マネジメント

関西地域を中心に水産小売や回転寿司など50店舗以上を経営する大起水産。大手チェーンの回転寿司と比べて、安くはないにもかかわらず行列の絶えない人気店として有名だ。その大起水産が、この8月末に大阪府堺市にまぐろパークをオープンした。訪日外国人客の多い関西地区の新たなランドマークとしても期待されるこの施設。その裏には、日本食における魚食文化の普及という狙いもある。会社設立から43年、創業者である佐伯保信会長に話を聞いた。聞き手=古賀寛明 Photo=北田正明

佐伯保信・大起水産会長プロフィール

さえき・やすのぶ 1944年生まれ。75年に大阪府堺市で塩干類の卸売業として大起水産を創業。独自の流通システムで「街のみなと」など、物販店と回転寿司を中心とした外食店舗を展開するほか、インバウンド対応にも注力、新鮮で安心、安全な日本の食文化を世界に発信している

 

堺の新名所になった大起水産の「まぐろパーク」

 

「まぐろパーク」に込めた佐伯保信会長の思い

―― この夏、堺市に「まぐろパーク」がオープンしました。休日だけでなく平日も盛況ですね。

佐伯 ニュースを含めてさまざまなテレビ番組で紹介されたこともあって、多くのお客さんに来ていただいています。

 日本には、明太子やおいもといったいろいろな食のテーマパークがありますが、ここまで大きなマグロをメーンにした商業施設はありませんでした。1978年よりマグロ加工専門問屋を始めて、この場所ももともと200坪の「街のみなと堺本店」でした。

 そこに今回、隣接する約600坪の土地まで拡張し、「新鮮で、おいしいまぐろ」を味わっていただきたい思いと、堺の新名所にしたい2つの思いで、「街のみなとまぐろパーク」をオープンしたのです。

 今回の店舗拡張で店舗単体の売り上げの倍増を目指しています。そのためマグロの解体ショーはもちろん、320席のフードコート「街のみなと食堂」を新設し、寿司やどんぶりなどのマグロ料理で楽しんでいただけるようにしています。

大起水産がマグロ解体ショーを始めた理由

―― マグロの解体ショーは特にお客さんに人気のようですね。

佐伯 マグロは人を呼び寄せる魚ですからね。昔は鯨も人気でしたが、今じゃダメですから、マグロだけが人を呼び寄せます。マグロ以外の魚を解体しても誰も立ち寄りませんよ。

 そこで、さらに提灯を掲げ、太鼓を叩いて、日本の祭り風に解体ショーを始めたわけです。まぐろパークとは、どんなところだっていった時に「なんだ、マグロ切っているだけじゃないか」っていうんじゃつまらない。それで祭り。

 今は、多い時で1日22本解体しています。大阪市内で解体を行っているところでも多くて1日5本ほど、販売力のある東京の会社でも1本半程度しか解体しません。売れる分しか解体しませんからね。人口83万人都市の堺で22本ですからね、インパクトはあります。

―― 解体を見せ始めたのはいつ頃ですか。

佐伯 もう30年以上も前の話になります。当時、焼津港からマグロを運び、チェーンソーで解体していたんです。その時にひとつの知恵が浮かんだ。それが、お客さんの前で見せること。

 工場で切っていても誰も見ないじゃないですか。切っていても張りあいがない。人が見てくれたら意識しますから、堺のこの場所に移った時に、道路口でやり始め、そうしたら車の渋滞も起こるほどになった(笑)。

 思い出深いのは、関空がオープンした94年の9月4日。グアムから到着したJALの一番機に生のキハダマグロ144尾(4440キログラム)を載せました。それをここで100本解体して、14時ごろには売り切りましたし、その後も阪急百貨店で10本、京阪百貨店で5本売ったのを覚えています。それは関空ができることによって世界中の水産物がいち早く入ってくるということで、それを期待して行ったんですね。

 その後も、関西国際空港で、2015年8月に1週間、世界の国際空港の中で初めて解体ショーをやりまして、2万人のお客さんに1貫ずつ食べてもらいました。ほかにも、大阪天満宮や住吉大社、京都の伏見稲荷大社でも奉納のマグロ解体を行っています。そういったものを含めて今は、年間1万本ほどですから、1日に30本程解体していますね。

―― マグロの解体を神社で。

佐伯 そうです。歴史を調べると市場、例えば築地市場の魚屋さんは必ず神社仏閣に奉納するのはタイです。それから西宮神社などではマグロの奉納をやっています。ただ、解体というのは聞きませんでしょう。神社で神殿の前で白装束を着て行うんです。大阪天満宮でも1650年ぶりだとおしゃっておられました。

