[ ルネサス ]の検索結果

  • [News Report]

    ルネサス反転攻勢へ 危機を脱し新体制の滑り出し順調

    作田久男・前会長の下で構造改革を進めてきたルネサス エレクトロニクスだが、一頃の危機は脱した感がある。成長へのバトンを託された遠藤隆雄・新会長の下で新たなスタートを切ったが、2016年3月期の第1四半期の業績は良好。反転への兆しが出てきた。 文=本誌/村田晋一郎 &…

    ニュースレポート
  • [NEWS REPORT]

    迷走するルネサス、リストラの惨さに拍車

     ルネサス エレクトロニクスが再び人員削減を実施する。通算6回目、今年に入って3回目となり、その頻度にまず驚く。そして今回は一見すると達成困難な募集人員を掲げているが、対象を「諸施策に沿えぬ者」と明記するなど、ただならぬ状況がうかがえる。 過去2回が低調で今年3回目…

    ニュースレポート
  • [NEWS REPORT]

    業績は改善するもルネサスの構造改革は道半ば

     ルネサス エレクトロニクスが業績回復を受ける形で、対外的な情報発信を強めている。構造改革完遂後に成長戦略に舵を切るための布石と言える。しかし成長戦略に移行するには、もう一段の構造改革が不可欠であり、ルネサスが置かれている状況は依然厳しいままだ。 構造改革の成果でル…

    作田久男氏
  • [NEWS REPORT]

    ルネサスが再び人員削減、整理統合の先にあるものとは

    ルネサスエレクトロニクスが設計・開発部門の組織再編に合わせて5回目となる早期退職優遇制度を実施する。今回の組織再編は既定路線ではあるが、人員削減を加速させることになり停滞感は否めない。市場環境を考えると成長戦略を急ぐ必要がある。 ルネサス 組織再編に伴い人員削減が加…

    作田久男氏 ルネサスエレクトロニクス会長
  • [NEWS REPORT]

    3期ぶりの営業黒字も綱渡りのルネサス改革

    経営再建中のルネサス エレクトロニクスの業績が着実に回復している。ここに来て市場環境の好転と構造改革の成果で、2013年度決算で増収増益に転じた。しかし作田久男会長兼CEOはまだ予断を許さない状況にあると見ており、さらなる構造改革を推進する。 増収増益の好業…

    作田久男氏
  • 本格化するルネサス改革

    ルネサス エレクトロニクス―再生への大ナタか、解体の始まりか

    ルネサス エレクトロニクスがここに来て、経営再建に向けた動きを加速している。収益改善のための製品プログラムを実施する一方で、さらなる人員削減をはじめとする構造改革を進めるが、その中には国営企業としては疑問が残る施策もある。 (本誌/村田晋一郎) ルネサスの収益悪化を…

    ニュースレポート
  • リストラの末に黒字化が見えたルネサス

    ルネサス エレクトロニクスの構造改革の見通しはいかに

    ルネサス エレクトロニクスが、合併後初めての黒字化を達成するところまで業績を改善してきている。ただし、リストラによる固定費削減効果によるところが大きく、今後も同じ手法は難しい。構造改革や事業戦略での収益改善が問われている。 (本誌/村田晋一郎) ルネサスの人員削減は…

    ニュースレポート
  • [NEWS REPORT]

    東芝メモリ買収の影の主役 産業革新機構の収支決算

    なかなか決まらない東芝メモリの行方。日本政府としては、売却先がどこになっても、日本が主導権を取り続けることを望んでいる。そこで中心的役割を果たすのが官民ファンドの産業革新機構だが、ファンドであるからには当然リターンが求められる。これまでの投資案件の収支はどうなっている…

    混沌として見えない東芝メモリの行方(写真は綱川智・東芝社長)
  • [News Report]

    赤字なのに、無配なのに高額報酬!?「役員報酬1億円ランキング」で見える正当性

    東京商工リサーチでは「役員報酬1億円以上開示企業」調査(2015年3月期決算)を集計している。そこにランクインした役員は411人で、昨年より50人増加、社数も20社増加している。中には赤字決算の企業や、株主には無配当の企業もあり、総会で批判の声もあった。文=ジャーナリ…

    ニュースレポート
  • [専業企業の強さの秘密]

    小池淳義・サンディスク日本法人社長が語る「世界を牽引する技術革新の本質」

    1つの分野に特化して技術革新するサンディスク  「技術革新がなければ会社は継続しない」--米国に本社を置く半導体メーカー、サンディスクの創業以来の理念だ。  サンディスクが創業したのは1988年。当時のコンピュータの記録媒体はHDD(ハードディスク…

    小池淳義氏・サンディスク日本法人社長
  • [NEWS REPORT]

    仏アルストムの事業買収合戦に敗れた三菱重工業の大誤算が日立、東芝にも飛び火

     仏アルストムのエネルギー部門買収をめぐり、米ゼネラル・エレクトリック(GE)と独シーメンス―三菱重工業による連合軍が激突した。結果的にGEが勝利したが、同社に対抗すべく、重電業界に国際再編機運が高まっている。 アルストムとGE提携で三菱、日立の経営統合話が再燃か …

    宮永俊一氏
  • デバイス・製造装置ともに

    市場は回復基調も取り残される日本の半導体業界

    モバイル用途が需要を牽引し、世界の半導体市場および製造装置市場は回復基調にある。そうした世界の潮流に日本の半導体業界は乗り切れていない。業界の構造が大きく変わろうとしつつある中、日本のモノづくりも変革が求められている。 (本誌/村田晋一郎) 半導体業界における日本の…

    ニュースレポート

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年11月号
[特集] AIが知りたい!
  • ・IT未開の地に挑戦 産業構造をAIが変える!
  • ・AIは物理世界がまだ苦手 汎用ロボットの作り方
  • ・データ分析の起点は「何があれば経営に役立つか」
  • ・AI活用事例
  • ・ワトソン君は業務システムと連携する
  • ・米国で加熱する人工知能ブーム AIは21世紀最大のゲームチェンジャーか
[Special Interview]

 小川啓之(コマツ社長)

 「“経験知”に勝るものはない」コマツ新社長が語る未来

[NEWS REPORT]

◆SBIが島根銀行への出資の先に見据える「第4メガバンク構想」

◆家電同士がデータを共有 クックパッドが描くキッチンの未来

◆新薬の薬価がたった60万円! 日の丸創薬ベンチャーは意気消沈

◆1で久々の優勝を果たすもホンダの4輪部門は五里霧中

[総力特集]

 人材育成企業21

 SBIホールディングス/サイボウズ/メルカリ/ティーケーピー/シニアライフクリエイト/イセ食品/センチュリオン/タカミヤ/中央建設/アドバンテック/合格の天使/明泉学園/オカフーズ

ページ上部へ戻る