マネジメント

組織での意思決定は極端な方向に振れやすい

 自分の組織の意思決定はどうもオカシイと思う人は少なくないだろう。スピードが遅い、何も決まらない、誰も責任を取らないなど思い当たる人も多いだろう。組織でモノゴトを決める場合には、複数の人の知識を活用できるため、個人よりも質の高い意思決定ができるように思われるかもしれない。しかし実はそうではない。今回は、「みんなの意見は案外正しい」が「みんなで決めると結構正しくない」という点について考えてみよう。

 組織での意思決定は極端な方向に振れやすい。これを最初に発見したのは、MITの大学院生であったジェームズ・ストーナーであった。彼は、集団で議論をして意思決定を行うと、個人が独立して意思決定を行うときよりもリスキーな選択をしてしまう傾向を発見した。1961年であった。これは、リスキー・シフトと呼ばれ、その後の社会心理学の実験でも度々確認されてきた。

 これは、集団極性化(グループ・ポーラライゼーション)とも呼ばれており、ある極端な方向へと組織の意思決定が進む傾向のことである。

 トルーマンの北朝鮮の侵攻や、ケネディのピッグス湾事件、ジョンソンのベトナム戦争の意思決定でもこの組織の意思決定における集団極性化は起こっていた。組織論の観点から客観的な戦力の分析から逸脱していく日本軍の行動を分析した有名な『失敗の本質』も、組織における意思決定の集団極性化がポイントの1つである。これらの歴史は、集団極性化が組織を大きなリスクへと導く可能性を示唆している。

 なぜ、このような集団極性化が起こるのだろう。組織内では多数派の意見が知らぬ間に増幅されていく。組織の中では他のメンバーに対して、「勇敢であること」「高い自信を持っていること」を「顕示」する傾向が出てくる。これは、集団極性化を促す。

 また、集団的な合意に対する圧力が強い場合には、注意が必要である。反対意見を言う人は、組織から弾かれてしまう。組織の「忠実」なメンバーではないとみなされるからである。その反対意見が、極めて的を射たものであったとしてもである。

 組織に「NO」と言えないマジックワードがある場合も危険である。これは、カリスマ的なリーダーが組織の中で構築されていく時によく見られる。日本には松下幸之助や本田宗一郎、出光佐三や小倉昌男などカリスマ性の高いリーダーがいる。彼らが去った後、組織の中で独り歩きする彼らのカリスマ性に悩まされている企業も少なくない。彼らが神聖化されてしまい、彼らの残した「言葉」が反対意見を封じ込めるために使われてしまうのである。

「エコ」や「グローバル」などもマジックワードになる。これらに正面から「NO」と言うのは難しい。その結果、集団的な意思決定が極端化してしまう。「エコ」や「グローバル」という名の下に、極端な意思決定がされるのである。

 良い例が2009年から開始された家電エコポイント制度であろう。「エコ」という観点から、環境省、経済産業省、そして総務省がエアコン、冷蔵庫、そして地上デジタル放送対応テレビにエコポイントを支給した。支給額はテレビが大きな割合を締めた。

 しかし、地デジ化が迫っていたために、テレビに関してはわざわざエコポイントを支給しなくても、消費者の買い換えは進んだはずである。政府の人材育成関連の政策でも「グローバル」と名の付くものが乱立している。そのマジックワードが狡猾に利用されると、組織の中で同床異夢が起こってしまう。NOと言えないマジックワードは集団極性化を促進する。

多様性と独立性が意思決定の極性化への歯止めに

 組織の意思決定がいったん極端な方向に向かってしまうとその舵を元に戻すのは難しい。そうならないようにするにはどうしたら良いのだろう。まず、集団的な合意に対する圧力を弱めておく必要がある。組織のリーダーは、組織内での批判を促進しなければならない。そのためには、一般的なリーダーシップ像とは反対であるが、時には自分の意見をできるだけ積極的に示さないようにすることも重要である。

 集合知が衆愚にならないためには、多様性と独立性が大切であると『「みんなの意見」は案外正しい』の著者のジェームズ・スロウィッキーも言う。多様性がなく、お互いが気を使い出すと組織はあっという間に衆愚になる。

 多様性や批判を組織内に醸成するのは簡単ではない。多様な意見や批判が組織内でなされれば、それをまとめるためには、当然、意思決定に高いリーダーシップが必要とされる。自ら組織をかき回し、多様性を高めながらも、最終決定を行うリーダーである。また、株主などのステークホルダーの声も重要である。

 日本企業は、安定株主をつくり、株主からの圧力を避けることを好む。株主からの声が小さいほうが、「長期的な視野」で経営ができるという。しかし、彼らの「声」は、組織の意思決定が極端な方向に向かうことの歯止めとしても機能しうる。社外取締役などの選定についても、摩擦を避ける傾向がある時には要注意である。

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件とダスキン事件に学ぶ 不祥事対応の原則

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

ブラック企業と労災認定

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

バーチャル空間で開催される会議や音楽ライブなどに、3Dアバターで参加できる画期的サービス「cluster」を生み出したのは、元引きこもりのオタク青年だった。エンタメの世界を大きく変える可能性を秘めたビジネスで注目を浴びる経営者、加藤直人氏の人物像と「cluster」の展望を探る。(取材・文=吉田浩)加藤直人・…

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年1月号
[特集]
平成の事件簿

  • ・[イトマン事件]闇勢力に銀行が食い荒らされた戦後最大の経済事件
  • ・[ダイエー、産業再生機構入り]一代で栄枯盛衰を体現した日本の流通王・中内 功の信念
  • ・[ライブドアショック]一大社会現象を起こしたホリエモンの功罪
  • ・[日本航空経営破綻]親方日の丸航空会社の破綻と再生の物語

[Special Interview]

 高橋和夫(東京急行電鉄社長)

 「100周年に向けて、オンリーワン企業の強みを磨き続ける」

[NEWS REPORT]

◆かつてのライバル対決 明暗分けたパナとソニー

◆経営陣に強い危機感 富士通が異例の構造改革断行

◆売上高1兆円が見えた ミネベアミツミがユーシンを統合

◆前門の貿易戦争、後門の技術革新 好決算でも喜べない自動車各社

[特集2]経営に生かすAI

 「人工知能は『お弟子さん』
日常生活が作品になるということ」
落合陽一(筑波大学准教授)

ページ上部へ戻る