政治・経済

内閣府規制改革会議の農業ワーキンググループ座長を務めるフューチャーアーキテクト会長の金丸恭文氏。本業はITを軸にした経営コンサルティングだが、農業に関しては全くの門外漢だった。それでも「どこに最大の問題があるのか」を見極めるコンサルタントの目を存分に発揮。それまでタブー視されてきた全国農業協同組合中央会(JA全中)を頂点とする業界構造の改革と、農業協同組合法、農地法、農業委員会法の改正に切り込んだ。農林族議員に対しても一人ひとりに丁寧な説得を重ね、JA全中の地域農協に対する監査・指導権、および賦課金の徴収制度の廃止を実現。さらに、農業生産法人に対する企業の出資比率上限を、25%以下から50%未満に引き上げるなど、多くの成果を達成した。昨年11月、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)参加12カ国による大筋合意が発表され、日本の農業もいよいよ本格的な国際競争に巻き込まれていく。その準備段階として、農協改革は大きな成果と言えるが、まだ改革は緒に就いたばかり。果たして日本の農業は今後どのような方向に向かうのか、金丸氏に聞いた。 聞き手=本誌編集長/吉田 浩 写真=幸田 森

農業改革のため、まずは農協改革で成果

20160308FUTURE_P01

(かねまる・やすふみ)1954年生まれ、大阪府出身。78年神戸大学卒業後、TKC入社。ロジック・システムズ・インターナショナル、NTTPCコミュニケーションズを経て、89年フューチャーシステムコンサルティング(現フューチャーアーキテクト)を設立。産業競争力会議、内閣府規制改革会議農業ワーキンググループ座長、経済同友会副代表幹事など数多くの要職を務める。

―― TPPの大筋合意についてどう評価しますか。

金丸 高く評価しています。時間を掛けながら、今後は政策面での支援ももっと考えられていくでしょうから、それで日本の農業が世界に打って出られるかどうかがポイントになります。国内は少子高齢化でこのままでは農業はジリ貧ですし、世代交代も進んでいません。

 もちろん家族経営があっても良いのですが、法人化して器を作らなければ、新たに人が入ってきません。農作物の価格で言えば、日本の作物は手間暇が掛かっていますし、消費者の要求が高いので品質は高い。ただ、世界に出て行こうとすると、外国との賃金格差やGDP格差があるので生産性をもっと高める必要があります。そうした中、TPPの大筋合意によって、トータルで8億人と言われるマーケットが得られたのは大きい。パートナー国との交流を通じて、農業者に付加価値が還元できる余地ができると思います。

―― そうした時代を見据えて、農協改革で大きな成果を出しましたね。

金丸 重要なのは、JA全中とも合意の上で改革したことです。何のためにやるのか、どんな時代が来ているのかという話をしながら、最終案についてJA全中に了承していただきました。

 そのプロセスは、思い出したくないくらい山あり谷あり、いばらの道ありでしたけれどね(笑)。例えば、JA全中ができた1954年は、三菱商事が再結成して現在の姿になった年でもあります。今の三菱商事のビジネスは、手数料収入が2割、残り8割はお金と人を出す付加価値提供による収入。片や農協は依然として農業者からの手数料収入に頼っていました。本来はそうしたノンリスクビジネスではなく、もっと農業者にお金を出してリスクを取るか、コンビニがフランチャイズに対して行うようなプロフィットシェアの形にしないと発展は望めません。

規制改革によって農家からビル・ゲイツが生まれる

―― 生産の効率化を図るために、具体的にどんなことに取り組むべきですか。

金丸 農業先進国がやっていることは、ハイテク化による付加価値向上と生産性向上です。今は大学の農学部に行かれた方も農業を継承する人は少なく、企業に入る人が大半だと思いますが、これから農業を営むためには、経営やITを学ぶ必要があります。ITができなければ、できる人と組めば良い。国によっては、センサーの活用や、さまざまデータ収集などを行いながら生産を行っています。日本は自分たちで牛も豚も鶏も米も牛乳もすべて国産でやろうとするし、消費者もそれを求めます。

 でも、例えば畜産ならオーストラリア、乳業ならニュージーランド、野菜ならオランダ等、さまざまな国の長所を採り入れて真似すれば良いのではないでしょうか。スペインのイベリコ豚のように、ブランド化に成功すれば価格が高くても消費者に認められます。アジアの人々が、日本の農作物を1.5倍や2倍の値段で買うようになる時代が遠からず来るでしょう。

―― 大学で農学部に入った人が肝心の農業に戻ってこない状況は深刻だと思いますが、きちんと稼げて、魅力ある仕事になり得るのでしょうか。

金丸 なり得ると思います。ただ、今のままでは駄目です。当社の社員にも農家のご子息がいますが、彼らに「お父さんに農業を継げと言われなかったの?」と聞いたら、ほとんどの人が言われないと答えました。

