マネジメント

事業家が迎える人生のパートナーの条件とは

 事業が成功するかどうかは、まずはトップの器量いかんであるが、前回指摘したように、ナンバー2に人を得なくては事業が前進、成長しない。

 優れたナンバー2は2番目の人間という意味にとどまるのではなく、得難いパートナーなのだ。

 事業の世界からさらに「人生」という領域まで広げて、「成功」する要因を考えてみると、ここでもパートナーの重要性が浮かんでくる。

 つまり、妻の存在であり、どのような妻を選ぶかだ。

 私の経験で言えば、起業して頑張り続け、事業に成功した経営者は、おおむね20代でパートナーを見つける。

 その女性のタイプの共通項を探すと、面白いことに、たいていその経営者とは真逆の性格だ。面白いというのは、事業におけるパートナー、優れたナンバー2も社長と真逆なキャラクターであることが多いからだ。

 これが凡人と言っては失礼になるが、普通のサラリーマンだと、恐らくパートナー(相棒・片腕)といった意識は希薄で、容姿など見た目の好き嫌い、性格のよさなどだけで選んでしまう。だからどうしても自分と同じようなタイプの人間を選んでしまうのである。似た者同士の相性を「破鍋に綴じ蓋」と昔から言うが、むしろ相補う関係のほうが、事業家にはいいようだ。

人生のパートナーの条件 例.つつましやかな主婦で地味な、コツコツ型

 成功する事業家のエネルギー量は、私たち凡人に比べてとてつもなく大きい。お金もバンバン使う。

 ある事業家などは、自分は追い込まれないと力が出ない、と言って、売り上げが落ちたときに、刃向かうように高額のビルを買い込んだりする。

 役員などは大慌てになるが、そうして自分を追い込み、同時に周りにも切迫感、危機感をあおりたてて、会社全体にすさまじい成長のエネルギーを巻き起こすわけだ。

 そんな夫の妻が同じタイプの人間なら、彼女まであおられてしまって、自分まですごい人間になったような気がしてしまいがちだ。

 社員に威張ったり、浪費したり、取引先に対して権柄ずくになったり、どうしようもない鼻つまみ女房、最低女房になることが多い。

 ところが成功した事業家の奥さんというのは、その夫の稼ぎからは想像もつかないほどにつつましやかな専業主婦で、地味な、コツコツ型であることが多い。

 周りがたとえちやほやしても、全く柳に風とまともに応じることがなく、控えめを通しているものである。

人生のパートナーの条件 例.家庭のことには社員を手伝わせない

 私は今年の春、(株)アースホールディングスの國分社長が毎年、自邸で催す花見の会に列するチャンスを得た。

 その時、なるほど成功する事業家の奥さんとはこういうものかという姿を目の当たりにした。

 花見の会は社員のために催されるものであり、1千人余りの招待客は社員とその家族である。この日、広大な國分邸は、館も庭も彼らで賑わう。

 用意するご馳走もたいへんな量である。だが驚いたことに、この日のご馳走は何と一切、仕出しを供さない。奥さまとお手伝いさんが総出でつくった手料理を振る舞うのだ。

 また、館の廊下、階段には、社員とその家族が遠慮なく土足で歩きまわれるように、緋毛氈を敷いてあるのだが、この膨大な量の緋毛氈もまた、奥さんが陣頭に立ってすべて敷いたものなのである。

 社員はこの日、招待客なのである。その社員と家族にくつろいでもらい、桜の花を心行くまで楽しんでもらう。そのおもてなしをするのが、「自分の役目」と、國分さんの奥さんはごく自然に心得ているに違いない。これぞ、稼ぐ事業家の妻の姿であると思う。

 

[今号の流儀]

単に好きだ、きれいだで結婚しては稼ぐ人間になれない。

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件に学ぶ 不祥事対応のプリンシプル

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

「ブラック企業」という評価の考察

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

「創造と変革」を掲げリーダー教育事業を展開しているグロービス。未来が予見しづらい混迷の時代を迎え、まさに新たな時代を切り拓いていくリーダーが求められている。そのような状況を受けて、グロービスは昨年、新たに執行役員以上に限定したエグゼクティブ向けのプログラム「知命社中」を開設した。[PR]次世代を担う経営リーダ…

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

「支持政党なし」をつくった男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

新社長登場

一覧へ

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

会員制ホテルなどを展開するリゾートトラストは4月1日付でトップが交代し、創業者の1人である伊藤與朗会長は代表取締役ファウンダーグループCEOに就いた。共同創業者の伊藤勝康社長は代表取締役会長CEOとなった。伏見有貴副社長は代表取締役社長COOとなり、創業45年で初めて代表取締役3人体制となった。聞き手=榎本正…

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年12月号
[特集]
平成 ランキングで振り返る“時代”の経営者

  • ・バブル破裂で顔ぶれ一新 平成人気経営者の系譜
  • ・次の時代を創るリーダーとは?

[Special Interview]

 榊原定征(2025日本万国博覧会誘致委員会会長)

 「誘致決定まで1カ月 大阪万博を日本経済の起爆剤に」

[NEWS REPORT]

◆コンビニ軽減税率適用で激化する「外食VS中食」の戦い

◆「液晶のシャープ」が有機ELスマホを発売 初の国産パネルで攻勢をかける

◆「世界一高い」と認定された日本の携帯料金のこれから

◆チャネル政策を見直すトヨタ自動車の危機感

[特集2]

 北海道・新時代の幕開け

ページ上部へ戻る