媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

変化の時代に対応する多種多様な人材をグローバルに採用―SBIホールディングス

2019人材育成企業21正方形バナー

(『経済界』2019年11月号より転載) 

北尾吉孝氏

SBIホールディングス社長 北尾吉孝(きたお・よしたか)

 今年7月、SBIホールディングスは設立20周年を迎えた。この20年間は、日本のインターネット金融の歴史と重なる。今ではSBIは、インターネット証券で口座数や個人株式委託売買代金等で圧倒的トップとなり、ネット銀行でも首位を独走、保険分野でも存在感を高めている。

この原動力となったのが、「『インターネット革命』と『金融規制緩和』の二大潮流に乗った」(創業者で社長の北尾吉孝氏)ことだ。そしてこれを支えたのが、多種多様な人材だった。

SBIでは国籍、年齢、性別、障がいの有無にかかわらず、人間性を重視して採用している。2006年から新卒採用を開始したが、アジアを中心とした海外人材の新卒採用や、中途採用でもシステム部門などで高い技術力のある外国人スタッフの採用を強化。約6500人の連結社員のうち、海外拠点の社員の割合は26・2%を占める。また女性採用にも積極的で、女性社員比率は33・5%、女性管理職比率は22・3%となっている。

こうした人材を実力主義で登用する一方、将来を担う幹部社員育成のため、グループ内にあるSBI大学院大学へ派遣、これまでに86人がMBAを取得した。

金融業界は「フィンテック革命」と「グローバル化」という、かつてない変化の時代を迎えている。この波を乗り切り、インターネット金融のリーディングカンパニーであり続けるためにも、多種多様な人材の採用と育成は欠かせない。

総力特集 人材育成企業21に戻る

経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る