「印刷会社が印刷やらせてください、と営業に行くのはナンセンスだ」。旧来の印刷業界の枠を超え、グループの陣容を拡大するその姿を追った。

20160209SHINTO_P01

新灯印刷株式会社
代表取締役社長
後尾 和男 (ごのお・かずお)

 電子書籍も手掛けるが「記憶に残したり、創造したりする力は紙に軍配が上がる」と印刷出版業に注力。2013年にはビジネス書、実用書を中心とした出版プロデュースを手掛ける「スタックアップ」、物流を担う「ストレート」を設立。15年には製本会社「SS製本」をグループ企業とした。

 印刷だけを手掛ける会社から、本の企画から販売までトータルにプロデュースできる企業体へ。後尾社長が矢継ぎ早に繰り出す施策は、現在の出版業界へのジレンマの裏返しでもある。

 例えば本の見た目を左右する製本の工程。近年、高度な技術を持つ製本会社は急速に減りつつある。よって製本が受注のボトルネックになることを避けるべく、内製できる体制を構築。現在は若手スタッフへの技術継承にも力を注ぐ。

 書店が減少しつつある現状への危機感から、本の販売ルートの開拓にも着手。金融業界に特化したDMを活用した書籍の販促手法が確立されつつある。

 通販需要の拡大から物流が逼迫している現状をみるや、法人を設立。これまでアウトソースしていた自社の物流だけでなく、外部からの受注も好調である。

 とどまるところを知らない “攻め”の背景には、後尾社長の「成長なくして存続なし」のポリシーがある。「動かなければ衰退するだけ」創業から68年、三代目は「100年続く企業」を目指して走り続ける。

 野球好きで知られる社長が好むポジションはピッチャー。

 「ピッチャーが投げないと試合は始まらない。勝負を左右する責任の重さも気持ちいいんですよ」。新灯印刷の攻守に、今後も目が離せない。

 

新灯印刷株式会社

  • 設立/1949年7月
  • 資本金/2300万円
  • 売上高/5億3千万円
  • 従業員/20人
  • 所在地/東京都新宿区水道町
  • 会社ホームページ/http://www.shinto-printing.co.jp/

20160209COMPANY33UNDER

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年2月号
[特集]
明治維新から考えるニッポンの原点

  • ・第3の開国を迎え日本の未来は地方にあり(加来耕三)
  • ・実務面で明治維新を後押し国家の礎をつくった薩長密航英国留学生
  • ・布衣の宰相・前田正名のもう一つの明治維新
  • ・「より良い未来の礎になると願い死んでいった西郷の青春群像」(林 真理子)

[Special Interview]

 榊原定征(日本経済団体連合会会長)

 経済界主導のイノベーションが日本経済の未来を輝かせる

[NEWS REPORT]

◆世界の外食王を目指すトリドール・粟田貴也の「野心」と「危機感」

◆東証一部に返り咲き シャープの復活は本物か

◆「越境EC」への投資から見る伊藤忠の本気度

◆上場廃止を免れた東芝を待ち受ける「モノ言う株主」

[政知巡礼]

長島昭久(衆議院議員)

「自民党にできない改革を引っ張っていく政党に」

ページ上部へ戻る