[特集]NIPPONの魅力を高める

NIPPONの魅力を高める〜2020年に向けた国家プロジェクト

2020年を日本にとって記念すべき年に——。東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて、政府は訪日外国人観光客数を2,000万人に増やす目標を掲げている。また、東京の街は都市開発ラッシュに沸き、ソフト/ハードの両面で都市開発が進んでいる。政財官の最新の動きを追う。

インタビュー

磁力のある東京に必要な情熱

辻 慎吾(森ビル社長)

起爆剤を作り、街を活性化する使命

三枝利行(東急不動産社長)

「NIPPONを憧れの国から今行きたい国へ」

松山良一(日本政府観光局 理事長)

関連記事

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界9月号
[特集]
人材恐慌 この危機をどう乗り切るか

  • ・企業が脅える人材恐慌最前線
  • ・人材不足の処方箋 働き方改革でどう変わる?
  • ・加藤勝信(働き方改革担当大臣)
  • ・神津里季生(日本労働組合総連合会会長)
  • ・中田誠司(大和証券グループ本社社長)
  • ・若山陽一(UTグループ社長)

[Interview]

 松本正義(関西経済連合会会長)

 2025大阪万博で関西、日本は飛躍する

[NEWS REPORT]

◆第4次産業革命に走る中国、遅れる日本 松山徳之

◆格安スマホに対抗しauが値下げ これから始まるスマホ最終戦争

◆減収続くも利益率は向上 富士通・田中社長の改革は本物か

◆破綻からわずか2年 スカイマークが好調な理由

[政知巡礼]

 野田 毅(衆議院議員)

 「社会保障の安定した財源は消費税しかない」

ページ上部へ戻る