー選び

 

 出版プロデューサーの中には、著者を出版社に紹介して企画を持ち込んで終了といった人物も多い。中には、50社に一気に企画書をバラまいて、返事が来たところから会いに行けと著者に指示するケースもある。結果として複数社で似た内容の本を出すことになってしまい、部数が分散してしまうようなこともある。著者としては1社からベストセラー出した方が大きな実績になるので、これではもったいない。

 編集者から書店員にいたるまでしっかりした人脈を持ち、企画段階から本の発売後まで一緒に動いてくれるプロデューサーであれば心強い味方になるはずだ。

 

売れる本をつくるには全方位のマーケティングが必要

 

 上記に加え、現在はツイッターやインスタグラムなどのインフルエンサーによるマーケティングも重要度を増してくるだろう。特にツイッターは日本においては影響力が大きく、「バズりやすい」メディアだ。

 「以前は10代、20代がツイッターユーザーのメインだったが、今は30代まで利用者層が伸びている。10年後には40代、20年後には50代もツイッターを見て本を買うようになるかもしれない。今まで以上に数千、数万人のフォロワーがいる読書アカウントの重要度が増すのでは」と、西浦氏は指摘する。

 本を書くということのハードルは下がっているが、「売れる本」にするためには、全方位のマーケティングと相当な努力が必要な時代となっている。だが、

 「本を売るための方法は分かっているので、きちんとやれば結果は出ます」と西浦氏は断言する。

 しっかり頑張れば結果が出るという意味では、無名の著者にもチャンス到来と言えるだろう。  

 いずれは本を出版したいと考えている人は、西浦氏のロジックを参考にしてみてはいかがだろうか。

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

グローバル化が進む中、多くのビジネスパーソンにとって英語力の向上は大きな関心事の1つ。日本人が相変わらず英語を苦手とする理由と解決策について、英語学習アプリで展開するポリグロッツの山口隼也社長を取材すると共に、同社が提供するサービスについても聞いた。(取材・文=吉田浩)日本でますます高まる英語学習熱  201…

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年12月号
[特集]
平成 ランキングで振り返る“時代”の経営者

  • ・バブル破裂で顔ぶれ一新 平成人気経営者の系譜
  • ・次の時代を創るリーダーとは?

[Special Interview]

 榊原定征(2025日本万国博覧会誘致委員会会長)

 「誘致決定まで1カ月 大阪万博を日本経済の起爆剤に」

[NEWS REPORT]

◆コンビニ軽減税率適用で激化する「外食VS中食」の戦い

◆「液晶のシャープ」が有機ELスマホを発売 初の国産パネルで攻勢をかける

◆「世界一高い」と認定された日本の携帯料金のこれから

◆チャネル政策を見直すトヨタ自動車の危機感

[特集2]

 北海道・新時代の幕開け

ページ上部へ戻る