[特集]岡山注目企業特集

「晴れの国」がおこす地方革命

中四国の要所・岡山は瀬戸内の温暖な気候に恵まれ「晴れの国」と呼ばれる。政令指定市・岡山市と天領の歴史を持つ文化都市・倉敷市を擁する岡山には、地元にしっかりと根を張りながら日本全国、そして世界を相手に闘っている経営者が多く、その姿は誇りと魅力にあふれている。地方創生をリードする岡山の底力に迫ってみた。

日本経済活性化の原動力に

ベンチャースピリッツ溢れる注目企業を厳選!!

日本経済は90年代のバブル崩壊をきっかけに“失われた20年”に沈んできたが、ようやく復活の兆しが見えてきた。アベノミクスによる政策主導の追い風があったとはいえ、企業業績が急回復した背景には経営力がある。また、IPO市場が久々に大盛況となっているように、起業を目指す若手経営者が台頭してきた。昨年は80社、今年は100社を超える見込みだが、この中から世界で戦えるグローバルトップ企業が出現するかもしれない。

 

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年7月号
[特集]
社会課題で儲ける!

  • ・総論 グローバリズムとどう折り合いをつけるのか
  • ・なぜ、よしもとは社会課題と向き合うのか 大﨑 洋(吉本興業共同代表取締役CEO)
  • ・茶葉から茶殻までバリューチェーン全体で価値を創造する 笹谷秀光(伊藤園顧問)
  • ・持続可能な経営は、持続可能な地域が支えている キリンホールディングス
  • ・人生100年時代の健康問題に取り組む ファンケル
  • ・世の中に貢献する中で商売を広げていく ヤマト運輸
  • ・社会課題を解決する金融モデルは、懐かしい過去に学ぶべき 吉澤保幸 場所文化フォーラム名誉理事

[Special Interview]

 芳井敬一(大和ハウス工業社長)

 創業のDNAに立ち戻り、オーナーの教えを伝承・実践

[NEWS REPORT]

◆史上最高益でも原価低減 豊田章男の「原点回帰」

◆成長戦略再考を迫られた富士通の苦境

◆市場規模はバブル前に逆戻り 規模より知恵を問われるビール商戦

◆7兆円M&Aを仕掛けた武田薬品の野望とリスク

[特集2]

 オフィス革命 仕事場を変える、働き方が変わる

ページ上部へ戻る