マネジメント

ミネベアミツミがユーシンとの経営統合を発表した。ユーシンがミネベアミツミに救いの手を求めた格好だが、今回の統合でミネベアミツミは当面の目標を達成し、なおかつ自動車事業を拡大できる。しかしユーシンには課題も多く、統合はミネベアミツミにとっても大きなチャレンジとなる。文=村田晋一郎

ミネベアミツミとの統合を選択したユーシンの現状

貝沼由久・ミネベアミツミ会長兼社長(右)と岡部哉慧・ユーシン社長

 

 ミネベアミツミは、株式公開買い付け(TOB)を通じてユーシンとの経営統合を行う。TOBは19年1月末から開始の予定で、ユーシン株を1株当たり985円で買い付ける。

 この985円という価格はユーシンの株価の1カ月平均、3カ月平均、6カ月平均すべての数値の平均を30%上回った価格となる。ミネベアミツミとしてはユーシン株式66.67%の取得を目指し、買い付け代金は326億円となる。11月7日、ユーシン側もミネベアミツミの発表を受けて、取締役会において全会一致でTOBを通じた経営統合に賛同。株主に対してTOBの応募を推奨する意向を明らかにした。

 ユーシンは、自動車部品を中心に産業機械、住宅分野まで手掛ける。しかし過去に社長交代の混乱や高額の役員報酬などガバナンスが問題視されていた。

 また、仏ヴァリオからキーセットやドアハンドルを扱うアクセスメカニズム事業を13年に買収したが、そのオペレーションに失敗し、16年11月期に96億円の最終赤字を計上する要因となった。

 しかも同事業はヴァリオ自体が複数の事業を買収して形成したことから、現在もなおオペレーションが統一されておらず、拠点ごとに製造の取り組みが異なり生産性が低く、生産能力に見合う受注が獲得できていない。

 このように経営面でさまざまな問題を抱えているのが、ユーシンの現状だ。一方で事業環境については、主戦場である自動車業界が100年に1度の大変革を迎えており、対応するための態勢づくりが急務であるとともに、それを実現するだけの財務基盤の強化が必須となっている。

 岡部哉慧・ユーシン社長としては、「これらの課題を解決できるパートナーを探してきた結果、今回、ミネベアミツミとの経営統合が最善であるとの判断に至った」という。

 ユーシンとしては、ミネベアミツミと統合することで、ミネベアミツミの海外グループの管理手法や人材を活用し、海外事業の経営基盤が強化できることを期待している。また、ミネベアミツミのものづくりノウハウや高度な加工技術、電子技術を駆使した部品を活用して、事業領域も拡大を図る。さらに製品の開発、製造、販売の各段階において一貫した連携関係を築き垂直統合型のビジネスモデルの構築していく。

 また、岡部社長自身、貝沼由久・ミネベアミツミ会長兼社長の経営論、M&Aの方針に共感を受けたことが決め手になったという。

 

ミネベアミツミのユーシン統合の狙いと今後の戦略

 

グローバル展開の拡大を目指すミネベアミツミ

 ミネベアミツミにとっては、旧ミツミ電機との統合以来のM&Aになるが、今回のTOBの意義は、事業規模を拡大できることと、自動車事業の強化が図れることにある。

 ミネベアミツミは超精密加工技術をベースに、ボールベアリングをはじめとする機械加工品やモーターなどの電子機器まで、幅広い事業ポートフォリオを強みに展開している。

 一貫しているのは、できるだけボラティリティが低く、成長性が高い市場で、なおかつ同社の競争力が発揮できるニッチな市場をターゲットとしていること。

 そして、「マーケットのサイズの割にわれわれが取り組める領域がある自動車、そして住宅設備やビル機器だと考えている」と貝沼会長は語る。

 自動車や住宅設備はユーシンも展開している領域であり、経営統合により成長が期待できる。特に自動車事業は、ミネベアミツミはゼロベースで始めて、現在までに売り上げ1300億円まで成長させており、今回ユーシンと統合することで、約1600億円の売り上げが加わり、自動車分野だけで3千億円規模の事業体を構成できる。

 ユーシンは自動車業界でのビジネスが長く、国内外の自動車メーカーと直接取引するTier1ビジネスを展開してきており、自動車メーカーとの豊富なビジネスノウハウを有している。ミネベアミツミとしては、このユーシンのビジネスネットワークを活用することが、自動車事業拡大の橋頭堡となる。

 また、自動車向けの重要保安部品で培ったクオリティーは、ミネベアミツミの自動車事業を品質面で引き上げることが期待できるという。さらに住宅設備分野でも、スマートハウスを推進していく上で、ユーシンのリソースが生きると見ている。

 生産拠点については、ユーシンは世界15カ国に8カ所の開発拠点と24カ所の生産拠点を有する。ミネベアミツミの海外拠点はアジアが中心であるのに対し、ユーシンは欧州に多くの生産拠点を展開している。ミネベアミツミが展開していない国としては、スペイン、イタリア、ハンガリー、ブラジルにユーシンの工場がある。今回の統合で、ミネベアミツミのグローバル展開が一気に拡大することになる。