―― 苦労させたくないということですね。

20160308FUTURE_P02金丸 そこがある意味本質とも言えます。今の状況のまま、生産額も所得も減り続け、上がっているのは平均年齢だけという産業に今から参入する、または継続することはかなりのリスクです。さらに、天変地異や異常気象にいつ見舞われるか分からない。リスクを負っても、それらに見合うリターンがなさすぎるのです。本当にやる気のある農家に、土地も人も集まって、今より大規模化していく必要があります。

―― 国土条件から、日本の農業はどうしても大規模化で不利です。グローバル競争で、それは致命的な弱点にはなりませんか。

金丸 大規模化して価格で勝負するには日本は確かに不利なので、クオリティーやおいしさで勝負していくしかないでしょう。

―― 希少価値やブランドで勝負するポジションを目指すべきだと。

金丸 アグリファクトリーをつくるにしても、日本で作ることにこだわる必要はありません。かつて自動車業界も日本の工場で生産していましたが、マーケットに近いところに工場を持ったほうが良いため、海外進出が進みました。今後は農業を目指す人たちの中からもグローバルな人材が出てきて、それぞれの地域に合った作り方ができるようにするという発想が必要です。

―― 農業者が経営者になるというのは現実的なのでしょうか。

金丸 農業者の平均年齢は66歳ですから、もう少し未来を見ないといけないですね。40歳以下の方も数パーセントいるので、その中から人材が出てきてほしいと思います。企業の参入と家族経営はバッティングすると思われがちですが、農家が自分たちで出資して、株式会社か有限会社をつくれば良いのです。経営が苦手なら外部から経営者を連れてくる方法もあります。マイクロソフトのビル・ゲイツは、世界中に商品が広まって会社が伸びていた時期に、著名なパソコンメーカーから社長をスカウトして、マネジメントを任せました。日本の農家もそうした発想を持つべきです。

―― 日本の農家からビル・ゲイツが出れば相当面白いですね。

金丸 可能性は大いにあります。その可能性を残していくためにも規制改革は必要です。若い人が農業を始めようと地方の市役所に行っても「土地はないよ」と門前払いされ、農協に行っても「そんなに甘いものではない」と諭され、農業委員会に行っても「何しに来たんだ」と言われるような状況では駄目です。本来は、熱烈歓迎されるようでないといけない。当社はIT企業ですが、コンピューターやプログラミングの経験がない人を雇って、社内で教育するプログラムを持ち、一人前に育てている。来た人に農業の経験がないからダメだというのでは、話になりません。

環境の見直しも農業改革のテーマ

―― 企業の農業への参入については、出資比率が50%未満に制限されていますが、これも変わっていくでしょうか。

金丸 問題は土地を何が何でも手に入れたいかということです。所有にこだわれば過半数を取らなければなりませんが、たとえ49%でも他の株主を説得してあと2%の賛同を得られれば良いのです。それができないようなら、そもそも駄目だと思いますから、実質的には現状でもほぼ解禁と言って良いと思います。

―― 今後、規制改革会議で議論していくテーマは。

金丸 これまでは農業者の生産性向上というテーマで議論してきましたが、農業者の努力ではどうにもできない分野について検討するようにと、政府からは言われています。

 例えば農業機械は国際的に競争力があるのか、農協がもっと頑張って高価な農薬や肥料のコストダウンを行うことはできないのか、あるいは消費者に製品が届く前の無駄な物流費を削る方法がないのか、等です。現状、農家は売価については何もできないまま、常にコストダウンを要求される状況にあるので、農業者を取り巻くすべての環境をトータルで見直すように求められています。

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第7回)

関西財界の歴史―関経連トップに君臨した芦原義重の長期政権

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年5月号
[特集]
進化するチーム

  • ・総論 姿を変える日本の組織 個人とチームが互いに磨き合う時代へ
  • ・小笹芳央(リンクアンドモチベーション会長)
  • ・稲垣裕介(ユーザベース社長)
  • ・山田 理(サイボウズ副社長)
  • ・鈴木 良(オズビジョン社長)

[Special Interview]

 南場智子(ディー・エヌ・エー会長)

 「社会変革の今こそ、組織を開き、挑戦を加速する」

[NEWS REPORT]

◆社長になれなかった松下家3代目がパナソニック取締役を去る日

◆DeNAとSOMPOが提案する新たなクルマの使い方

◆ここまできたがん治療 日の丸製薬かく戦えり

◆ブレグジット目前!自動車各社は英国とどう向き合うか

[特集2]九州から未来へ

 九州一丸の取り組みで生まれる新しい産業

ページ上部へ戻る