全国に122店舗の飲食事業を展開するワン・ダイニングは、「ワンカルビ」「ワンカルビPREMIUM」「あぶりや」「きんのぶた」「きんのぶたPREMIUM」「いちばん地鶏」を展開する。2018年4月に初の関東進出となるワンカルビ花小金井店をオープンした。

髙橋 淳

ワン・ダイニング 社長 髙橋 淳(たかはし・じゅん)

 

 関西や九州でおなじみの焼肉チェーン「ワンカルビ」が満を持して関東に進出した。

 これを展開するワン・ダイニングは「人生に2時間の幸せを」という価値の提供を目指す。肉の質はもちろん、接客や居心地など、従来の食べ放題よりワンランク上の価値を提供している。

 2018年4月にワンカルビ花小金井店を、11月にはワンカルビ相模原星が丘店をオープン。食べ放題は安くてたくさん食べられるが、料理や接客の質は必ずしも満足できない、という関東の顧客の評価を覆したいと、「食べ放題革命」をコンセプトに掲げる。

「肉にとって一番大事なのは鮮度。このためフローズン(冷凍)ではなくチルド(低温冷蔵)にし、直前にカットすることで肉のおいしさを損なうことなく提供。品質を担保するために全店直営です」と髙橋淳社長。

 埼玉県新座への進出も準備中で、今後、東は武蔵野、西は八王子、北は所沢、南は藤沢までのエリアでの「十字戦略」で関東圏での展開を計画している。このエリアは1500万人の人口を抱える市場なので、潜在的な可能性は大きいと意気込む。

 ワンカルビでは、48品3326円(税込み。以下同)コースが、50歳代2991円、60歳代2656円、70歳代2322円と年代で値段を変えている。テーブルを6人掛けにし、テーブルに座ったままオーダーできるようにして顧客の会話が途切れないよう配慮するなど、3世代の顧客に来てもらうための工夫を凝らす。

 「食べ放題で元が取れるか、特に関西の方は非常にシビアです。本物、良いものをご存知のシニア世代に来ていただいて、初めて店舗の価値が生まれます。元気なシニアは肉を食べているし肉を食べている方は元気。お客さまのアクティブな人生の支援、さらに従業員の豊かな人生の実現、会社の健全な経営の継続。この『健康経営』を推進しています」

 店舗のスタッフの56%はアルバイト出身で、アルバイトがアルバイトを紹介するインナー採用を取り入れている。アルバイトは店長の背中を、さらに幹部社員や社長のスタッフへの接し方や言動などを日々つぶさに見て、自身のあるべき姿や会社のビジョンを共有している。髙橋社長の経営姿勢にはブレがない。      

 

会社概要

設立 2016年11月

資本金 1億円

売上高 257億5,805万円

所在地 大阪市西区

従業員数 8,366人(アルバイト含む)

事業内容 焼肉食べ放題「ワンカルビ」「あぶりや」、しゃぶしゃぶ食べ放題「きんのぶた」、とり焼・とり鍋食べ放題「いちばん地鶏」など122店舗のレストランを展開

http://www.1dh.co.jp/

 

【注目企業】の記事一覧はこちら

経済界電子版トップへ戻る

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年10月号
[特集] 進撃のスタートアップ
  • ・スタートアップ・エコシステムの活性化
  • ・[スパイバー]2万5千円のTシャツは完売 実用化が迫った人工クモの糸
  • ・[Rhelixa]エピゲノム関連の研究・開発で人類の役に立つ
  • ・[チャレナジー]台風発電でエジソンになる ビジネス展開は「島」から
  • ・[エイシング]エッジで動く超軽量AIでリアルタイムに予測制御
  • ・[キャディ]製造業に調達革命! 町工場は赤字から脱出へ
  • ・[Clear]目指すは日本酒産業のリーディングカンパニー
  • ・[空]「値付け」の悩みを解決するホテル業界待望のサービス
  • ・宇宙ビジネスに民間の力 地球観測衛星やロボット開発
  • ・71歳で環境スタートアップを立ち上げた「プロ経営者」
[Special Interview]

 荻田敏宏(ホテルオークラ社長)

 「The Okura Tokyo」をショーケースに海外展開を進めていく

[NEWS REPORT]

◆戴正呉会長兼社長を直撃! なぜ、シャープは復活できたのか?

◆アスクル創業社長を退陣させた筆頭株主・ヤフーの焦り

◆サービス開始から3カ月で撤退 セブンペイ事件の背景にあるもの

◆絶滅危惧種ウナギの危機 イオンが挑むトレーサビリティ

[特集2]

 富裕層は知っている

・富裕層の最大の使い道は商品ではなく次代への投資

・シンガポールからケイマン諸島まで 資産フライトはここまで進化した

・年間授業料100万円超は当たり前 教育投資はローリスクハイリターン

・最先端の人間ドックは究極のリスクマネジメント

・家事代行サービスで家族との時間を有効活用

ページ上部へ戻る