マネジメント

バブルを謳歌したのも今や昔、給料は思うように増えず、早期リストラの対象となり、定年退職というゴールが視界の先に見え始めた50代の企業戦士たち。人生100年時代の後半戦をいかに働き、生きるのか。著書『50歳からの逆転キャリア戦略』(PHPビジネス新書)で、ミドル層のこれからの人生戦略を説くFeelWorks代表取締役の前川孝雄氏に話を聞いた。(取材・文=吉田浩)

 

前川孝雄・FeelWorks社長プロフィール

前川孝雄氏

1966年生まれ。兵庫県出身。大阪府立大学経済学部卒、早稲田大学ビジネススクール・マーケティング専攻卒業。89年リクルート入社、『リクナビ』『就職ジャーナル』などの編集長を務めたのち独立し、2008年FeelWorksを設立。上司力やミドル層の働き方をテーマにした研修などで多数の企業を支援する。著書に『「働きがいあふれる』チームのつくり方』(ベスト新書)、『「仕事を続けられる人」と「仕事を失う人」の習慣』(明日香出版社)、『上司の9割は部下の成長に無関心』(PHPビジネス新書)などがある。

 

50代ミドルの置かれた状況と第2のキャリア構築

 

「すぐに辞めて起業」は正解か      

 現代日本を生きる50代ミドルの置かれた状況は深刻だ。右肩上がりの給与と地位が約束された年功序列と終身雇用制度は崩壊寸前、早期リストラのターゲットにされ、役職定年も目前に迫る。「人生100年時代」が叫ばれる一方で、年金受給の開始時期は後ろ倒しになる気配が濃厚となってきた。

 そうした中、「今すぐ会社を辞めて独立せよ」「会社に縛られない第2の人生を」といった声に促され、早期退職に応じるビジネスパーソンもいる。だが、そんな人々に前川氏は「待った」をかける。辞める辞めないより先に、自らのやりたいことを明確にし、学び直しによって「キャリア自律」を図るべしというのが同氏の主張だ。

 「独立・起業を否定するわけではなく、いきなり辞めると大ケガをするので徐々に会社から自立するステップを踏んで十分な助走期間を経てジャンプしようということです。大多数の人は、すぐに熱中できるものを見つけて起業というのは難しいので、今いる会社の中で経験値を上げて、第2、第3の人生に向けて準備することをお勧めします」

 転職して新たな職場に移ったり、独立した後では人生後半戦の準備をする時間が足りない。そのため、企業に在籍しながら他部署の仕事を積極的に学んだり、副業を含めた社外活動に参加したりすることで、自らキャリアを切り拓く力を身に付けることを前川氏は提唱する。

 また、「無理矢理な独立・起業」と同じく「嫌な思いをして会社にしがみつく」という行為も、幸福感・充実感という観点でいえば健全とは言えない。『50歳からの逆転キャリア戦略』は、そんな迷える世代に向けた指南の書だ。

会社を辞めてはいけない人とは

 ちなみに、前川氏が著書に挙げている「まだ辞めてはいけない人」のタイプは以下の通りだ。会社を辞めて転職・独立を考えている方は今一度、自問してみると良いかもしれない。

  • やりたいことがない人
  • 変化に対応できない人
  • 根拠なく楽観する人
  • 自分を客観視できない人
  • 経営の知識や視点に欠ける人
  • 自分のことしか考えていない人
  • 社名や肩書にこだわる人
50歳からの逆転キャリア戦略

大企業勤務のミドル層向けに人生後半戦のキャリア構築を説いた著書

 

前川孝雄氏に聞く「50代のこれからのキャリア戦略」とは

 

キャリアと人生に希望が持てなくなった大企業ミドル層

―― 前川さんはもともと若い人のキャリア構築を支援したいという動機で起業したそうですが、同世代の50代に今回フォーカスした理由はなんですか。

前川 もともとは、次の世代が希望の持てる社会づくりに貢献したいという気持ちがありました。そのためには若い人たちを指導する上司を育てないといけないのですが、その上司自身が疲弊していることに気付いたからです。この世代の人たちがもう一度元気にならないと、若者の育成もできないと思いました。

―― 上司世代が希望を持てるように、彼ら自身のキャリア自律が必要というわけですね。

前川 50代以上の多くは、はしごを外されたという感覚を強く持っています。自分が40代になったら課長ぐらいにはなっているだろうと思っていたら、地位も給料も上がってない上に、社会保障費も上がっているから手取り収入は減る。さらに人生100年時代でゴールがますます遠のいていくという状況です。確かに可哀そうですが、ルールが変わったので仕方がありません。もう一度マインドセットして、チャレンジしたいと思う人が一人でも増えればいいなと思っています。

