マネジメント

大統領の仕事は、世界のリーダーとして国民の安全を確保し、国を繁栄させる仕事である。経営者の仕事も、社会のリーダーとして、お客様にお応えし、会社を繁栄させる仕事だ。そのスケールこそ違っても、厳しい環境に置かれたなかでリーダーシップを発揮しなければならない職性の本質に違いはない。本連載では、ドラッカーが記した「大統領のための六つのルール」から、企業経営者にとっても参考になるリーダーシップの「本質」に迫る。

マネジメントとは何か

ドラッカーCATCH

ピーター・ドラッカー (c) Sipa Press amanaimages

 まずは、マネジメントについて考えを深めていきたい。

 私たちの暮らしは、もともと自給自足だった。明かりが必要な時は火を起こし、水が必要な時は川に行った。種を植えて野菜を育て、山へ行って山菜を採取し、鶏を育てて卵を食べた。やがて物々交換が始まって物が流通し、貨幣があらわれ、経済が生まれた。

 現在は、自動的に電気がつき、蛇口をひねれば水が出る。欲しい物をネットで注文すれば翌日届くようにもなった。このように、かつて人々は自給自足していたが、今ではすべて企業が作った物を買って生活している。〝私たちの暮らしは、企業が作り、企業が提供するものですべて成り立っている。〟

 また、交通事故が起これば救急車が駆けつけ、山で遭難すればレスキュー隊が助けに来てくれる。体調が悪くなれば診察してくれる病院があり、火災が起これば消防車が火を消しに来てくれ、繁華街では警察が常にパトロールしている。〝私たちの安全は、それぞれの分野で運営される組織の働きによって支えられている〟

 

「いまや、あらゆる先進社会が組織社会になった。経済、医療、教育、環境、研究、国防など主な社会的課題はすべて、マネジメントによって運営される永続的存在としての組織の手にゆだねられた。一人ひとりの命とまではいかなくとも、現代社会そのものの機能が、それらの組織の仕事ぶりにかかっている。」

ピーター・ドラッカー

 

マネジメントは組織のための機関である

 一人ひとりの人間が、安心して日々を過ごせる社会であるためには、「公」が必要だ。「公」とは、共感という絆で結ばれた組織のことだ。

 その組織の代表格が、企業である。もちろん、企業は社会を構成する一つに過ぎない。しかし企業の経営者が現代の社会においてある種の権力を持つに至った。経営者の決定が、そこで働く、数十人、数百人、あるいは、数千人、数十万人の生活に大きな影響を与える。健全な組織の運営なくして個人は安心を得られず、個人の尽力なくて組織の運営は成り立たない。道理に適った組織運営こそが、健全な社会を成り立たせる。

 

 「マネジメントは組織のための機関である。組織がなければマネジメントはありえない。その組織は社会のための機関である。組織は、社会、経済、個人が必要とするものを提供することを目的とする。」

ピーター・ドラッカー

 

 社会に対する使命に基づいて組織が運営され、そこで働く一人ひとりが、想いを合わ