語学力に長けた留学経験者に向けITスキル研修を実施し、日本と外国をつなぐ「ブリッジ・システムエンジニア」を企業の開発プロジェクトに送り込むアレックスソリューションズ。シンガポールをはじめ複数の海外拠点を持ち、海外での研修機会や長期休暇制度も整える。

大野雅宏氏

アレックスソリューションズ 代表取締役CEO 大野雅宏(おおの・まさひろ)

 

 留学経験者を対象に9週間のIT研修を実施し、グローバル展開を進める国内企業と海外支社との橋渡し役となる「ブリッジ・システムエンジニア」を数多く送り出すアレックスソリューションズ。大野氏自身、考古学への関心からエジプトのアレクサンドリア大学に留学し、アラビア語を修めた経験を持つ。

 「帰国後に語学を生かせる環境がなく、就職活動には苦労しましたね。友人が経営するITベンチャーに入社し営業を担当しましたが、英語に対応できるエンジニアがいないために断念せざるを得ない開発案件を多く見てきました。ここにチャンスを見いだし11年前に事業をスタートしました」

 同社では高度なプログラミングの知識よりも、ITの基礎を持ち繊細なニュアンスを英語で説明ができる能力をより強く求めている。「日本人の感性で、顧客の希望に沿ったものを実現するべく海外の現場と丁寧にコミュニケーションを図り、国内のエンジニアに要望や課題をフィードバックできる説明能力を持つ人材のニーズが高まっています」。

 また、同社は「バックパッカー精神」を理念に掲げている。これは好奇心と問題解決力、そして「寛容になる力」であると大野氏は述べる。

 「海外では日本にはない理不尽が日常的に起こります。憤るだけではなく柔軟に対応し、迅速に行動を起こさなければいけません。また、問題に直面したときにトラブルを受け入れられる寛容さも必要です」

 同社には約1カ月の長期休暇制度がある。これは日常的に旅を好む、海外経験豊富な社員の声に応えたものだ。また、同社は海外拠点の充実を進め、現在はスリランカ、シンガポールなどに拠点を持ち、今年新たにイスラエルにも開設する。

 「ITのスキルアップとは違い、異文化コミュニケーションの能力は現地に行かなければ身に付きません。多様な人種や価値観と触れ合うべく全世界的に拠点の整備を進めています。世界の誰と会ったときも思考・行動様式がイメージできるようにするためです。海外で培った経験を生かして社会の役に立ちたいという思いを持つ社員を、これからも全力でバックアップしていきます」      

 

会社概要

設立 2007年4月

資本金 2,300万円

売上高 10億2,000万円

所在地 東京都港区

従業員数 120人

事業内容 グローバルエンジニアリング事業、海外研修事業

http://www.alexsol.co.jp/

 

【注目企業】の記事一覧はこちら

経済界電子版トップへ戻る

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年10月号
[特集] 進撃のスタートアップ
  • ・スタートアップ・エコシステムの活性化
  • ・[スパイバー]2万5千円のTシャツは完売 実用化が迫った人工クモの糸
  • ・[Rhelixa]エピゲノム関連の研究・開発で人類の役に立つ
  • ・[チャレナジー]台風発電でエジソンになる ビジネス展開は「島」から
  • ・[エイシング]エッジで動く超軽量AIでリアルタイムに予測制御
  • ・[キャディ]製造業に調達革命! 町工場は赤字から脱出へ
  • ・[Clear]目指すは日本酒産業のリーディングカンパニー
  • ・[空]「値付け」の悩みを解決するホテル業界待望のサービス
  • ・宇宙ビジネスに民間の力 地球観測衛星やロボット開発
  • ・71歳で環境スタートアップを立ち上げた「プロ経営者」
[Special Interview]

 荻田敏宏(ホテルオークラ社長)

 「The Okura Tokyo」をショーケースに海外展開を進めていく

[NEWS REPORT]

◆戴正呉会長兼社長を直撃! なぜ、シャープは復活できたのか?

◆アスクル創業社長を退陣させた筆頭株主・ヤフーの焦り

◆サービス開始から3カ月で撤退 セブンペイ事件の背景にあるもの

◆絶滅危惧種ウナギの危機 イオンが挑むトレーサビリティ

[特集2]

 富裕層は知っている

・富裕層の最大の使い道は商品ではなく次代への投資

・シンガポールからケイマン諸島まで 資産フライトはここまで進化した

・年間授業料100万円超は当たり前 教育投資はローリスクハイリターン

・最先端の人間ドックは究極のリスクマネジメント

・家事代行サービスで家族との時間を有効活用

ページ上部へ戻る