2018年の訪日外国人客数は前年比8・7%増の3199万人と、7年連続で増加している。20年の東京オリンピック・パラリンピックの開催に向けて宿泊施設の需給が逼迫すると予想される中、J&M HOLDINGSは観光業界をより活性化する起爆剤となりそうな新たなサービスを立ち上げる。

永田賢治氏

J&M HOLDINGS 社長 永田賢治(ながた・けんじ)

企画畑出身ならではの柔軟な発想が特長

 宿泊施設の開発から運営まで一貫したサポートを行うJ&M HOLDINGSは、宿泊施設と商業施設を絡めたオリジナリティーあふれる物件開発をはじめ、柔軟な発想による新たな業態開発を得意としている。

 もともと広告・デザイン関係の事務所を経営していた永田賢治社長は、店舗開発やリーシングなどの仕事を経てホテル・不動産業界に入った経緯がある。

 「広告企画などを手掛けていただけに、ただ仲介手数料をもらうだけの仕事には罪悪感を感じていたので、店舗がオープンするまで可能な限りサポートするようにしてきました」とこれまでを振り返る。

 一般的な不動産業者に比べると必ずしも効率的とはいえないが、そんな仕事の積み重ねが現在の柔軟な提案力につながっているのは間違いなさそうだ。

 そんな強みを生かして数多くの宿泊施設をプロデュースしてきた同社だが、個々の物件はそれぞれ独特のカラーを有している。

 例えば、ベンチャー企業が集積する渋谷区桜丘町で2015年にオープンした「Commun(コミュン)渋谷」は、簡易宿泊所付きのシェアオフィスとしてミーティングスペースや食事コーナーを設けることで、クリエーティブなワーカーたちの拠点としてすっかり定着している。

 また、現在開発を進める「Commun小樽」はインバウンド向けに特化し、長期滞在にも対応できるように宿泊料金を抑える予定だ。

 「気軽に泊まってもらえるような低価格でありながら、宿泊者同士が触れ合えるコミュニティースペースも用意しています」

 同じく、インバウンドに対応する「TSUBAKI御徒町」は、日本の雅をテーマに癒やしや華やかさをコンセプトにするコンパクトな和モダンホテルで、都内観光の拠点として外国人観光客の人気を集めている。

 一方、今年5月に錦糸町でオープン予定の「Bamboo Garden錦糸町」は、一転してラグジュアリー性を重視。スタイリッシュなデザインとカジュアルでアットホームな雰囲気を融合した上質な空間で、高めの客単価を設定する。

Commun渋谷

簡易宿泊施設も備えるコワーキングスペース「Commun渋谷」

利用者の立場でホテル予約の利便性を向上

 今年の秋からは全く新しいサービスの提供をスタートする。ホテルの直前予約(ラストミニッツセール)と、キャンセル分の転売(リセール)をワンストップで提供するウェブサイト「HOTEX(ホテックス)」だ。

 「一般的に当日や前日に予約をキャンセルすると、宿泊料金全額の支払いを求められます。ホテル側の対応としてはやむを得ないにせよ、予約客からの印象はどうでしょうか。私ならおそらく次回は別のホテルを予約すると思います。しかし、このキャンセル料が10%程度で済むのであれば、印象も良くなって逆に次回も同じホテルを予約するでしょう」

 キャンセル料の扱い一つで、リピーターとなるかどうかが決まってしまう。であれば、直前キャンセルの予約分を別途販売することができれば、キャンセル料の引き下げが可能になる。

 さらに、直前の予約では価格を下げるホテルも多いので、そうしたニーズを合わせて一つのサイトで提供しようと考えたという。まさに、ホテルと宿泊客の双方がウィンウィンになる仕組みといえよう。

 さらに、利用者の過去のサイト利用履歴から旅にまつわる嗜好を解析し、お薦めの情報を提供する機能もある。いずれは予約から観光地案内、グルメ、通訳や現地でのガイド情報まで観光に関わる情報を網羅して、ワンストップで提供するサイトとなることを目指している。

 ただ、こうしたシステムの構築には莫大なコストが必要となる。同社では、資金調達上の必要性もあってシンガポールを拠点に新会社を設立した。膨大な数のホテルと顧客を結ぶ情報のマネジメントには、最新の技術を取り入れている。

 「ブロックチェーンを導入して、取引履歴などの情報を連鎖的に連結しながら保管管理します。欧州の投資家などからは非常にポジティブな反応があり、サービスローンチ前の段階ながら手応えを感じています」

 まずは国内でスタートして地盤を固めた上で、アジアから欧米へとより大きな市場に進出する予定だ。

 「20年の東京オリンピック開催は大きなチャンスです。開催中の短期間に海外から訪れる外国人も、お目当ての競技の結果次第では急遽予定を変更することも多いでしょう。直前での予約キャンセルと次のホテルの確保がいずれも安価で可能になるとすれば、必ず圧倒的な支持を集めることができるはずです」          

 

会社概要

設立 1954年6月

資本金 9,000万円

所在地 東京都千代田区

従業員数 100人

事業内容 ホテル、旅館等の宿泊施設の保有・運営および経営に関するコンサルティング

https://www.jmh411.com/

 

【注目企業】の記事一覧はこちら

経済界電子版トップへ戻る

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年12月号
[特集] 沸騰する食ビジネス!!
  • ・食ビジネスが熱い!! 未来型食品が社会課題を解決する
  • ・市場規模70兆円! 食ビジネスが過熱するわけ
  • ・完全バランス栄養食で誰もがラクして健康になれる
  • ・人工光型植物工場で世界の食と農に新しい常識を
  • ・宇宙食ビジネスで勝ちに行く 10年後に5千億円市場創出へ
  • ・“大人の給食”で栄養の基盤をつくる
  • ・人工肉で糖質制限者に無制限のおいしさを
  • ・テクノロジーで高品質なジビエ調達が可能に
  • ・昆虫食ビジネスの時代到来
[Special Interview]

 伊藤秀二(カルビー社長)

 掘り出そうカルビーの未来

[NEWS REPORT]

◆エンジニアへの高額給与で 富士通は生まれ変われるか

◆豊田章男・自工会会長が挑む東京モーターショー100万人

◆消費増税で現金主義は終焉 キャッシュレス時代が到来した

◆加速するeスポーツ市場! インテルが東京で世界大会を開催

[総力特集]

経済界創刊55周年記念 新しい日本のかたち

東京1964からの55年と東京2020以降の日本の姿

ページ上部へ戻る