[特集]事業継承の極意

事業継承の極意

事業をいつ、誰に、どんな形で託すかは、多くの経営者にとって重大な関心事だ。特に少子高齢化のわが国においては、後継者不足は以前よりさらに深刻な問題となっている。本特集では、親族による事業承継の成功例と失敗例、M&Aによる後継者問題解決の現状など、さまざまな事例とそこで展開されたドラマを追っていく。

インタビュー

「経営者に必要なのは“己の器”を見極めること」

清水信次(ライフコーポレーション会長兼CEO)

「事業承継M&Aのマーケットは10倍に拡大する」

分林保弘(日本M&Aセンター会長)

一族8家による経営が生み出す“強さ”

茂木友三郎(キッコーマン名誉会長・創業97年)

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年1月号
[特集]
平成の事件簿

  • ・[イトマン事件]闇勢力に銀行が食い荒らされた戦後最大の経済事件
  • ・[ダイエー、産業再生機構入り]一代で栄枯盛衰を体現した日本の流通王・中内 功の信念
  • ・[ライブドアショック]一大社会現象を起こしたホリエモンの功罪
  • ・[日本航空経営破綻]親方日の丸航空会社の破綻と再生の物語

[Special Interview]

 高橋和夫(東京急行電鉄社長)

 「100周年に向けて、オンリーワン企業の強みを磨き続ける」

[NEWS REPORT]

◆かつてのライバル対決 明暗分けたパナとソニー

◆経営陣に強い危機感 富士通が異例の構造改革断行

◆売上高1兆円が見えた ミネベアミツミがユーシンを統合

◆前門の貿易戦争、後門の技術革新 好決算でも喜べない自動車各社

[特集2]経営に生かすAI

 「人工知能は『お弟子さん』
日常生活が作品になるということ」
落合陽一(筑波大学准教授)

ページ上部へ戻る