ユーシンの統合でミネベアミツミの売上高は1兆円に

 ミネベアミツミは「グループのあるべき姿」として「売上高1兆円もしくは営業利益1千億円」の目標を掲げている。

 また、10%以上の営業利益率を目指しており、売上高1兆円を達成できれば、営業利益1千億円もついてくるという考え。既に19年3月期は売上高が9500億円に到達する見込みで、「来期(20年3月期)はどんなことがあっても売上高1兆円を達成するという決意でここまできている」(貝沼会長)状況だ。そこに今回、ユーシンの全社売り上げ1800億円が加わるため、売上高1兆円の達成はほぼ確実な状況になる。

 「われわれの目標はただ単に売上高1兆円ということではなくて、本当に世界のいろんな皆さまのお役にたてる会社にしたいということであり、また、どこにもない会社をつくりあげるのが、私の目標である。来期はこれでお約束通り、1兆円を何があっても達成できると確信している」と貝沼会長は抱負を語る。

 

ユーシン統合後のミネベアミツミの課題

 

ユーシンが収益の足を引っ張る可能性も?

 一方で課題としてまず挙げられるのは、ユーシンの収益状況だ。売上高1兆円は達成するものの、ユーシンの事業がミネベアミツミの、利益体質を圧迫し、もう一方の目標である営業利益1千億円の達成は遠のくのではないかとの懸念がある。

 ユーシンの一番の問題点は、先に挙げた欧州事業のオペレーションにあるが、貝沼会長は、ここで旧ミツミ電機を引き合いに出す。

 旧ミツミ電機の統合の際にも100億円の赤字を1年後には230億円の黒字に転換した。ミツミ電機の統合の際に、貝沼会長は生産拠点を回って、100項目以上の問題点を指摘したという。それらを逐一改善していくことで、一気にターンアラウンドを実現した。同じことをユーシンの拠点においても改善していくことになる。そして営業利益1千億円も売上高1兆円と同時に20年3月期に達成することを目指している。

 「われわれにとっても大きなチャレンジだが、このチャレンジが成功すれば、1年以内に確実に効果は出てくるだろう。これは歴史が証明することなので、1年後あるいは20年の初頭には、私が間違っていたかどうかは数字が明らかにしてくれると思っている」と貝沼会長は自信を見せた。

 また、ミネベアミツミにとっては、欧州のオペレーションは初めてになる。貝沼会長自身、過去のM&Aの時のように「日本人が東南アジアで行うやり方や日本人が日本人に対して行うやり方は通用しない」と見ている。

 そこは旧ミツミ電機での経験が当てにならず、現地マネジメントと目標をいかに共有できるかがカギになるという。ただ、貝沼会長自身、弁護士として米国で活躍していた経験から、欧米社会での立ち居振る舞いを多少は心得ているとし、このマネジメントには注意して取り組んでいく方針だ。

ミネベアミツミによるユーシンの改革はどうなるか

 あとは時間軸の問題だが、これはミネベアミツミ側がコントロールできない領域でもある。

 TOBを実施する前に各国での独禁法の審査を経る必要がある。現状でミネベアミツミとユーシンは重複する事業はない。同様に重複する事業がなかった旧ミツミ電機との統合も2カ月で審査を終えたことから、今回も短期間で済むとみている。

 独禁法の審査期間は、ユーシンに対して生産性改善などの行動を起こすことが全くできないため、貝沼会長としては、早期に独禁法の審査を済ませて、ユーシンの改革に着手したい考えだ。

 自動車分野は製品採用まで4~5年を要するビジネスであるため、ユーシン統合後の新製品の共同開発ではシナジーはすぐに出てこない。

 しかし生産性改善などは効果が早期に上がるため、19年5月に予定される通期決算発表時にはある程度の状況が判明するとみられる。その時に貝沼会長が手応えをどのように語るかが注目される。

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件とダスキン事件に学ぶ 不祥事対応の原則

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

ブラック企業と労災認定

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

バーチャル空間で開催される会議や音楽ライブなどに、3Dアバターで参加できる画期的サービス「cluster」を生み出したのは、元引きこもりのオタク青年だった。エンタメの世界を大きく変える可能性を秘めたビジネスで注目を浴びる経営者、加藤直人氏の人物像と「cluster」の展望を探る。(取材・文=吉田浩)加藤直人・…

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年1月号
[特集]
平成の事件簿

  • ・[イトマン事件]闇勢力に銀行が食い荒らされた戦後最大の経済事件
  • ・[ダイエー、産業再生機構入り]一代で栄枯盛衰を体現した日本の流通王・中内 功の信念
  • ・[ライブドアショック]一大社会現象を起こしたホリエモンの功罪
  • ・[日本航空経営破綻]親方日の丸航空会社の破綻と再生の物語

[Special Interview]

 高橋和夫(東京急行電鉄社長)

 「100周年に向けて、オンリーワン企業の強みを磨き続ける」

[NEWS REPORT]

◆かつてのライバル対決 明暗分けたパナとソニー

◆経営陣に強い危機感 富士通が異例の構造改革断行

◆売上高1兆円が見えた ミネベアミツミがユーシンを統合

◆前門の貿易戦争、後門の技術革新 好決算でも喜べない自動車各社

[特集2]経営に生かすAI

 「人工知能は『お弟子さん』
日常生活が作品になるということ」
落合陽一(筑波大学准教授)

ページ上部へ戻る