「印刷会社が印刷やらせてください、と営業に行くのはナンセンスだ」。旧来の印刷業界の枠を超え、グループの陣容を拡大するその姿を追った。

20160209SHINTO_P01

新灯印刷株式会社
代表取締役社長
後尾 和男 (ごのお・かずお)

 電子書籍も手掛けるが「記憶に残したり、創造したりする力は紙に軍配が上がる」と印刷出版業に注力。2013年にはビジネス書、実用書を中心とした出版プロデュースを手掛ける「スタックアップ」、物流を担う「ストレート」を設立。15年には製本会社「SS製本」をグループ企業とした。

 印刷だけを手掛ける会社から、本の企画から販売までトータルにプロデュースできる企業体へ。後尾社長が矢継ぎ早に繰り出す施策は、現在の出版業界へのジレンマの裏返しでもある。

 例えば本の見た目を左右する製本の工程。近年、高度な技術を持つ製本会社は急速に減りつつある。よって製本が受注のボトルネックになることを避けるべく、内製できる体制を構築。現在は若手スタッフへの技術継承にも力を注ぐ。

 書店が減少しつつある現状への危機感から、本の販売ルートの開拓にも着手。金融業界に特化したDMを活用した書籍の販促手法が確立されつつある。

 通販需要の拡大から物流が逼迫している現状をみるや、法人を設立。これまでアウトソースしていた自社の物流だけでなく、外部からの受注も好調である。

 とどまるところを知らない “攻め”の背景には、後尾社長の「成長なくして存続なし」のポリシーがある。「動かなければ衰退するだけ」創業から68年、三代目は「100年続く企業」を目指して走り続ける。

 野球好きで知られる社長が好むポジションはピッチャー。

 「ピッチャーが投げないと試合は始まらない。勝負を左右する責任の重さも気持ちいいんですよ」。新灯印刷の攻守に、今後も目が離せない。

 

新灯印刷株式会社

  • 設立/1949年7月
  • 資本金/2300万円
  • 売上高/5億3千万円
  • 従業員/20人
  • 所在地/東京都新宿区水道町
  • 会社ホームページ/http://www.shinto-printing.co.jp/

20160209COMPANY33UNDER

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界4月4・18日号
[特集]
紙メディアの未来

  • ・青木康晋(朝日新聞出版社長)
  • ・一木広治(ヘッドライン社長)
  • ・村野 一(デアゴスティーニ・ジャパン社長)
  • ・嶋 浩一郎(博報堂ケトル社長・共同CEO)
  • ・高井昌史(紀伊國屋書店会長兼社長)
  • ・消えたB2Bメディア コントロールドサーキュレーションの功罪

[Special Interview]

 吉永泰之(富士重工業社長)

 「守りに入らず攻め続けるためにスバルへの社名変更を決断した」

[NEWS REPORT]

◆三越伊勢丹、ヤマト運輸……人手不足が労組を動かす

◆攻めの農業の象徴 農水産物輸出1兆円は大丈夫か

◆“豪腕”森信親・金融庁長官の続投濃厚で戦々恐々の金融界

[著者インタビュー]

 手嶋龍一(作家、ジャーナリスト)

 稀代のスパイはインテリジェンスセンスを磨く最高のテキスト

ページ上部へ戻る