兼業、副業がダメならボランティアでもOK

―― 社内で他部署の仕事をこなしたり、社外活動を積極的に行うことを推奨されていますが、好きなことが見つからなかったり、副業が禁止されていたりする場合はどうすれば良いでしょうか。

前川 その場合でも、他社の社長のかばん持ちやボランティアなど、無償でも良いから何か始めたほうが良いですね。例えば、ドワンゴの川上量生会長は以前、スタジオジブリで丁稚奉公をしていたことで有名ですが、トレーニングのためにサラリーマンもそれと同じことをやればいいと思います。

―― キャリア自律の重要性を理解していても、なかなか重い腰が上がらない人も多そうですが。

前川 私たちは組織改革の仕事もやっていますが、まず変われる人から変えるのが重要です。全体の2割の人が変わると、その人たちに啓発されて影響力が一気に広がります。組織作りにおける2:6:2の法則ですね。日本企業の場合、やる気のある上位層が2割もいなくて、下のほうで大勢が思考停止している状態がほとんどです。

前川孝雄氏

若者を支援するためにも上司世代にあたる50代ミドルの活力を取り戻すことが重要と語る前川氏

社員のキャリア自律に企業はどう向き合うべきか

 『50歳からの逆転キャリア戦略』の購入者は、40代以上で大企業勤務のビジネスマンがほとんどだという。発売1カ月余りで既に3刷目の重版が決まるなど、反響は大きい。

 中小企業にずっと勤務している人々には理解しにくいかもしれないが、転職経験のない大企業社員の中には、たとえ僅かな昇給や昇進でも、人生を左右するが如き大問題としてとらえる人も多い。そうした社内向きのカルチャーに長年染まると、「キャリア自律」がますます難しくなるのは想像に難くない。

 そこで、大企業を中心に社員のキャリア自律を促す取り組みを行うケースも増えてきたが、果たして有効なのだろうか。

 

―― 50代からのキャリア自律は、組織が硬直化した大企業勤務の人たちより、むしろガバナンスが緩い中小企業の人たちのほうが有利なのでは、とも思いました。

前川 実は中小企業のほうが大企業と比べてジョブ型雇用(※)が多い。大企業では課長層が年収800万円ぐらいもらっている一方で、中小企業などでは300万円未満が4割を占めます。でも、中小企業の社員は部下も潤沢にいないので仕事体力があるし、いろんなことを一人でやるので、生きていく力はそちらのほうが付くかもしれませんね。

―― 企業が社員のキャリアプラン支援に力を入れすぎると、逆に自律を阻害してしまいませんか。

前川 本来ならば、会社がおぜん立てするのはダメです。例えば副業を解禁したある会社の場合、人事部が社員の副業を紹介することまでやっていて、正直違和感があります。ただ、移行への過渡期にはいったん補助輪をつけてあげたほうがいいという考え方もあります。これまでずっと、終身雇用と年功序列でキャリアについて考えずにきた人が、いきなり自律と言われてもうまく行きません。

 移行期には人事が支援して、徐々になくしていくのが良いと思います。どういう時間軸で補助輪を外すかのグランドデザインを考えるのも、経営者や人事の手腕ではないでしょうか。

 

(※)仕事に人を当てはめていく雇用スタイル。専門性を高めたり新たな経験や考え方を取り入れやすいメリットがある一方、職場内でのキャリア構築が難しくスキルアップが自分次第という面もある。逆に人を仕事に当てはめていくスタイルはメンバーシップ型雇用と呼ばれる。

 

50代に求められる新たな働き方と人生観の形成

 

―― 著書の内容は若い世代も参考になると思いますが、すぐ下のロストジェネレーションと呼ばれる世代は、今の50代より深刻な状況になるかもしれません。

前川 仕事経験が不足しているロストジェネレーションにとっては、さらに厳しい時代になるでしょうね。ただ、仕事のパフォーマンスが「意欲×能力」だとすれば、バブル世代と違って経験が不足しているぶん、意欲は高いのではないでしょうか。キャリア構築で誰にも頼れないことを知っているので、スキル教育を効率的にやればなんとかなつかもしれません。

―― SNSの発達などによって個人の活動の幅は広がっているので、そうしたものを効率的に使うことも考えたほうが良いですよね。

前川 兼業、副業を認めていない会社は多いのですが、働き方改革の旗が振られているので空き時間は増えているはずです。この時間を、第2の人生のために有効に使うべきだと思います。

 ただ、私自身は働き方改革に反対なんです。働きやすさを追求しすぎると、会社も個人もダメになると考えています。政府がやろうとしているのは労働時間の削減で、同一労働同一賃金の一方で給与を上げるという方向性ですが、それでは労働者の不満は減っても仕事の満足度は上がらず、権利意識だけが肥大化していくと思います。