 なぜ、神前でやるかといえば、昔から神前って手を合わせますでしょう。神様の前でお祓いしたものを食べていただくことによって、ご利益を頂く、皆さん手を合わせて食べていらっしゃいます。するとお魚に品格が付く。これは、当社が100円寿司をやらない理由にも通じてくるのです。

「まぐろパーク」では多い時に1日22本解体する

 

大起水産を成長させた佐伯保信会長の哲学とは

 

大起水産が100円寿司をやらない理由

―― どんな理由があるのですか。

佐伯 お魚には大衆魚、高級魚とあります。それを等しく100円で売るのに抵抗がありました。

 魚の違いは個性で、おいしさもそれぞれですから、それで100円から500円までの段階的な価格設定にしています。500円以上になると今度は値段への怖さがでてきますからね。ですから、100円寿司のお店もこの近くに出店してきていますが、ターゲットが違います。選ぶお客さんも10人いたら7人までが100円寿司を選ぶのでしょうが、3割の方は私どもの店を選ぶんです。

 自分で会社つくって43年になりますが、これまで自分の納得する商売しかやってきていません。これが信念ですね。

 お客さんというのは、おいしいものをリーズナブルな値段で食べたい。これは永遠に変わりません。ただお魚のおいしさを値段によって決める人もいますし、結構、味というものに鈍感な人は多いものです。

 例えば、東京はよく赤身文化といいますが、それはマグロのことです。つまりは東京には魚の種類が少なかった。

 一方、大阪はタイやヒラメなどの白身文化。それは遠浅で魚の生まれ育つ場所が西の方に多かったからです。西の文化は大阪を囲んでかつての淡路の国や若狭の国、伊勢・志摩の国があることと関係します。これらは御食(みけつ)国。つまり天皇に献上される魚の宝庫なわけです。

 だからこそ大阪は天下の台所と呼ばれ徳川家康が関西から江戸に漁師をつれて行った。千葉の房総半島には白浜とか勝浦とかありますね。あれ全部関西の地名ですよ。そういったことを伝えるのも魚屋の役割だと思っているんです。

―― 魚屋さんも変わらなくてはならないということですね。

佐伯 魚屋といえば朝早くに市場に行き、仕入れてきた魚を売るというイメージかと思いますが、そういう魚屋はなくなりつつあります。それは、モノ売りがモノを売るだけでは何も残らないからです。

 現実に小売りは業種にかかわらずネットにやられてます。だからわれわれも魚のおいしさを説明しながらその場で買い物でき、さらに食べられる、要するに飲食と物販の両輪をまわしていくことで成長してきたのです。

 日本では、うちが一番早かった。ただ、変わらなきゃいけないのは市場も含めた魚の流通も同じです。

マグロも寿司も日本が世界に誇る文化だ

―― 市場も変化が必要ですか。

佐伯 今、場外取引が増えていて中央市場の売上高はどんどん落ちてピークの半分ほどです。それは、認可事業に安住しているからで、仕入れたものを右から左。そんな商売は続きません。やっぱり自分で作り上げた価値をお客さんに買ってもらうことで、初めて商売が成り立ち、会社も伸びていく。それに比べれば、道の駅は商品管理を生産者が行いますから、価格決定権を生産者が握っている。

 一方、魚の場合、価格の決定は市場でなく港で行われていますからね。そう考えると産直というのは基本的に取れたものを、品質やサイズも大事だけど、まるごと買うとメリットがあります。さらに選別していくと全部お金に変わります。それは、大手のeコマース業者も気づいており、近いうちに進出してくるはずです。

―― 時代は変化していますが、チャンスでもあるんですね。

佐伯 海外では日本食が長寿食ということもあり、憧れを持っています。

 ある方に言われたのは、神社仏閣の良さを形には出せませんが、この素晴らしい日本の歴史や文化を、言葉は悪いですがビジネスにする人が必要だと言っておられました。マグロも寿司もそう、日本が世界に誇る文化ですよ。

 だからこそ、食の観点から考え、海外輸出も試み始めています。そして足下では原価率を上げてお客さんに満足していただけるように考えています。

 以前、大手の寿司チェーンの社長に原価率を50%も掛けていると自慢されましたが、僕ら魚屋からみたら50%も利益あるのかと思いました。魚屋は25%しかないんです。だから、当社の売り上げも128億円のうち、85億円が飲食です。物販は40億円ほど。もう魚屋じゃないんですね。

