デジタルマーケティング全盛の時代にあって、「人の言葉」を大切にしているのがアイビーエスだ。「何よりも社員を大切にすることが顧客満足につながる」という経営が、創業20年近い歴史を育み、右肩上がりの業績を生み出している。

佐々木貴司

アイビーエス 代表取締役 佐々木貴司(ささき・たかし)

 

 「技術がどれだけ進化しても、人の心を動かすのは人の想い、言葉です」

 そう話すのはアイビーエスの佐々木貴司社長だ。

 同社は、独自の視点や分析、設計、実践ノウハウでクライアントの想いを具現化するマーケティング戦略を展開。さまざまなマーケティング手法がある現代において、エンドユーザーと直接対話をすることでクライアントの商品やサービスの素晴らしさを伝える手法を採っている。

 この戦略の実践結果は、ダイレクトマーケティング部門の売り上げが5倍になったことが証明している。

 「私たちは、お客さまのライフスタイルにスパイスを加えてご提案する存在です。スパイスは多くの場合、お客さまとの会話の中から生み出されます。これは人だからこそ可能な分野であり、当社には蓄積された独自のノウハウがあります」

 顧客満足を得るためには「社内満足度」を上げる。佐々木社長は、全従業員がこの会社で好きな仕事を好きな人とできるという「社内満足度」がお客さまから選ばれる「顧客満足度」を上げるエネルギーになるという信念を持つ。

 だからこそ、社員に対しては徹底的に心を砕く。年2回、アルバイトを含む全従業員でコース料理を楽しむ「感謝祭」をはじめ、トップ自らの言葉を直接伝える機会を多く設けている。

 同社にはトップの想いが隅々まで行き渡り、この会社で大切にしていることが皆に浸透し、仕事が好き、仲間が好きといえる環境が整っている。

 「現在、お取り引きさせていただいているクライアントさまの成長を肌で感じています。その一端に関われることへのワクワクの広がりと共に、われわれに対する期待も大きいと感じています。クライアントさまにとって唯一無二の存在であることが喜びであり、重要です。選ばれるサービスに磨きをかけ、独自のノウハウを展開していきます」

 同社のビジョンは「一滴の想いをかたちに」「多様化する、それぞれのライフスタイルに新たな付加価値を創造する」こと。今後は海外進出も視野に入れ、「食」や「住まい」といったライフスタイルに関わる事業領域に進出していく。 

 

会社概要

設立 2001年8月

資本金 8,800万円

従業員数 237人

事業内容 戦略型コールセンター事業、ヘルス&ビューティ事業、ネットワークソリューション事業

https://www.ibscom.co.jp/

 

【注目企業】の記事一覧はこちら

経済界電子版トップへ戻る

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年10月号
[特集] 進撃のスタートアップ
  • ・スタートアップ・エコシステムの活性化
  • ・[スパイバー]2万5千円のTシャツは完売 実用化が迫った人工クモの糸
  • ・[Rhelixa]エピゲノム関連の研究・開発で人類の役に立つ
  • ・[チャレナジー]台風発電でエジソンになる ビジネス展開は「島」から
  • ・[エイシング]エッジで動く超軽量AIでリアルタイムに予測制御
  • ・[キャディ]製造業に調達革命! 町工場は赤字から脱出へ
  • ・[Clear]目指すは日本酒産業のリーディングカンパニー
  • ・[空]「値付け」の悩みを解決するホテル業界待望のサービス
  • ・宇宙ビジネスに民間の力 地球観測衛星やロボット開発
  • ・71歳で環境スタートアップを立ち上げた「プロ経営者」
[Special Interview]

 荻田敏宏(ホテルオークラ社長)

 「The Okura Tokyo」をショーケースに海外展開を進めていく

[NEWS REPORT]

◆戴正呉会長兼社長を直撃! なぜ、シャープは復活できたのか?

◆アスクル創業社長を退陣させた筆頭株主・ヤフーの焦り

◆サービス開始から3カ月で撤退 セブンペイ事件の背景にあるもの

◆絶滅危惧種ウナギの危機 イオンが挑むトレーサビリティ

[特集2]

 富裕層は知っている

・富裕層の最大の使い道は商品ではなく次代への投資

・シンガポールからケイマン諸島まで 資産フライトはここまで進化した

・年間授業料100万円超は当たり前 教育投資はローリスクハイリターン

・最先端の人間ドックは究極のリスクマネジメント

・家事代行サービスで家族との時間を有効活用

ページ上部へ戻る