低迷するレジャーホテル業界にあって、常に未来を見据えた布石を打ち続けるミマコーポレーション。新たにオープンしたホテルは、これまでの常識を覆すさまざまなアイデアに満ちたコンセプトで、早くも若い女性から人気を集めている。

美馬辰也氏

ミマコーポレーション 社長 美馬辰也(みま・たつや)

 

大きな曲がり角を迎えるレジャーホテル業界

 「レジャーホテルの数自体はそれほど極端に減少しているわけではありません。ただ、客単価がどんどん下がっていることで、各社の利益が低下し続けているという状況です」と語るのは「HOTEL CUE」ブランドを中心に関東、中部地区でレジャーホテルを展開するミマコーポレーションの美馬辰也社長。業界のオピニオンリーダーとして、現在のレジャーホテルを取り巻く環境に危機感を募らせている。

 こうした流れは、日本社会の構造的な変化も大きな理由になっている。少子高齢化や、いわゆる「草食系男子」といわれる若者が増えたこと、さらに若者のクルマ離れなどさまざまな要因が考えられる。

 「これまでのように、地方のインターチェンジ付近にレジャーホテルを作り、莫大なコストを費やして改装しても採算が合わなくなってきました。当社でも、外装や内装に趣向を凝らしたインター付近のホテルが『夢があって良い』と人気を集めてきました。しかし、もうカップルがわざわざクルマでインターまで出掛けて宿泊する、という時代ではありません。これまでのやり方を変えていかないと、レジャーホテル自体の存在意義が問われてしまいます」

 そんな同社が取り組む新たな試みの一つが「iRESORT」と称するブランドだ。その狙いについて美馬氏は「具体的に定義するというより、面白さと楽しさがあって『また行きたいな』と思ってもらえるかどうかだと考えています」と言う。

 2018年、そんな発想で新たに2つのホテルをオープンした。「iRESORT HOTELチャリチョコ」は、スイーツやキャンディーが大胆に描かれたオリジナルの壁紙を全室に採用。ターゲットとなる若い女性がとにかく「可愛い、面白い、もう1度来てみたい」と思えるホテルを目指したという。

 奇抜にも見える内装は年配客にとって入りづらいとも思えるが、ターゲットを明確化することで新たな顧客層の開拓に成功。女性同士、あるいは女性1人の宿泊というケースも見られるなど、着実な集客につながっている。

 「流行りの『インスタ映え』ということでしょうか。当ホテルの利用者がインスタグラムやツイッター、フェイスブックなどのSNSを活用し、自ら積極的に情報を発信してくれることが大きな宣伝効果を発揮しています」

 さらに、もう一つの「ホテルマリンブルー」は、海をテーマとして壁紙も含めた空間演出にこだわり、低層階から高層階へ行くに従って海中から浜辺、空、宇宙まで徐々に変化していく。海中のフロアとなる各部屋には実際に熱帯魚が泳ぐ水槽を設置し、こちらも若い女性を中心に早くも人気を集めているようだ。

i RESORT CUE SELA

「i RESORT CUE SELA」(東京都町田市)のラグジュアリーな外観

 

新たな分野を開拓し新規顧客層を獲得

 「内装や設備にいたずらにお金をかけて豪華さを追求しても、結局は外資系高級ホテルのブランド力に太刀打ちすることはできません。今後、われわれレジャーホテル業界が生き残っていくためには、また違った路線を開拓する必要があります」という美馬社長だが、比較的リーズナブルな投資金額でありながら若い女性から人気を集めるこれら2つのホテルは、その答えになりそうだ。

 ただし、ある程度ターゲットを絞り込んでいるだけに郊外立地では厳しいという。同社でも、今後こうしたホテルは基本的に都心部を中心に展開していく考えだ。

 「今から数十年後、仮に日本の人口が半分になったとしたら消費も半分になります。おそらく地方では人口減少がどんどん進んでいくでしょう。しかし、東京は5年後、10年後でも人口が減るとは考えられません。山手線の内側という限定的なエリアに立地していれば、いざとなればレジャーホテルという冠を外して、単純な宿泊施設としても十分成立すると考えています」と、中長期的にリスクヘッジになるというのもその理由だ。

 今後は、新たな事業への進出も含めてさまざまなプランを温めている。

 「ホテルという枠を外して、みんながいつまでも楽しめるような事業は何か、ということを考えていくつもりですし、そうでないと生き残ることはできないでしょう。『iRESORT』も遊びを提示する場として、宿泊にとらわれず多彩なサービスを提供していきたいですね」      

 

会社概要

資本金 1,000万円

所在地 東京都豊島区

事業内容 ホテル管理業務・人材育成および営業指導、新築・改築相談、市場(立地)調査、事業計画書作成・経理事務代行

http://www.mimacorp.co.jp/

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る