マネジメント

20171110_KANDA_P03

長らくNHKで番組制作に携わり、人々の記憶に残る番組を作ってきた和崎信哉氏。加入者減少に直面していたWOWOWのトップとして、会社をどのように立て直していったのか、神田昌典氏が切り込む。構成=本誌/吉田 浩 写真=森モーリー鷹博

番組制作をしながら感じた技術革新の重要性

神田 和崎さんがWOWOWのトップに就任された2006年当時は、テレビ放送がアナログからデジタルに移行して、衛星放送にも大変革が起こると言われた大変な時代でした。事実、WOWOWも加入者数が減少していたと聞いています。そんな中で大改革を断行されて、いまやプレミアムペイチャンネルとして、確固たる地位を築いています。改革は成功だったと言えるのでしょうが、会長就任当初はどのようにお考えだったのでしょうか。

和崎 実は会長に就任するまで、加入者が減っているとは知らなかったんです。これは私の勉強不足でした。そもそも、私はNHKでも「NHK特集」や「NHKスペシャル」などに携わって、ディレクター、プロデューサーとして、現場で20年以上も働き続けていました。

神田 「シルクロード」「行~比叡山千日回峰~」といった素晴らしい、後世に残る番組がありました。

和崎 NHKにいた最後の10年間は、現場を離れてメディア担当をやっていました。当時は、メディアのありようが大きく変わろうとしていて、デジタル放送への移行が進み始めていました。現場で番組作りをしながら感じていたことは、「テレビとは技術革新の上に成り立つ文化だ」ということでした。私が仕事を始めた頃の撮影はフィルムでしたが、ビデオに替わり、モノクロからカラーに替わり、ステレオ放送が始まり、1989年には衛星放送も始まった。WOWOWが唯一の民間衛星放送会社として開局、成立したのも91年のことです。こうした技術の進化の上にどんな文化を形づくれるか、それを問い続けたのが現場での20年です。

神田 現場から離れると、かなり勝手が違ったのではないでしょうか。

和崎 個人的には、生涯ディレクター、プロデューサーとして現場一筋で番組を作り続けて仕事人生を終えたかったんです。しかし、95年から衛星放送局部長として、それまでの番組を扱う仕事から、より俯瞰的な立場でメディアそのものを扱う仕事に携わることになりました。

 現場を離れるのは残念でしたが、メディア担当として、アナログ放送がデジタル放送に切り替わるまさしく放送の大変革期を肌で体感できたことは貴重な経験でした。06年に地上デジタルへの移行が全国展開して、一段落かと思ったところで、WOWOWからお声掛けいただいたんです。

神田 そのお話はすぐに了承されたのですか。

和崎 衛星放送のデジタル化は、00年にスタートしていたのですが、11年までに完了しなければならないという状況でした。そのまとめをして、WOWOWとして戦略的にデジタル放送とどう向き合っていくのかを考えてほしいと。私としては、それまで経験がない「有料放送」の世界でデジタル化に取り組んでみようという意欲が湧きました。

流通業だったWOWOWをテレビ局へと変えた

20171110_KANDA_P01

(わざき・のぶや)1944年京都府生まれ。68年京都大学教育学部卒業後、日本放送協会(NHK)入局。番組制作の現場で手腕を発揮したのち、2005年社団法人地上デジタル放送推進協会専務理事に就任。06年WOWOW会長、07年社長に就任し、15年より現職。

神田 ところが、加入者が減少し続けていたのですね。

和崎 00年から衛星放送もデジタル化が始まっていて、加入者も増えているだろうと思っていたんです。ところが実態は、デジタル放送の加入者は増えていても、それ以上にアナログ放送視聴者の減少が大きかった。総体で見ると加入者が減少していました。

神田 テレビ放送におけるソフトである番組作り、そして基盤であるメディア、その両方を良く理解されている和崎さんだからこそ、声が掛かったのでしょうね。具体的には、どう会社を変えていかれたのでしょうか。

和崎 アナログ放送時代のWOWOWは、放送局ではありますが、その実態は流通業でした。当時はセットトップボックスという機器を買ってテレビにつなげないと見ることができなかった。だから、その機器をメーカーに作ってもらって、量販店や電機屋で販売してもらわないといけなかったんです。ビジネスのスタート地点が「セットトップボックスを売る」ところからなんですね。

 ところがデジタル放送だと、B-CASカードがあって、セットトップボックスの機能は既にテレビに内蔵されている。電話1本、あるいはネットからの申し込みで30分もしないでスクランブルが解除されて、番組を見ることができる。これだけ変わると、ビジネスのやり方そのものを変えないといけませんでした。そこで全社に出した号令が「テレビ局という立場に戻ろう」ということでした。

