幅広い産業分野において、ネットワーク・サーバシステムの設計や構築、保守など、安心・安全なシステム運用をサポートするネクストワン。今後ますます高度化、多様化するIT社会のさらなる発展に寄与すべく、「教育」をキーワードに事業を展開している。(『経済界』2020年4月号より転載) 

村田怜皇氏

ネクストワン社長 村田怜皇(むらた・れお)

 

 人は環境や教育によりいくらでも変われるし、成長できる――。

 ネクストワンの村田怜皇社長は、ITに興味があれば、知識のない未経験者でも積極的に採用し、一流のエンジニアへと育成する方針を掲げている。この「エンジニアの育成」を目的として2001年に創業した同社は教育のノウハウに定評があり、専任講師や専用の研修室を設けるなど、研修制度や学ぶ環境を充実させている。

 「4月にはカリキュラムを刷新する予定です。研修期間は基礎知識をしっかりと身に付けなければなりませんが、日々進化し続けるIT業界ですから、より高度で実践的な内容に更新していくことが不可欠です」

 それと同時に、エンジニアの適性や将来的な希望などを加味し、より適材適所のアサインができるよう体制を整えていくという。

 「ネットワークやクラウド、セキュリティーなど特化したい領域を伸ばすためには、適切なタイミングでさまざまな経験を積ませ、ステップアップしていく必要があります。各々が望ましいキャリアパスを描けるように組織編成を見直しているところです」

 これからは、経営・営業だけでなくエンジニア同士での面談を増やし、データ管理・分析を行うことで多角的にキャリアパスを検討、構築していく。そうすることで「これまで以上に成長を後押しできる環境をつくっていきたい」と村田社長。社員の幸せを第一に考え、働きがいのある職場環境を整えていくことで、顧客満足の実現へとつなげていく。

 他方、2020年度から小学校でプログラミング教育が必修化されることを受け、新規事業を始動。小学生向けのIT教育塾「HACK POP」では、STEM(Science、Technology、Engineering、Mathematics)教材を使ってプログラミング的思考を学ぶことに加え、ITリテラシーやタイピングといったITの基礎、楽しさに実践を加えた学びの場を提供する。

 「1年間受講すれば、『ドットコムマスター』という大人も受験する実践的な資格も取得できます。ITと教育のノウハウと強みを生かし、事業を軌道に乗せていきます」

————————————-
会社概要
設立 2001年8月
資本金 3,300万円
所在地 東京都渋谷区
従業員数 180人
事業内容 ソリューション事業、イノベーション開発、セキュリティー事業、
研修・教育事業
https://www.next-japan.co.jp/
————————————-

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年7・8月合併号
[特集] 世界で売れるか!? 日本カルチャー
  • ・拡大のカギは「点」の活動を「面」にしていくこと
  • ・技術はあくまで手段。感動を生み出すことが市場を拓いていく 迫本淳一(松竹社長)
  • ・世界最大の中国市場 攻略のカギはどこにある!?
  • ・41カ所の海外店舗で和菓子の心を世界に 岡田憲明(源吉兆庵ホールディングス社長)
  • ・プロが認める商品として日本茶ブランドを構築 丸山慶太(丸山海苔店社長)
  • ・機能性とファッション性で再発見される地下足袋の魅力
  • ・日本を発信するビームス ジャパン 常設ショップ視野に海外でも販売
  • ・盆栽輸出量は16年で20倍 今や「BONSAI」は共通語
[Special Interview]

 大崎洋(吉本興業ホールディングス会長)

 数字じゃない存在意義が、より問われてくる

[NEWS REPORT]

◆アビガンで注目集める富士フイルム・医薬品事業の実力

◆100周年を襲ったコロナ禍 マツダは危機を乗り越えられるか

◆住宅から高級家具まで「ダボハゼ」ヤマダ電機の明日

◆抽選倍率100倍の超人気 シャープがマスク製造する真意

[特別企画]

 危機を乗り越える

◆緊急事態宣言で導入企業が激増 ビジネスチャットが変える働き方

◆在宅ワークの効率を上げる方法とストレスマネジメント

◆輸入依存の中国経済にコロナ禍がとどめの一撃 石 平(作家、中国問題評論家)

ページ上部へ戻る