 人材育成上、ストレッチした仕事をやらないと能力は上がらないものですが。今の働き方改革では若い社員に対して「時間がかかってもやるように」と言えなくなります。かつ、残業もできないから上司が若者の仕事を代わりにやることになります。(米国の臨床心理学者である)フレデリック・ハーズバーグが言うように、仕事の動機づけは仕事そのものに対して、責任感や達成感を持たなければできません。こちらをしっかりやらないといけないのですが、残念ながらできていません。

―― ますますミドル層が自分のキャリア構築を考える時間が減ってしまいますね。

前川 ダイバーシティマネジメントやマインドフルネスなどもそうですが、日本では欧米で流行ったものをすぐに取り入れたがる傾向があります、アメリカ人は方程式を創るのが上手いので物事がどんどん進みますが、日本ではうまく行かないケースが多い。

 そもそもバックボーンがキリスト教の社会では、労働はどちらかと言えば苦役で、罰だという文化的側面があります。でも、日本では労働がもっと高尚に捉えられている。日本にはもともといろんなものを受け入れる素地がありますが、一神教による絶対的な存在がベースにあって、正解以外は不正解という考えを押し付けられてもうまくいかないと思うんです。われわれはもっと、自分たちのルーツを大事にしたほうがいいのではないでしょうか。

 

著書自体は大企業勤務の50代にフォーカスした内容となっているが、結局のところ前川氏の主張は、仕事観と人生観を見直すきっかけとして全ての世代に通じるものだ。現代は強い言葉や態度で組織を引っ張るリーダーより、メンバーと共感し合い、背中で語るタイプのリーダーのほうが好まれる傾向にある。その意味でも、50代ビジネスパーソンが様々な選択肢の中から自分の意志で人生を切り拓くことは、自身の希望となるだけでなく、その姿を見た後に続く世代の希望となる。人生100年時代の折り返し地点にいる50代の生き方は、今後の日本社会の在り方に大きく影響するファクターになりそうだ。

 

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件とダスキン事件に学ぶ 不祥事対応の原則

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

ブラック企業と労災認定

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

社員17人で41億円を売り上げた社長が語る「中国で越境ECを成功させる秘訣」―栖原徹(ピルボックスジャパン社長)

今や米国と並び、世界最大級の消費市場となった中国。その中国で爆発的なヒットを飛ばしているのが健康食品・サプリメントなどの越境ECで展開するピルボックスジャパンだ。同社を率いる栖原徹社長に、中国市場で成功するための秘訣を聞いた。(取材・文=吉田浩) 栖原徹・ピルボックスジャパン社長プロフィール…

栖原徹・ピルボックスジャパン社長

意思決定の効率化を実現しデータ活用に革命を起こす―インティメート・マージャー

総合事業プロデューサーとして顧客と共に成長する―中尾賢一郎(グランドビジョン社長)

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

非大卒就職マーケットの変革に挑む元教師の挑戦―永田謙介(スパーク社長)

日本企業の年功序列と終身雇用が崩壊に向かう中、制度を支えてきた大学生の新卒一括採用の是非もようやく議論されるようになってきた。一方、高校卒業後に就職する学生のための制度は旧態依然とし、変化の兆しがほとんど見えない。こうした現状を打ち破るべく、非大卒就職マーケットの改革に挑戦しているのがSpark(スパーク)社…

起業家にとって「志」が綺麗ごとではなく重要な理由―坂本憲彦(一般財団法人立志財団理事長)

勉強ノウハウと法律知識で企業の「働き方改革」を促進する―鬼頭政人(サイトビジット社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年4月号
[特集] 僕らが宇宙をめざす理由
  • ・岩本裕之(JAXA新事業促進部長)
  • ・松尾剛彦(内閣府宇宙開発戦略推進事務局長)
  • ・岡島礼奈(ALE社長)
  • ・永崎将利(Space BD社長)
  • ・並木文春(IHI理事 宇宙開発事業推進部長)
  • ・宇宙視点で新ビジネス!
  • ・月面農場も夢じゃない キリンのジャガイモ大量増殖技術が宇宙の食を支える
  • ・スタートアップが切り拓く宇宙農業の未来
  • ・20万ドルで飛び立つ 丸い地球と満天の星空へ
  • ・宇宙旅行の前に、宇宙を感じる旅へ
  • ・新薬実現のきぼうは地上400キロの実験場にあり
[Special Interview]

 酒巻 久(キヤノン電子社長)

 宇宙事業に必要なことは「成功を信じてやるしかない」

[NEWS REPORT]

◆いよいよ始まる携帯5G 膨らむ期待と直面する課題

◆23年の長期政権に幕を引く イオン・岡田元也社長の残したもの

◆打倒アマゾンへ 楽天の送料無料化は吉と出るか

◆連続加入者増に赤信号 WOWOWを脅かす定額配信

[総力特集]

 2020年注目企業38

ページ上部へ戻る