神田 和崎さんが考える「本来のテレビ局」ですね。

和崎 テレビ局とは何か。突き詰めれば、それはコンテンツなんです。ただ、ここで問題があった。日本のテレビ局は公共放送であるNHKと広告無料放送の民放で構成されています。いわゆる放送の二元体制といわれるものです。欧米では有料放送は一般的ですが、日本は違った。NHKと民放という強力なコンテンツ制作集団に対抗しなければならない。どれだけ地上波と違うものを提供できるか、異なった魅力ある編成ができるかがすべてです。そこに全社一丸となって取り組もうと言い、それが徐々に成果につながっていきました。

WOWOWでしかできない企画にこだわる

神田 コンテンツに力を入れるということは、人材的にも他の面から見ても大きな投資です。

和崎 収入は決まっているので、当然限られた予算の中で取り組むしかない。ただ、セットトップボックスを販売するための販促費、流通業として必要だった経費を削減できました。

 コンテンツに関しては、例えばアダルトやギャンブルのジャンルに手を出すと簡単に加入者は増えます。しかしそれではだめで、WOWOWならばと思ってわざわざお金を払って加入したいと思っていただける番組を提供しなければならない。そこで、当時掲げたのが「上質」というキーワードです。ものすごく曖昧な言葉ですが、上質にこだわろうと。会議では「それは上質か?」なんていう禅問答のようなやり取りもあったようですし、私のところに「上質ってなんですか?」と聞きに来た人もいました。

神田 コンテンツを作りあげる人材は一朝一夕では育たないのではないでしょうか。外部の制作スタッフに力を貸してもらえるかという問題があります。

和崎 そもそもWOWOWに入社した人たちには、番組を作りたいという気持ちが強かったのですが、違う仕事をしていただけなんです。だから、気持ちの切り替えは早かったと思います。

 上質にこだわった成果の1つとして、「ドラマW」というシリーズをはじめ良質なオリジナルドラマが生まれてきていました。最初は監督も脚本家も、地上波や映画の仕事の合間にWOWOWの仕事をしていたのです。それが「WOWOWのドラマは好きなことをやらせてくれる」と話題になってきました。例えば当時のオリジナルドラマで「ママは昔パパだった」というものがあります。性同一性障害を扱ったホームドラマですが、非常にナーバスな問題で、当時は地上波では放送できないような内容でした。また「空飛ぶタイヤ」というドラマもありました。これは、横浜市で起きた自動車事故を題材にしたドラマで、事故の原因を隠ぺいしようとする大企業の闇を描いています。そうした地上波とは差別化を図ったドラマがいくつも作られて、監督から企画が持ち込まれるケースも出て来ました。

オリジナルドラマが武器になった

神田 制作者がWOWOWの魅力を感じる一方、視聴者はどうだったのでしょうか。映画を見たい、音楽ライブを見たいと思ってWOWOWに加入したら、そんな重いテーマの社会派ドラマをやっている。場合によっては、引かれてしまうこともあるのではないでしょうか。

和崎 そこが公共放送たるNHK、広告無料放送である民放との違いです。公共放送としてあまねく1億人を対象にしなくてもいいし、民放のようにスポンサーを気にしなくてもいい。だからこそ、尖った作品作りができました。とはいえ、社内からも「そんなドラマ、見られるのか」という抵抗はありました。オリジナルドラマはそもそも、視聴者がその存在を知らない。映画ならば「1年前に大ヒットした映画をテレビ初放送」と訴えることができる。それでWOWOWに加入しようかなという人も出て来るでしょう。しかし、誰も知らない作品に予算を注ぎこむことに、営業が反対するのは当然です。しかし、テレビ局ならばコンテンツにこだわるべきとの考えを貫きました。

 すると、徐々に状況が変わっていったんですね。今年、開局25周年記念番組として制作した「沈まぬ太陽」では、このドラマが見たくて加入したという声が多く寄せられました。ようやく、オリジナルコンテンツが、加入者を増やす武器になってきたということです。

神田 尖った企画というのは、どこから生まれてくるのでしょうか。

和崎 それはやはり現場からですね。常に「平凡を嫌え、退屈を嫌え」と言っています。時間はかかりましたが、徐々に、着実に変化しました。今では、平凡な企画には誰も振り向かなくなりました。(後編に続く)

(かんだ・まさのり)経営コンサルタント、作家。1964年生まれ。上智大学外国語学部卒。ニューヨーク大学経済学修士、ペンシルバニア大学ウォートンスクール経営学修士。大学3年次に外交官試験合格、4年次より外務省経済部に勤務。戦略コンサルティング会社、米国家電メーカー日本代表を経て、98年、経営コンサルタントとして独立、作家デビュー。現在、ALMACREATIONS 代表取締役、日本最大級の読書会「リード・フォー・アクション」の主宰など幅広く活動。

メディアとしては活字のほうが格上、だから勝ちたかった—神田昌典×和崎信哉(後編)

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件とダスキン事件に学ぶ 不祥事対応の原則

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

ブラック企業と労災認定

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る