EC通販事業で成功のカギを握るのは、なんといっても物流戦略だ。いかに効率よくミスのない物流ネットワークで顧客の要望にスピーディーに対応するかが問われる中、優れたサービスをワンストップで提供するのがイノベーション・ロジスティクスだ。

伊通 旭氏

イノベーション・ロジスティクス 社長 伊通 旭(いつう・あきら)

 

 EC通販事業者向け物流代行サービスを手掛けるイノベーション・ロジスティクスは、積極的な設備投資によるローコストオペレーションで顧客の厚い信頼を獲得している。

 同社の伊通旭社長は「一昨年にオープンした千葉県野田市の物流センターは常にフル稼働状態です。昨年の夏、奈良県西大寺に新設した物流センターも軌道に乗り、次は年内稼働を目指して茨城県坂東市に2500坪の新物流センターを建設予定です」と矢継ぎ早に新たな物流拠点を設けている。

 現在、同社が展開する12拠点全てで高稼働状態が続いているというのも、極めてローコストでありながら高い品質のサービスを提供しているからだろう。その決め手となるのが、倉庫作業の徹底した自動化だ。

 「毎日数千件に及ぶ発送作業や急なオーダーの処理を人力に頼っていては、コストがかさみ過ぎる上にミスも避けられません。当社では産業用ロボットを使った自動化を最大限に活用しながら、大幅なコスト削減に取り組んでいます」

 こうした自動化導入の際は、ソフトウエアを自社で開発しているのも強みといえる。早くから自動化に取り組み蓄積してきた倉庫作業のノウハウを反映した、顧客にとってより使いやすく便利なシステムを構築している。

 こうして同社が順調に拠点を拡大しているとはいえ、物流業界全体はより厳しい時代を迎えつつある。

 「運送料の値上げや人件費、資材費の高騰など環境面では厳しさを増しているからこそ、自動化によるコスト削減がポイントになります」

 同社の物流センターを利用するEC通販事業者の満足度は高く、ほぼ継続して利用するユーザーが多いのでストック型ビジネスという側面もある。近年、活発な越境EC市場にも対応し、アジアを中心に海外への発送作業も手掛けている。

 「当社に任せていただければ、商品の保管だけではなくピッキングや梱包から配送まで、全てワンストップで最適なサービスを提供することができます」と自信を見せる伊通社長。EC通販に特化したビジネスで拡大するEC市場の波に乗り、さらなる成長を目指している。          

 

会社概要

設立 2011年11月

資本金 600万円

所在地 千葉県野田市

従業員数 30人

事業内容 EC通販物流代行サービス、EC受注代行サービス、ECフルフィルメントサービス

https://www.ec-innovation.com/

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る