 そしてね、大事なことは品質でいえば、親や兄弟に食べさせたくないものは出すなということ。社員もケチな社員よりネタを規定のギリギリまで大きく切る社員の方が食品ロスまで考えれば流行ります。

 だから、「利益を出せ」なんて言ったことは一度もありません。お客さんに親切にすることと、お客さんにいいものを流すこと、それしか言いません。そうすると売り上げも勝手に上がるんですよ。

 

【マネジメント】の記事一覧はこちら

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件とダスキン事件に学ぶ 不祥事対応の原則

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

ブラック企業と労災認定

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

家族葬のファミーユが目指す「生活者目線で故人に寄り添う」葬儀の形

家族葬のファミーユは家族や親族など故人の近親者だけで施設を貸し切って行う「家族葬」のパイオニアだ。創業者・高見信光氏は異端児と言われながらも旧態依然とした業界を変えてきた。その思いに共感し、異業種のリクルートから転じて社長を引き継いだ中道康彰氏も業界の常識を打ち破るため奮闘している。文=榎本正義(『経済界』2…

不動産のノウハウや技術を生かしサステナブルインフラへ―いちご

次世代車向け先進技術を応用する日本発プラットフォーマー ―イーソル

新社長登場

一覧へ

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

アサヒグループ食品の副社長から、この3月にアサヒビールの社長に就任した塩澤賢一氏。長年、ビール営業畑を歩み、マーケティングを兼ねた繁華街歩きを趣味にしている。街の変化から世の中の流れを読む塩澤新社長が挑むのは低迷するビール市場の活性化。若者需要を伸ばしつつ、スポーツイベントを商機として攻勢をかけていく。聞き手…

塩澤賢一(アサヒビール社長)

「事業部門の連携を活性化させ営業利益100億円を目指す」 内藤宏治(ウシオ電機社長 )

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

イノベーターズ

一覧へ

シリコンバレーへの挑戦が生んだ「起業家と投資家が待ち望んだサービス」― 戸村光・ハックジャパンCEO

起業家のスタンスとして、画期的な技術やビジネスモデルを社会で活かすことを目的としたイノベーション先行型もあれば、社会課題解決を最優先とし、そこに必要な技術やノウハウを当てはめていくやり方もある。ハックジャパンCEOの戸村光氏の場合は後者。対象となる課題は「身の周りの気付いたことすべて」だ。(取材・文=吉田浩)…

戸村光・ハックジャパンCEO

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

IT化で変革する産業廃棄物処理の世界―福田隆(トライシクルCEO)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年10月号
[特集] 進撃のスタートアップ
  • ・スタートアップ・エコシステムの活性化
  • ・[スパイバー]2万5千円のTシャツは完売 実用化が迫った人工クモの糸
  • ・[Rhelixa]エピゲノム関連の研究・開発で人類の役に立つ
  • ・[チャレナジー]台風発電でエジソンになる ビジネス展開は「島」から
  • ・[エイシング]エッジで動く超軽量AIでリアルタイムに予測制御
  • ・[キャディ]製造業に調達革命! 町工場は赤字から脱出へ
  • ・[Clear]目指すは日本酒産業のリーディングカンパニー
  • ・[空]「値付け」の悩みを解決するホテル業界待望のサービス
  • ・宇宙ビジネスに民間の力 地球観測衛星やロボット開発
  • ・71歳で環境スタートアップを立ち上げた「プロ経営者」
[Special Interview]

 荻田敏宏(ホテルオークラ社長)

 「The Okura Tokyo」をショーケースに海外展開を進めていく

[NEWS REPORT]

◆戴正呉会長兼社長を直撃! なぜ、シャープは復活できたのか?

◆アスクル創業社長を退陣させた筆頭株主・ヤフーの焦り

◆サービス開始から3カ月で撤退 セブンペイ事件の背景にあるもの

◆絶滅危惧種ウナギの危機 イオンが挑むトレーサビリティ

[特集2]

 富裕層は知っている

・富裕層の最大の使い道は商品ではなく次代への投資

・シンガポールからケイマン諸島まで 資産フライトはここまで進化した

・年間授業料100万円超は当たり前 教育投資はローリスクハイリターン

・最先端の人間ドックは究極のリスクマネジメント

・家事代行サービスで家族との時間を有効活用

ページ上部へ戻る